記事一覧

立憲民主党、綱領についての議論が始まる

12月8日(金)
 今日で特別国会が終了しました。
 衆議院選挙の結果を受けての国会でしたが、与党の横暴ぶりばかりが目立ちました。国会は本来、少数意見をしっかりと聞く場であるはずなのに、こともあろうに与党の質問時間を議員数に応じて野党より多くしろと要求しました。
 安倍総理に森友・加計問題を追及させたくないという忖度が働いた結果でした。今回の予算委員会は短い時間でしたが、会計検査院が指摘したように、いかにこの問題が不適切に処理されてきたのかが、明らかになりました。来年の通常国会でも引き続きしっかりと追及していかなければいけないと思います。
 昨日は立憲民主党の綱領が議論されました。私が発言したのは4項の「国を守り国際社会の平和と繁栄に貢献する」という項目についてでした。
 原案では「日米同盟を健全に発展させ・・」となっていましたので、現在、トランプが主導する日米同盟を発展させるということは、日本の安全を損なう、また、今の日米同盟は集団的自衛権の行使を前提にしており、それは立憲の考え方と相いれない、さらに日米同盟によって日本は米国から武器の購入を迫られている、このまま防衛費を増やしていくことは、我々の考え方と反する、という意見を申し述べておきました。
 私は日米同盟そのものを見直すべきだと考えています。沖縄の辺野古移転についても党としての正式な考えを表明するべきだとも発言しました。新しい党ですから、過去の民進党や民主党の時の主張に、ことさら配慮する必要はないと思います。
 この綱領は、あくまでたたき台ですから、これから議論を経て修正されます。是非、皆さんも、日米同盟や外交方針について立憲民主党の党本部に意見を寄せて頂きたいと思います。
 昨日の会議では、党員・サポーターの呼称についても論議されました。党員という呼称は古すぎる、またサポーターも草の根でみんなが主役と言いながらサポートしれというのはおかしいなどの意見が出されました。何か、いいアイデアがあったら教えてください。