記事一覧

熊本地震募金、暖かい心に触れた1時間

ファイル 692-1.jpgファイル 692-2.jpg

4月20日(水)

 昨日は松戸駅東口で熊本大地震支援のお願い致しました。夕方の5時から6時までという僅か1時間でしたが、実にたくさんの方から募金を頂きました。

 恐らく100人以上の方から募金を頂きました。小さい子供が小さいお財布から小銭を入れてくれたり、「岩手でお世話になったから」と若い女性が5千円を入れてくれたり、「福島のお礼です」と若いサラリーマンが募金してくれたり、女子学生や中学生の男子など多様な方が協力をしてくれました。中には「一日も早く届けてくださいと」2万円もの浄財を寄付してくれる人もいました。

 たった一時間で7万2574円が集まりました。優しい心に触れて、募金に協力してくれたボランティアのスタッフの方達も思わず涙が出そうになったという話を聞きました。

 日曜日にも市川駅や本八幡駅、松戸駅西口などで短時間でしたが募金を行ないました。その時は1万4174円が集まりました。

 世の中ぎすぎすしている、冷たくなったと言われますが、捨てたものではないとつくづく感じました。

 熊本、大分の皆様も、辛い思いをしているでしょうが、全国のみんなが心配しています。その心を励みに、頑張ってください。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

熊本大地震、義援金活動

ファイル 691-1.jpgファイル 691-2.jpg

4月17日(日)

 この度の地震で被害にあわれた方にお見舞い申し上げるとともに、お亡くなりになった方、そのご家族の皆様に謹んでお悔やみ申し上げます。

 本日は、JR市川駅、松戸駅西口、伊勢丹前で「熊本大地震への義援金」をご通行の方へお願いして参りました。

 雨風が激しい中、沢山の温かいご支援を頂きました。この場をお借りしまして御礼申し上げます。本日以降も引き続き、義援金をお願いして参ります。

九州で群発大地震発生

4月16日(土)

 九州で地震が相次いで起こっています。熊本県だけかと思っていたら大分にも拡大し、余震も収まる気配がありません。

 昨日、震度7という巨大地震がありましたから、それ以上の地震は来ないだろうと思っていましたが、今日の未明にさらに大きな本震が襲うという異例の展開になっています。        今日になっても震度6の大きな地震が何回も起こっており、群発地震の様相を呈してきました。現地にいる方はさぞ怖い思いをしているのではないかと心配です。

 つい先日、東日本大震災から5年というブログを書きました。あの時は大地震と大津波と原発事故の三つが重なり大悲劇となりました。こちらも、原発事故はまだ続いており終息はしていません。

 その最中にまた、大きな地震が発生し、こちらも余震が次々と発生し、現時点では終息の気配が見えません。

 テレビでしか状況を知ることは出来ませんが、被災者が屋内に避難する場所が少なく屋外で過ごしている姿に、早く避難場所を確保することが何よりも必要だと思いました。被災者の方にお見舞い申し上げるとともに、明日、街宣をしながら、募金活動をしようと思っていますのでご協力をお願いします。

 余震と、地震発生の地域が更に拡大することが懸念されます。また、関係は分かりませんが阿蘇山が噴火したとの情報もありました。

 今日の新聞に出ていましたが、江戸時代にも東北で大地震が起こった数年後に熊本で大地震が起き、次いで10数年後に小田原で大地震が起こったことがある、という記事がありました。同じことが再び起こるかどうかはわかりませんが、関東地方住む我々も、もちろん他人ごとではありません。

 さらに九州は阿蘇山を初め、桜島や霧島など火山がたくさんあります。そこでどうしても気になるのが、九州にある原発です。

 川内原発再稼働の時に、もし火山が爆発したらどうするのかという、不安を多くの人が訴えました。その時、「原発が稼動中に火山が爆発する可能性は極めて低く、考慮する必要はない」ということで再稼働が強行されました。

 われわれ日本人は極めて不安定な地形の上に暮らしています。改めて原発を日本で稼働させることは無理だということが分かります。

 ご意見ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

朝の駅頭

4月13日(水)

昨日は早朝より常盤平駅頭におきまして街頭演説をいたしました。頑張れ、と多くの方に声を掛けて頂きました。

戦う桜井南相馬市長

ファイル 688-1.jpgファイル 688-2.jpgファイル 688-3.jpg

4月11日(月)

 昨日は松戸市民劇場に桜井勝延南相馬市長をお迎えして拡大市民フォーラムを開きました。日曜日の夜にもかかわらずたくさんの方にお越しいただきありがとうございました。

 発災以来5年間、南相馬市民の先頭に立って、まさに戦ってきた桜井市長だからこその発言に、参加者一同、大いに感銘を受けました。

 桜井市長によれば、それまで選挙になど行ったこともないと思われる人が、発災以来、もっとも熱心なクレーマーとなり、集会を開けば必ずやってきて、クレームをつけていくそうです。

 クレームをつければ、そのクレームがどう処理されたかに関心を持ちます。その結果、南相馬市民は市政に関心を持つようになり、いまや政治的に成熟した市民になったそうです。

 市長は徹底的に市民の立場にたって市政を推し進めてきたそうです。市民のためになると思えば、官庁との喧嘩も辞さずという話に迫力がありました。

 たとえば、低被ばくのごみをそのまま放置しておけば、復興の妨げとなる。環境省は反対しても、その低被ばくのごみを護岸工事の基礎部分に入れて処理してしまった。市長が桜井さんでなかったら、南相馬の今はどうなっていただろうという、思いを多くの参加者がもったはずです。

 南相馬市は原発から20キロから30キロしか離れていません。それにもかかわらず、当時、国も東電も正式に避難情報を桜井市長に対し、何も出さなかったという話にびっくりしました。

桜井市長は自分で判断して市民を避難させたそうですが、鈍い市長だったら多くの市民が被ばくしていたと思うと恐ろしい話です。

 ともかく原発は一度事故が起これば、そこに人が住めなくなってしまう。そんなものを再稼働させていいはずはない、という市長の発言は、いまも避難を続けている市民が大勢いる市の市長の発言だけに強い説得力があります。

 桜井市長の話を聞いて、再稼働反対の意思が更に固くなりました。

 桜井市長のエネルギーのもとは、毎朝のジョギングだそうです。出張する時にもジョギングシューズとランニングウェアは必ず持っていくそうです。私はできませんが、大いに見習うべきです。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

小西参議院議員との朝の駅頭

ファイル 687-1.jpgファイル 687-2.jpg

4月8日(金)

今朝は千葉県選挙区選出の小西洋之さんの松戸駅の該当の応援に
伺いました。千葉県議の安藤淳子さんを始め、市議会議員や市民の皆さまと一緒にチラシを配りました。
※二枚目の写真でチラシを配っているのが小西さんです。

朝の駅頭

ファイル 686-1.jpg

4月6日(水)

本日はJR北松戸駅にて朝のご挨拶をさせて頂きました。松戸市議の関根治朗さんが応援に来て頂きました。

朝の駅頭&拡大市民フォーラムのお知らせ

ファイル 685-1.jpg

4月5日(火)

花冷えの雨の中、松戸駅東口にて早朝より皆様のご挨拶させて頂きました。千葉県議の安藤淳子さん、松戸市議の関根治朗さんも応援に駆けつけてくださいました。

○拡大市民フォーラム 「東日本大震災、5年目の現実」

講 師 桜井勝延 氏(福島県南相馬市長)

日 時 4月6日(日)午後6時30分より

場 所 松戸市民劇場

会 費 無料

朝のご挨拶

ファイル 684-1.jpg

4月4日(月)

本日は早朝より雨が降りしきる中、JR市川駅北口におきまして皆様にご挨拶させて頂きました。市川市議の石原義規さんも応援に駆けつけてくださいました。

街頭演説

ファイル 683-1.jpgファイル 683-2.jpg

4月3日(日)

 本日は朝から夕方まで選挙区内の各所で街頭演説いたしました。民進党への期待と励ましの声を数多く寄せて頂きました。