記事一覧

選挙に勝てば国会はいらないという安倍自民党の横暴

11月15日(火)
 「今日の一言」大変遅れてしまい申し訳ありませんでした。なんだかんだ忙しくてなかなか書く時間がありませんでした。
 この間、安倍総理はトランプ大統領と会ったり、ASEAN首脳会談に出かけたりと、国会には開会式に顔を出した以外、出てきませんでした。
 安倍総理の国会嫌いを反映してか、自民党はついに質問時間までいちゃもんをつけてきました。国会での議論を一度でも見たことがある方は、与党の質問がいかにつまらないものかよくご存じのはずです。
 与党は国会で議論する前に、与党内部で法案審査をしており、修正する点があれば、そこで済んでしまっています。したがって、国会の本会議や委員会の質問は、政府側の意図を聞くだけで、質問というにはほど遠いものです。
 それにもかかわらず、自民党は質問時間を与野党5割ずつにしようと強行に主張しています。自民党が野党時代に野党の質問時間が少なすぎると言い張り、最終的に野党8、与党2で決着した経緯があります。
 そうした過去をすっかり無視して、最初は与党8、野党2というとんでもない提案をしてきました。つまり、国会の形骸化をさらに進めて、国会の無力化を図ろうとしているとしか思えません。
 当初は森友・加計問題を追及されたくないという思惑から出た話でしょうが、どうせなら面倒くさい野党質問はこの際、極力減らそうということになったのでしょう。
 数の力は恐ろしいものです。数の力だけでいけば、こんなバカげた提案が通ってしまう恐れすらあります。
 予算委員会などいつも時間切れで追及が中途半端になることがありましたが、これからは、時間が短すぎて追及そのものがなくなってしまう可能性すらあります。
 もちろん、マスコミはこぞって反対をしていますが、そもそも議論にもならないようなことを論じなければいけないような酷い状況に国会はなってきました。