記事一覧

議論ができない日本の総理、安倍さん

6月23日(木)

 昨日から参議院選挙が始まりました。昨日は民進党候補の出陣式に行ってきました。

 千葉県は激戦区です。3人の定員のところに有力な5人が立候補しています。何としても野党で2人を当選させなければなりません。

 選挙を受けて党首討論が記者クラブやテレビで行われています。

 すでにネットでも話題になっていますが、報道ステーションにでた安倍総理は酷かったですね。他の人が喋っているのに平気で割り込む。自分の話は長々とするのに、他の人が意見を言っている時にはきちんと聞いていない。

 しかも、質問には全く答えず、質問と関係のない自分の主張だけを平気で繰り返す。これでは議論になりようがありません。

 安倍さんは国会でも質問にまともに答えません。安保法制の時も質問にまともに答えないから議論が全く深まることがありませんでした。安保の時には意図的に質問にまともに答えなかった面がありましたが、普通の質問にも答える能力がないことが一連の討論で明らかになったと私は思います。

 アベノミクスが上手くいっており有効求人倍率も上がっている。大企業も未曽有の高収益を上げている。国民が聞きたいのは、それなのにどうして実質賃金が下がっているのか、何より、うまくいっているのならどうして消費税増税を二度も先送りしなければならなかったのか。

 こうした疑問に対して安倍さんは全く答えようとしていません。いやむしろ答えられないと言った方が適当でしょう。

 全く口から出まかせというのはこのことを言うのではないでしょうか。したり顔に自分に都合のいい数字だけをあげつらって国民を騙す。

 アベノミクスを上げて三度目の選挙です。3年半うまくいかなかったものが、これから2年でうまくいくはずはありません。

 さらに許せないのは、アベノミクスという国民受けのいい?政策を掲げながら、その実、選挙に勝ってやりたいことは、全く別のことだということです。これまで二回の選挙でもアベノミクスを掲げながら選挙に勝った途端に、特定秘密保護法案を成立させたり、安保法制を強行採決してきました。

 今回も全く一緒です。勝てば必ず憲法改正を行ないます。それにもかかわらず、昨日の第一声でも憲法にはほとんど触れませんでした。

 こんな不誠実な嘘つきにこれ以上、政権を任せる訳にはいきません。野党が圧勝すれば安倍政権を退陣に追い込むことができます。そこに焦点を当てて頑張りましょう。

 今日は夕方6時から松戸駅で夕立ちをします。時間がある方、寄ってみてください。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

長妻昭代表代行との街頭演説会

ファイル 706-1.jpg

6月21日(火)

 本日、伊勢丹 松戸店前の一角をお借りしまして、小西ひろゆき参議院予定候補者の応援に長妻昭代表代行が来ました。

 大勢の皆様にお越しくださいましてありがとうございました。また会場周辺の皆様にはお騒がせしました。この場をお借りしまして、ご理解頂きましたことを御礼申し上げます。

長妻昭代表代行との街頭演説会と今月のフォーラムについて

6月17日(金)

※街頭演説会に場所に変更がありました。

 ●民進党 長妻昭 代表代行との街頭演説会
 
  日 時 6月21日(火)午後1時~(30分)

  場 所 伊勢丹 松戸店前 松戸駅西口徒歩2分


 ●今月の「市民フォーラム」

  日 時 6月19日(日)午後2時~4時
 
  場 所 ゆうまつど(松戸市女性センター)松戸市本町14-10

  参加費 無料

  ※駐車場はございません。お車の方は最寄りの
   コインパーキングをご利用ください。

  以下、フォーラムのレジメを記載いたします。皆様のご参加を
  お待ちしております。

  

1.沖縄女性斬殺事件 
  なぜ、日米地位協定の見直しが出来ないのか

2.伊勢志摩サミット 
  今時、サミットに意味があるのか
  サミットを消費増税見送りに利用した安倍総理
  消費税増税見送りの影響

3.オバマ大統領の広島訪問

4.衆参同日選挙を巡る自民党内の茶番劇
  麻生副総理、谷垣幹事長の反乱?

5.沖縄県議選 
  知事支持派の勝利

6.都民不在の舛添知事辞任騒動
  二代続けて政治と金で失脚、支持した自公の責任

7.参議院選挙、都知事選挙の行方  
  カギを握る一人区
  3分の2を得れば、確実に憲法改正に一直線

8.英国のEU離脱問題
  どうなる世界経済

舛添さんは本当に頭のいい人?

6月15日(水)

 舛添知事がやっと辞める決意をしたようです。

 舛添さん関連ではやたら「頭のいい人」というコメントがテレビで出されていました。本当に頭のいい人だったらとっくに辞めていたはずで、どうみても頭のいい人とはいえないと思います。 

 頭がいいのと勉強ができるのとを混同しているのではないでしょうか。勉強ができなくても頭のいい人はたくさんいます。もちろんその反対、勉強ができても頭が悪い人もたくさんいます。

 舛添さんはその典型でしょう。地方の高校から東大に入ったのですから勉強はできたのでしょうが、その後の立ち居振る舞いを見ていると、とても頭がいい人の行動と判断とは言えません。

 そんな人が知事だったのです。しかも2年も務まりました。これでは「誰がなっても同じ」という批判に反論ができません。

 選挙の時はみんな、いい公約を掲げますが、選挙が終われば誰もが公約を忘れてしまいます。あとは日常に流れてしまい、最終的には誰がやっても同じという結果になってしまいます。これでは政治が良くなるはずはありません。

 せいぜい、任期4年の間に一点か二点、他の知事ではできない、自分にしかできない政策を掲げ、その公約の実現に全力を注ぐ知事が表れて欲しいものです。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

今月の「市民フォーラム」のお知らせ

6月14日(火)

◆今月の「市民フォーラム」のお知らせ

 日 時 6月19日(日)午後2時

 場 所 ゆうまつど (松戸市女性センター)研修室

 住 所 松戸市本町14-10 電話047-364-8778

 会 費 無料

 ※松戸駅西口徒歩3分。駐車場はございませんので、お車でお越しの場合は周辺のコインパーキングに停めるようお願い申し上げます。

 ご参加を希望される方は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

岡田代表、松戸にて街頭演説

ファイル 702-1.jpgファイル 702-2.jpg

6月10日(金)

 一昨日、民進党の岡田克也代表が松戸にお越しになり、松戸駅東口デッキ上をお借りしまして、街頭演説会を行いました。

 民進党公認予定候補の小西洋之参議院議員のために、千葉県選出の長浜博之参議院議員、連合千葉の鈴木会長、松戸・市川市議会議員、また、お隣の13区の宮川総支部長を始め、近隣からも応援に駆けつけて頂きました。

 平日の3時という時間に関わりもせず、沢山の方にお越し頂きました。ありがとうございました。

 最後になりましたが、長時間に渡りこの場所をお借りしてお騒がせしたことにご理解頂きました近隣の商店、鉄道関係者の皆様に深く感謝を申し上げるとともに、周辺の警護に当たった警察関係者、お手伝い頂いた関係者の皆様方にこの場ではございますが、心より御礼申し上げます。

これ以上、舛添知事の言い訳を聞きたくない

6月8日(水)

 マスコミは連日、舛添知事の政治資金疑惑事件を報じています。正直、ニュースを見るに堪えません。

 いくら言い訳しても、辞めざるを得ないという判断すら出来ないのでしょうか。いくら時間がたっても都民、国民の理解が得られるはずがありません。

 それでも、知事の椅子にしがみ付くのは、よほど知事の地位が気持ちよかったのでしょう。SPと秘書に囲まれて、どこに行っても知事、知事とちやほやされる、そんな思いを一日も長く続けたいという執着心が、醜い居直りを続けさせているのでしょう。

 それにしても、です。猪瀬前知事の時も、さんざ醜い言い訳をした後で、結局、辞めざるを得ませんでした。今回も結果は同じになるでしょう。

 舛添知事を応援した自公の責任は大きいものがあります。今辞めると、次の知事選がオリンピックに重なるとか、次の知事候補がいないとか、全く自分たちの都合だけで、舛添知事の追及に及び腰になっている。これが自公の正体です。

 結局は、自公は自分たちのことしか考えていない。

 安倍政治の本質ともシンクロします。

 安倍総理は消費増税を見送る言い訳にサミットまで利用しました。「絶対に先送りはしない」と断言していたことを、平気で撤回する。

 本来なら謝って政治的責任をとって辞めるのが筋のところを、アベノミクスのロケットをさらに噴射させるとか、意味の分からないことをいって、居直ってしまいました。

 マイナス金利にまでして、お金を動かそうとしましたが、動きませんでした。金融政策では効果がないことが明らかになると、今度は財政出動です。赤字国債を発行しようが、税収増分を使おうが、借金がさらに膨らむことに変わりはありません。

 これで効果が出れば、まだしも、そんなことは微塵も期待できません。無責任というしかありません。それでも支持率が落ちないのは、国民の政治に対する期待がいかに無くなっているかの証拠です。

 民進党の責任も大きいと言わざるをえません。安倍政権は大企業に、民進党は国民に焦点を当てた政治を行なう、その違いを強調しなければなりません。

 そのためには国民が安心して生活を楽しめるように、持続可能な社会保障改革を行なう、その手順を示してこそ、民進党の支持率が上がってくると考えます。今日、岡田代表が松戸に来ますが、そんな話が聞けるのではないかと期待します。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで 

民進党 岡田克也 代表 松戸に来る。

6月5日(月)

 先日、岡田克也代表が松戸に来られることとなりました。

 そこで下記の日程にて、私どもの総支部が中心となり、街頭演説会を開催させて頂きます。平日の午後ではございますが、ぜひ、ご参加ください。

 また、当日、お手伝いして頂ける方は午後2時に現地に集合です。よろしくお願い申し上げます。


日 時 6月8日(水)午後3時より

場 所 松戸駅東口Wデッキ

弁 士 民進党 代表 岡田克也氏

    参議院議員 公認予定候補 小西洋之氏

    6区総支部所属議員  他

 ご参加・お手伝いをして下さる方は「zxe04624@nifty.ne.jp」までご連絡をお願い致します。

解散を巡るとんだ茶番劇

5月31日(火)

 昨日は同日選挙を巡ってニュースが飛び交いました。

 発端は麻生副総理が一昨日富山で行った演説です。「消費税増税を1年半先延ばしする、ということで我々は当選してきた。それを更に先送りするというのであれば、解散総選挙をしなければならない」こう麻生さんは言い切りました。これに稲田政調会長などが同調し、一時は同日選挙かとマスコミを賑わしました。

 しかし、今日になってみれば、自民党内にも「正論があるんだ」ということをアピールするための茶番劇だったことが分かりました。本気で解散を求めたのであれば、今日あれほど嬉しそうに総理の脇で麻生さんが笑えるはずがありません。全く、国民をバカにした話です。

 また、安倍総理は「今日の経済情勢はリーマンショック前に似ている」という発言を訂正しました。昨日になって、急に、そんな発言をサミットの場では言っていないと言い出しました。言ってはみたものの、あまりの評判の悪さに、今度は一転して否定する。どこまで国民をバカにすれば気が済むのでしょうか。

 ことほど左様に安倍政権が行っていることはまったくデタラメです。消費税増税をなぜ先延ばしするのか、どうして2年半が必要なのか、恐らく政治日程だけをにらんで決めたことで、経済的な根拠は全くなく、延期を決めたはずです。これほど重要な決断を自分の延命のために利用することは断じて許されません。

 これに対して野党は内閣不信任案を提出しました。当然のことです。でも解散には消極的で腰が引けていたと報じられています。

 野党は総理が解散するのを待つのではなく、総理の失政を厳しく批判して解散に追い込まなければいけません。そうした気概を示さないからいつまでたっても支持率が上がらないのだと私は思います。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

急にリーマンショック前夜を言い出す、安倍総理のデタラメな消費税増税先送り論。民進党は直ちに不信任案を

5月27日(金)

 安倍総理が消費税増税を延期することを決めたと報道されています。

 前回総選挙の時、リーマンショック級あるいは東日本大震災級の大震災が起こらない限り、予定通り2017年4月に消費税を8%から10%に引き上げると明言していました。

 消費増税が出来ないということは日本の景気が悪いということに他なりません。どうして悪いのか、原因はアベノミクスが失敗したからです。

 自分の経済運営が失敗して増税ができない、というのであれば、責任をとって辞任するのが筋です。

 ところが、昨日のサミットの場で、安倍さんはいきなり、いまの経済情勢はリーマンショック前の経済情勢に似ていると言い出しました。

 昨日まで日本の経済は順調に推移していると言っていたのに、急にリーマンショック前とは一体どういうことでしょう。

 リーマンショックとは米国のサブプライムローンの破たんに端を発した世界的経済ショックで、日本はいまでもこのショックに苦しんでいる世界的な経済危機でした。

 いまサブプライムローンのような金融危機が起こっている訳ではもちろんありません。また、これ以外にリーマンショックを生むような不安要因も見つかりません。

 それを安倍さんは都合のいい数字だけを寄せ集めて、リーマンショック前夜のようにサミットの席で言い募り、自分の経済運営の失敗を隠し、ありもしない危機を理由に消費増税を先送りしようとしているのですから、とんでもない恥知らずです。

 アベノミクスによって日本経済は極めてゆがんだ形になってしまいました。異次元の金融緩和と称して、日銀が円を大量に刷り増し、インフレを助長し設備投資を増やそうとしましたが、肝心の個人消費が伸びないのでは、経済が成長するはずもありません。

 日本は今後、アベノミクスの後遺症に長いこと苦しむことになります。マイナス金利にまでしてばら撒いたお金を日銀は回収しなければなりません。失敗すれば、国債の暴落、金利の高騰につながりかねません。

 さらに消費増税を見送ることは財政再建をさらに遠のかせることにつながります。既に日本の借金は1000兆円を突破しています。この借金額が更に積み重なって、次世代に重い負担となります。

 こんな無責任な政治から脱却しようというのが、民主党と自民党・公明党との約束でしたが、それも何の言明もなく放棄されてしまいました。その責任は極めて大きなものがあります。

 民進党は躊躇することなく安倍内閣不信任案を提出するべきです。解散を恐れて不信任案を出せないようではますます国民の信頼を失ってしまいます。

 ご意見・ご感想は「zxe@nifty.ne.jp」まで