記事一覧

子供だましの内閣府ポータルサイト

4月25日(火)

 今日は、北朝鮮軍発足85周年の記念日です。この機会に北朝鮮が核実験とか、新ミサイル実験など、新たな挑発行為をするのではないかと心配されますが、いまのところ、不穏なニュースは流されていません。

 北が挑発行為をして米国が、それに反発して武力行使をすれば、韓国だけではなく日本にも報復の攻撃がなされることが想像されます。

 国民の不安が高まって、内閣府が作った国民保護ポータルサイトにアクセスが殺到しているとのことです。

 どんなサイトなのか覗いてみました。いわく、屋外にいた時には速やかに頑丈な建物や地下街に逃げ込む、建物がない時には物陰に身を隠す、屋内にいた場合は窓から離れる。とかが、対策だというのです。

 本気で、こんな対策で防げると政府は考えているのでしょうか。相手はミサイルです。しかも核や化学兵器による攻撃も考えられます。それも10分以内に飛んでくるのです。この程度で防げるはずがないことは子供でも分かることです。
 
 北が攻撃してくるかもしれない、と不安を煽っておいて、対策がこれでは、お粗末を通り越しています。

 だから、防空壕を作るなど、もっと大規模な対策を打てと言っている訳ではありません。もし攻撃を受ければ、100万人単位で被害がでるということです。とても、防げるわけではありません。

 避難訓練を定期的に実施し、防空壕などの整備を進めている韓国でも、北が攻撃をしかけてくれば、あっという間に、最低でも100万人単位で被害がでるということです。

 つまり、戦争をするわけにはいかないということです。政府は、こんな何の役にも立たない対策サイトを作るのではなく、もっと真剣に危機を取り除くために、北を会談の場に引きずり出してこなければなりません。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで