記事一覧

防衛費を無制限に増やしていいのか

8月21日(月)

 今日から米韓共同軍事訓練が始まりました。

 北がグアム島周辺にミサイルを撃ち込むと脅しをかけたのに対し、世界が大きな懸念を示しました。さすがに今回ばかりは金正恩も自重したのか、暫くは様子を見ることにしたようでした。

 本当にミサイルを発射し、万が一ミスがあってグアム島に落下したら戦争になってしまいます。そうなれば、自分の首が危ないと、自分のことしか考えていない金正恩は恐れをなしたのでしょう。

 でも、軍事訓練が毎日続けば、また、北が挑発に出てくる恐れは十分にあります。こんなことを繰り返しているうちに、ほんのちょっとした双方の間違いから戦争が起こってしまう恐れは増し続けます。

 こうした緊張状態を脱するには、話し合うしかありません。日本は米国に追随するのではなく、米国に軍事行動をしないように要請するとともに、中国や韓国と連携して北を話し合いのテーブルにつける努力をこそしなければなりません。

 それにもかかわらず、このほど行われた日米2+2の会議で米側の要請に応えて、新たな盾を購入することを国会の審議も経ずに決めたようです。

 つい先日、日本近海で衝突事故を起こし、昨日もマラッカ海峡で衝突事故を起こしたイージス艦をもう一隻増やして5隻体制にするというのです。また、イージス艦に積まれている迎撃ミサイルを地上に設置することにも同意したようです。

 イージス艦は一隻1500億円、イージスアショアは800億円です。日本全土をカバーするには二基必要ということですから1600億円、これだけで3100億円の防衛費が上積みされてしまいます。

 すでに安倍首相になってから5年連続で防衛費は増え続け、17年度は5兆1251億円になっています。これに単純に3100億円を足せば、5兆4300億円にもなってしまいます。

 トランプ政権は今後さらに高い米国製兵器を日本に買わせる戦略です。米国に物を言えないままでは、防衛費は無制限に拡大していきます。

 3000億円あれば全ての奨学金が賄えるはずです。

 軍拡はさらなる軍拡を招くだけだということを、強く国民は主張しなければなりません。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで