記事一覧

こんな小学校はいらない

2月22日(水)

 大阪府の小学校設置を巡って、総理大臣と昭恵夫人の関与が指摘されています。

 まず、総理大臣に関しては、当初、この学校の名称を「安倍晋三記念小学校」とする案があったということです。そして、安倍晋三の名前を使って、寄付金を集めたことが報道されています。

 夫人は、この学校の「教育に対する熱き想いに感銘を受け」名誉校長になったと学校のパンフレットに掲載されています。

 問題の一点目は、昨日国会で取り上げられた通り、9億8千万円の価値があるとされた国有地を、実際には約200万円で売却したという問題です。

 なぜ、9億8千万円の価値があるものが、たった200万円で手に入れることが出来たのか。甘利大臣の不正疑惑の時も、その土地に廃棄物が埋まっている、その処理費用を巡って不正が発生しました。また、いま話題となっている豊洲の問題も東京ガスの工場跡地ということで、土地の汚染除去費用を巡って、ごたごたが起こっています。

 今回も小学校の土地ということですから安全性がきちっとしていることが前提ですが、ここでも、立地場所に廃棄物が埋まっており、その処理費用を大幅に上乗せして見積もりし、結果として土地を安く購入するという手口でした。

 財務省は少しでも高く売却し借金を返さなければならない立場です。隣接地を市に売却した時には、同じように廃棄物が埋まっていたのに処理費用は非常に少なく見積もっていたことが報道されています。

 したがって、普通に考えれば、実費よりも財務省が高く見積もるということはありえません。昭恵夫人と、総理大臣とこの学校の関係を財務省が考慮したとしか思えません。

 この点を指摘された安倍総理は「もしかかわっていたという事実があれば、私はすぐに総理大臣どころか国会議員を辞めます」と答弁しました。

 きちんと調査させますと答弁すればいいところを、まるで、「支持率が高い私が辞めたら困るだろう」と言わんばかり言いぶりに、総理の驕り高ぶりをみたのは私だけでしょうか。

 もう一つ、指摘しなければなりません。この学校の偏光した教育方針です。幼稚園で毎日、教育勅語を子供たちに暗唱させているのは、異常というしかありません。そうした教育方針を総理夫人が支持するのも異常です。

 この学校の理事長は日本会議の関西の有力メンバーだということです。日本会議は安倍総理も入っている右の団体です。この理事長はかつて、在日外国人を侮辱したことでもしられています。

 幼稚園児に在日の方がいた時に、保護者に向かって、「巧妙に韓国や中国人が潜り込んでいた」と罵る文書を載せていました。

 テレビのインタビューでも、平気で在日の方たちを「だって気持ち悪いでしょう」というような方が、本当に教育者として相応しいかどうか、少し考えれば分かります。そんな学校の名誉会長に、総理夫人がなっていいはずはありません。

 一番気の毒なのはこんな学校に入れられる子供たちです。そもそも小学校として認可するべきではありません。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで