記事一覧

誰も責任を取ろうとしない安倍内閣

3月13日(火)
 昨日、財務省は文書の改ざんを認めました。前代未聞の事態です。
 個人が自分の失態を隠すために文書を改ざんするという話なら、ないことはないと思いますが、官庁の中の官庁と言われる財務省で、それが組織的に行われていたというのですから、日本の政治の根幹を揺さぶる事件です。
 役人が文書を作るというのは仕事の一部です。行政が適正に執行されているかどうかを客観的に調査することができるのも、文書が適切に保存されていればこそ可能となります。
 しかし、今回のような改ざんが罷り通ったら、検証のしようがありません。万が一、森友学園の文書改ざんが発覚しなかったら、国有財産が、政治家の介入によって不当に値引きされたということは、歴史上なかったことになってしまいます。
 財務省がやったことは歴史に対する背任でもあります。
 どうしてこんなことをしてしまったのか。考えられる原因は一つしかありません。言うまでもなく内閣総理大臣夫人が関与していた学校だから、特別の配慮をしたという理由しか考えられません。
 昨日、麻生大臣は「佐川がやった」を連発しました。一昨日は適材適所の人事で、佐川を国税庁長官にした人事は間違っていなかったといっていた人間が、一転して、今度は佐川が文書改ざんの全ての責任を負っている、と平気で開き直るのですから、その鉄面皮ぶりに呆れてしまいます。
 安倍内閣はトカゲの尻尾きりで、すべてを財務省のせいにして幕引きを図ろうとしていますが、そんなわけにはいきません。昨日も、今日も首相官邸前にはたくさんの市民がつめかけ、安倍内閣は退陣せよと訴えています。
 民主主義の根幹に疑問符をつけておいて、内閣の誰も責任を取らないとしたら政治は成り立ちません。政治家の重要な仕事の一つは間違えたら責任をとるということです。それもできないようだったら、直ちに全員辞任するしかありません。

ご意見・ご感想は zxe04624@nifty.ne.jp まで