記事一覧

金正男氏殺害、不可解な犯人の行動

2月16日(木)

 13日に北朝鮮の金正日総書記の長男の正男氏がクアラルンプールの空港で殺害されました。

 北朝鮮という国は国際的な非難にもかかわらず、核実験をしたりミサイルを発射したりと、これまでにも訳の分からないことを繰り返し実行してきましたので、暗殺をしたからと言って驚く訳ではありませんが、実の兄まで殺すとは思いませんでした。

 詳しいことは何も分かっていませんが、この殺害に金正恩朝鮮労働党委員長がかかわっていたことは間違いないでしょう。

 国民が餓死するほど困窮しているのに、平気で核開発をするような人間ですから、自分の地位を守るために兄を殺したとしても不思議ではありませんが、こんな人物を指導者にしている国民は不幸という以外にありません。

 こういうことをしていれば、世界の多くの独裁者と同様に、悲劇的な末路を迎えることになるに違いありません。

 それにしても不思議なのは殺しのプロであるはずの暗殺実行者がいとも簡単に逮捕されたことです。訓練を受けた工作員であれば、タクシーで逃亡したり、宿泊先のホテルで逮捕されるというようなドジを踏むでしょうか。

 殺しの手口も、もし言われているように、スプレーで目くらましをして、毒物をハンカチで口に押し当てたとすると疑問が残ります。

 オウムによるサリン事件を思い出しましたが、オウムの実行犯は犯行の後に、サリン中毒の症状が出てと言っていました。

 仮に、女性二人が毒物で殺害したとすれば、二人にも症状がでたはずですが、犯行直後のビデオ映像を見る限り、何の影響もないようでした。不可解です。

 ここ数日で真相が明らかになるでしょうが、なんとも不愉快な事件です。
 
 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで