記事一覧

政治を私物化している安倍総理は責任をとるべきだ

5月25日(木)

 加計学園を巡って文科省内部の文章が明らかになりましたが、菅官房長官などは、野党の質問に対して「怪文書みたいな文章に対して答えられない」との答弁を繰り返してきました。

 今日発売の週刊文春と今日の朝日新聞の朝刊に前の文科事務次官が「この文書をもとに事務方から説明された」と明言しました。

 つまり、怪文書とか、文科大臣が「該当する文書は確認できなかった」としてきた文書が正式な文書であったことが文科省トップの事務次官の話で明らかになった訳です。

 ここには「総理の意向」とか「官邸の最高レベルが言っている」とかいう文言が入っており、当の事務次官が、誰だって気にすると述べました。

前事務次官は、最初から加計学園が獣医学部を設置する前提で話が進められ、結果として「行政がゆがめられた」、「筋を通すべきだった」と反省の弁を述べています。

総理が総理の友達のためにわざわざ特区を指定し、実際に建築費を含めると100億円近い金が加計学園側に渡りました。まさに総理が「行政を私物化した」ことは否定のしようがありません。

総理は「自分がかかわっていたら責任を取る」と再三に渡って明言しています。

森友学園では昭恵夫人がかかわっていたことが既に明らかになっています。そして加計学園では総理のかかわりが明白です。

総理の言葉はもとより重いものです。総理が自分の言ったことに責任を持たなければ、政治は成り立ちません。

その総理も夫人も一切、疑惑に正式に答えることも無く、今日も二人で手をつないで海外旅行に行ってしまいました。トランプの言いなりになっている情けない首相の話しなど誰も聞くはずはありません。

マスコミはこの問題について「野党は攻勢を強めています」という風に報道していますが、事は総理が政治を私物化したということです。お友達を優遇するということは、普通の国民は蔑ろにされるということに他なりません。

国民はもっと怒らなければなりません。
 
ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで