記事一覧

情けない、「核兵器禁止条約」反対

10月28日(金)

 このところ、「今日の一言」の更新が遅れがちで申し訳ありません。

 毎日朝から晩まで、地元を回っていますので、なかなか時間が取れませんでした。

 今日は、幸い?午前中から雨でしたので、書くことが出来ます。

 地元を回っていて驚くのは、まだ多くの人が民進党に変わったということを知らないことです。あれだけ新聞やテレビで毎日報道されているのに、知らない人がいるなんて、と思う方がいるかもしれませんが、事実です。

 また、民進党に対する信頼が戻っているという状況には残念ながらなっていません。依然として「民進党はバラバラだ」という批判を受けます。「反対ばかりしている」という批判も、多くあります。

 もう民主党を結成してから20年もたつのですから、かつてのバラバラ感は大分払拭されているはずですが、一度染み付いた印象は中々抜けないようです。

 民進党は野党ですから、政策を提言しても実現させることはできません。マスコミの関心は民進党がまとまっていることより、バラバラの方が記事になりますから、どうしても反対をしている話題や、党内で批判的な意見ばかりを取り上げる傾向があります。それが、反対ばかりやバラバラ感につながっているのではないかと思います。

 このマイナスのイメージをなくさないと、民進党への信頼感が戻ってきませんし、民進党に対する期待も高まってきません。

 マスコミを変えることは出来ませんが、何とかしないと、どうにもなりません。

 ところで、今日、日本が国連に出された「核兵器禁止条約」に反対したというニュースが流されていました。唯一の被爆国なのに、米国の核の傘に守られているから、反対できないというのが理由だそうですが、全く情けない話です。

 来日しているフィリッピンのドゥテルテ大統領は「米国はフィリッピンを犬扱いにした」と怒りを露にしたと報道されています。だから尊厳を取り戻すために、米国に強く出ているそうです。 

 「一寸の虫にも五分の魂」という言葉があります。いろいろ言われていますが、ドゥテルテは、たいしたもんだと思います。日本のように米国の言いなりになっていて、大国だと思い込んでいるのは、傍から見ていれば滑稽そのものです。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

解散は間近か?

10月19日(水)

 衆議院の解散総選挙があるのかどうか、連日、マスコミを賑わしています。私は年明けに選挙があると思っています。

 その理由は第一に自民党の大会が一月から三月に延ばされたこと。第二に5月には衆議院の選挙区の見直しが行われること、第三には7月に東京都議選が行われることが挙げられます。

 党大会を延期したのは安倍さんの総裁任期を延長することに関連しています。選挙に勝って後3年総裁として君臨したいという気持ちが安倍さんに強いということです。

 5月に選挙区の見直しが行われると告知に半年間を要します。したがって、この機会を逃すと、選挙は年内できないことになります。

 7月の都議選は公明党が最も重視している選挙です。最低5か月は選挙の準備期間が欲しいというのが公明党の意思です。そう考えるとやはり時期は1月か二月しかありません。

 来年末になるとアベノミクスの破たんもより明確になりますから、選挙をするタイミングを失ってしまう可能性があります。

 それやこれやで来年の通常国会冒頭に解散する可能性がかなり高いと私は考えています。

 そこで、というわけではないのですが、毎日、地元周りをしています。

 一番大きな声は、民進党は政策がはっきりしないという批判です。

 例えば、原発の再稼働に賛成なのか反対なのか、沖縄の普天間基地を辺野古に移転することに賛成しているのか反対しているのか、また、憲法改正(特に9条改正)に賛成なのか反対なのか、これらの点について明確な方針が出ていないという不満が多く出されます。

 私個人の意見は何度もここで表明させて頂いているように、全て反対です。民進党としても、国民がもっとも関心を持つ、この三点についてしっかりと反対を打ちだすべきだと私は思います。

 民進党についていろいろ批判されますが、私は、「野党がしっかりしなければ政治は良くならない」と言うと、ほぼ全員、その通りと答えてくれます。

 今の一強多弱を良いと思っている人は極めて少数です。与野党が切磋琢磨することが国民にとって、最も良いということを強調することで、どうか民進党を支持してくださいとお願いしています。

 これに加え、社会保障と、経済対策で自民党との違いを明確に打ち出すことが出来れば支持が広がっていく余地は十分あると思います。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

米国の大統領選挙を笑えない日本の現状

10月12日(水)

 米国の大統領選挙の討論を見ていると、本当に米国もここまで落ちたかと思わざるを得ません。

 お互いがお互いを罵りあう、二人とも大統領の候補に選ばれた人のはずなのに、何とも情けない姿を晒しています。

 この二人から選べと言っても無理という人がかなりいるのではないでしょうか。誰かもっとましな候補がいるはずなのに、そうならないところが米国の大統領選挙のおかしなところです。

 米国のことを笑ってばかりはいられません。いま日本のテレビはどこのチャンネルをひねっても小池、小池で沸いています。

確かに、小池さんは豊洲移転の問題点を暴き出しました。しかし、着地点はまだ分かりません。下手をすると、結局、東京都のどこに問題があったのか分からないまま終ってしまう可能性もあります。

 それでも、毎日、小池さんのことを取り上げ、その注目の小池さんが補選の応援に駆け付ければ、そればかりをテレビは取り上げます。

そうなれば、残念ながら民進党の候補は埋没してしまい、結局、小池さんに反対をしていた自民党が勝利してしまうという、ばかげた結果になってしまいます。

 このテレビの不見識を何とかしないと、まっとうな選挙にはなりません。参議院選挙の時には舛添前都知事の問題ばかりが取り上げられ、投票率が下がり、自民党が勝利しました。

 こんなことを繰り返しているのでは、米国の大統領選挙を笑えません。

 政治のことを自分のこととして考える国民が増えなければ、政治はどんどん劣化してしまいます。そして政治の劣化の結果は未来の子供たちが全部背負わなければなりません。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

東京都に象徴される日本の劣化

10月1日(土)

 築地市場の豊洲移転を巡って、昨日、小池知事が調査の結果、誰が盛り土を地下空間に変えたのか、特定できなかったと発表しました。

 豊洲はもともと東京ガスの工場跡地で、移転の前から土壌汚染が問題になっていました。

 当初は土壌汚染があるから食品を扱う市場を移転するのは無理ではないかという反対意見が出ていましたが、他に適当な場所がないということで豊洲に決まった経緯がありました。
 
 したがって、豊洲移転は汚染土を除去し、その上に汚染されていない土を盛り土するというのが建設条件でした。

 そして、誰がもきちんと盛り土をされた上に建物が建設されたものと思ってきました。小池さんが知事になってから、あれよあれよという間に、実は盛り土はなされていなかったということが明らかになりました。

 そして冒頭の調査となった訳です。盛り土の予算もついています。地下を作るには設計を変えなければいけません。当然、何人もの人が、この事実を知っていたはずです。

 これだけ重要な変更を、歴代市場長は知らなかったと言い張っています。東京都の幹部も知らなかったと、きっと主張しているのでしょう。

 あまりの無責任さに開いた口が塞がりません。盛り土に充てられるはずのお金は一体どこに消えたのでしょうか。

 小池知事は、段階的に空気でそうなってしまったようだとコメントしていましたが、行政の決定が空気のように、知らぬ間に変わってしまったのでは、全く行政を信用できなくなってしまいます。

 同じように、オリンピックの費用も当初、7000億円程度と言われていたのが、精査すると3兆円以上かかりそうだという報告もなされました。

 「どうせ税金で自分のお金ではない」という考えを都庁の幹部全員が、持っていたとしか思えません。情けない話です。都民のお金を預かっているという認識が皆無だったと言わざるをえません。

 日本の官僚は優秀だと、ずっと言われてきました。それがいつのまにかこれほど劣化していたとは、暗澹たる思いです。

 かつては経済一流、政治二流と言われましたが、いまでは経済、政治、官僚併せて三流となってしまったようです。

 そんな時に「世界一をめざそうではありませんか」と国会で連呼する総理を、スタンディングオベーションで称える自民党議員が圧倒的多数を占めているのですから、嫌になります。

 何とかしないと、次世代の人たちの生活が成り立たなくなってしまいます。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

結成大会を開きました

ファイル 729-1.jpgファイル 729-2.jpg

9月26日(月)

 先週の土曜日24日に民進党千葉県第6区総支部の結成大会を開きました。100人近い人が出席をしてくれて、大変盛り上がりました。

 党人事に不安、不満を持つ党員もいることは確かですが、決まったことですから、この体制でなんとか頑張るしかないと思っております。

 週末のマスコミでは年末年始の解散総選挙が十分ありうることが報道されていました。ロシアのプーチン大統領を招き、北方領土問題に蹴りをつけ、それを論点にして解散し、勝利をもって総裁の任期を伸ばそうという戦略だそうです。

 多分、二島返還と平和条約締結を狙っているのでしょうが、二島返還でいいのなら、とっくの昔に話はついていたはずです。そこを安倍人気で何とか乗り切ろうとしているようです。

 私も色丹、国後両島に行ったことがありますが、すでにロシア人がたくさん住んでおり、すぐに返還と言っても大変難しいのではないか、と思いました。

 仮に返還が決まったとしても、しばらくの間は日ロ両国で共管という形にすることになるのではないかと思います。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

明日、民進党千葉県第6区総支部の結成大会を開きます

9月23日(金)

 今週は雨や曇りの日が多く、ほとんど日差しを見ることがありませんでした。早く秋の青空が見たいものです。

 さて、明日、民進党千葉県第6区総支部の結成大会を松戸市民会館301号室で午後2時から開催いたします。民進党が3月に結成され、先日は蓮舫新代表が選出されました。

これを受けて第6区総支部でも支部結成大会を開き、再び、政権交代に向けて一致団結して頑張ろうという主旨ですので、党員、サポーター以外の方も、お気軽に出席を頂き、民進党に対する𠮟咤激励を寄せて頂ければ幸いです。

ご出席される方は「zxe04624@nifty.ne.jp」にご連絡をお願い申し上げます。

新代表に相応しい人事を期待します

9月17日(土)

 15日に民進党の代表選挙が行われました。私も出席しましたが、候補者3人とも中々、聞きごたえがある代表選出馬の演説でした。10分間という短い時間でしたが、それぞれ自民党との違いと、民進党が目指すべき方向を述べ、説得力がありました。

 結果はご承知の通り、蓮舫さんが勝利し、民進党の初代代表になりました。

 代表選挙の前に蓮舫さんの二重国籍問題が発覚しました。台湾籍は抜いてあるという説明でしたが、実際には日本と台湾両方の国籍をもっていたことが明らかになり、すぐに台湾籍は抜く手続きをしたということです。

 国会議員は日本国籍を持っていればなれますので、その限りにおいては問題はないのですが、国籍の問題は必ず指摘する人がいるので、危機管理の面からきちっと事前に処理しておいてほしかったです。

 昨日は人事が発表されました。蓮舫さんは幹事長に野田さんを選びました。これにはやはり疑問符が付きます。

 経験から言っても、年齢から言っても野田さんは蓮舫さんの大先輩です。蓮舫さんは野田さんの派閥のメンバーです。したがって、野田さんが幹事長になると、蓮舫さんが代表としてきちっと判断できるかどうかが心配になります。

 あらゆる問題で野田さんに相談するということになると、実質、野田さんが代表ということになりはしないか、その面で、何か、蓮舫さんの女性力に期待してのですが、ちょっと水を差された感があります。
  
 来週には幹事長以外に人事が発表されます。

 これまで民主党は人事で躓いてきました。民進党には多種多様な人材がいます。それらの人を活かしてこそ、初めて自民党と対峙することができると思います。

 これまでのように、見慣れた顔ぶれの執行部を作れば、民進党に期待した人に、また絶望されてしまいます。なんとか新鮮な人事をと願ってやみません。

 自民党がここまで政権を維持しているのは人事が巧みだったからだと私は思っています。そこだけは自民党に学んでほしいと思います。

 それにしても蓮舫代表に対するマスコミの報道ぶりは酷いものでした。普通はなったばかりですから、褒めたり期待したりというのが相場ですが、批判ばかりで、これでは民進党の支持率が上がるはずがありません。

 巨大与党の暴走を止めるには健全な野党が必要です。それがマスコミは分かっていないのでしょうか。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

加藤紘一氏を悼む

9月13日(火)

 自民党の加藤紘一氏が亡くなりました。

 加藤先生とは中選挙区議連で一緒に活動をしました。加藤先生が会長で私が幹事長を務めていました。

 小選挙区制の問題点を指摘し、どんな選挙区制がいいかを考える会で、200人近い議員が会員になった最大の議員連盟でした。

 小選挙区制は一人しか議員が選ばれないので、過半数の得票を得なければならず、候補者同士の主張に差がなくなる。原発や憲法と言った主張が分かれる問題については、国民の間にも賛否があるため、過半数を欲しいがために、自分の意見をはっきり表明しない議員が多くなる。結果として主張を持った議員が育たない、現職が有利、二世がはびこるなど弊害が多い、というのが議連の主張でした。

 中選挙区の時代には複数の議員が選ばれるために、外交など票にはならなくても専門性を持った分野が得意の議員も当選することが出来た。結果として個性豊かな議員が生まれた。 

 ところが、今や過半数の票を得るために票集めの活動ばかりをしていてじっくりと勉強する議員が少なくなってしまった。これも小選挙区制の弊害として論じられました。

 小選挙区制を導入した最も大きな理由は政権交代が可能になるということでした。事実、小選挙区制を導入して政権交代が実現しました。

 しかし、現状を見ると、自民党一党支配が進み、このままでは小選挙区制の下でも自民党一党支配が一層進みそうな気配です。

 議連では、小選挙区制の長所より、短所の方が大きくなった、この際、選挙区制を見直して中選挙区制に戻す議論を始めるべきではないかというのが主張でした。

 当時、政権を持っていた民主党内には小選挙区を支持する声が大きく、残念ながら、選挙区制の見直しは達成できませんでしたが、加藤先生とは何回も会う機会があり、大変勉強になりました。

 特に、保守とは何かという話に、目から鱗の覚えがしました。すなわち、良質な保守とは地域社会を守っていく助け合いの伝統だという話でした。地域社会が弱体化したのが保守の後退を招き、自民党が弱くなってしまったと、当時、加藤先生は分析していました。

 また、加藤先生と高村正彦氏、海江田万里氏の4人で中国の建国記念日に訪中したことも忘れられません。この時は防衛庁長官の時に空母に戦闘機で着陸した時の怖さを、大会の中の豆粒のような点に超高速で突っ込んでいく恐怖をユーモラスに話してくれたことが印象に残っています。

 自民党にはたくさんの長老がいて大所高所からご意見番を務めていました。それが自民党の厚みと強みになっていました。残念ながら自民党にも民進党にも、加藤さんのような良識を持った長老が少なくなったことが、政治の厚みと信頼を無くしているような気がしてなりません。

ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで