記事一覧

離党したい人は早く辞めなさい

9月12日(火)

 民進党を離党したいと思っている議員が数人いるようです。代表選挙で白票を投じて、誰が代表になっても支持しないというアピールをしたのであれば、直ぐに出ていくべきです。

 何を待っているのか、さっぱり意味が分かりません。もともとこれらの人が民進党に何故いたのかもはっきりしません。したがって、何で離党するのか、考えても意味がありません。

 昨日、細野議員が若狭議員や小池知事に会ったそうですが、目指すのは自民党に代わる野党ということのようです。 

 そもそも細野議員が民進党の代表代行を辞めたのは、自分が静岡県知事選に出ようとしたからです。

川勝氏が知事を辞め、その後釜を狙っていました。しかし、現職の川勝氏が続投を表明したため、梯子が外された格好になりました。

出馬声明をする前に、かっこよく代表代行を辞めたが、選挙に出るのもままならず、結局、離党を表明せざるを得なくなったというのが真相です。

 やることもなくなり、今回、都民ファーストのブームを当て込んで、新党を作ろうとあがいているだけです。そこには高邁な政治改革の意思も、今の政治状況を憂える思いも何もありません。まさに「自分党」を作りたいというだけというのが透けて見えます。

 前原代表も辞めたい議員から事情を聴くなど言う悠長なことをしていないで、はっきりと出ていきたいなら早く出て行ってくれと言うべきです。いても内部から足を引っ張ることしかできない人はいりません。

 後ろ向きの対応をしている時間はありません。下がり続けている支持率を上方に展開するべく、しっかりとした対抗軸を打ちだして、次の総選挙に備えるべきです。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで