記事一覧

新代表に相応しい人事を期待します

9月17日(土)

 15日に民進党の代表選挙が行われました。私も出席しましたが、候補者3人とも中々、聞きごたえがある代表選出馬の演説でした。10分間という短い時間でしたが、それぞれ自民党との違いと、民進党が目指すべき方向を述べ、説得力がありました。

 結果はご承知の通り、蓮舫さんが勝利し、民進党の初代代表になりました。

 代表選挙の前に蓮舫さんの二重国籍問題が発覚しました。台湾籍は抜いてあるという説明でしたが、実際には日本と台湾両方の国籍をもっていたことが明らかになり、すぐに台湾籍は抜く手続きをしたということです。

 国会議員は日本国籍を持っていればなれますので、その限りにおいては問題はないのですが、国籍の問題は必ず指摘する人がいるので、危機管理の面からきちっと事前に処理しておいてほしかったです。

 昨日は人事が発表されました。蓮舫さんは幹事長に野田さんを選びました。これにはやはり疑問符が付きます。

 経験から言っても、年齢から言っても野田さんは蓮舫さんの大先輩です。蓮舫さんは野田さんの派閥のメンバーです。したがって、野田さんが幹事長になると、蓮舫さんが代表としてきちっと判断できるかどうかが心配になります。

 あらゆる問題で野田さんに相談するということになると、実質、野田さんが代表ということになりはしないか、その面で、何か、蓮舫さんの女性力に期待してのですが、ちょっと水を差された感があります。
  
 来週には幹事長以外に人事が発表されます。

 これまで民主党は人事で躓いてきました。民進党には多種多様な人材がいます。それらの人を活かしてこそ、初めて自民党と対峙することができると思います。

 これまでのように、見慣れた顔ぶれの執行部を作れば、民進党に期待した人に、また絶望されてしまいます。なんとか新鮮な人事をと願ってやみません。

 自民党がここまで政権を維持しているのは人事が巧みだったからだと私は思っています。そこだけは自民党に学んでほしいと思います。

 それにしても蓮舫代表に対するマスコミの報道ぶりは酷いものでした。普通はなったばかりですから、褒めたり期待したりというのが相場ですが、批判ばかりで、これでは民進党の支持率が上がるはずがありません。

 巨大与党の暴走を止めるには健全な野党が必要です。それがマスコミは分かっていないのでしょうか。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

加藤紘一氏を悼む

9月13日(火)

 自民党の加藤紘一氏が亡くなりました。

 加藤先生とは中選挙区議連で一緒に活動をしました。加藤先生が会長で私が幹事長を務めていました。

 小選挙区制の問題点を指摘し、どんな選挙区制がいいかを考える会で、200人近い議員が会員になった最大の議員連盟でした。

 小選挙区制は一人しか議員が選ばれないので、過半数の得票を得なければならず、候補者同士の主張に差がなくなる。原発や憲法と言った主張が分かれる問題については、国民の間にも賛否があるため、過半数を欲しいがために、自分の意見をはっきり表明しない議員が多くなる。結果として主張を持った議員が育たない、現職が有利、二世がはびこるなど弊害が多い、というのが議連の主張でした。

 中選挙区の時代には複数の議員が選ばれるために、外交など票にはならなくても専門性を持った分野が得意の議員も当選することが出来た。結果として個性豊かな議員が生まれた。 

 ところが、今や過半数の票を得るために票集めの活動ばかりをしていてじっくりと勉強する議員が少なくなってしまった。これも小選挙区制の弊害として論じられました。

 小選挙区制を導入した最も大きな理由は政権交代が可能になるということでした。事実、小選挙区制を導入して政権交代が実現しました。

 しかし、現状を見ると、自民党一党支配が進み、このままでは小選挙区制の下でも自民党一党支配が一層進みそうな気配です。

 議連では、小選挙区制の長所より、短所の方が大きくなった、この際、選挙区制を見直して中選挙区制に戻す議論を始めるべきではないかというのが主張でした。

 当時、政権を持っていた民主党内には小選挙区を支持する声が大きく、残念ながら、選挙区制の見直しは達成できませんでしたが、加藤先生とは何回も会う機会があり、大変勉強になりました。

 特に、保守とは何かという話に、目から鱗の覚えがしました。すなわち、良質な保守とは地域社会を守っていく助け合いの伝統だという話でした。地域社会が弱体化したのが保守の後退を招き、自民党が弱くなってしまったと、当時、加藤先生は分析していました。

 また、加藤先生と高村正彦氏、海江田万里氏の4人で中国の建国記念日に訪中したことも忘れられません。この時は防衛庁長官の時に空母に戦闘機で着陸した時の怖さを、大会の中の豆粒のような点に超高速で突っ込んでいく恐怖をユーモラスに話してくれたことが印象に残っています。

 自民党にはたくさんの長老がいて大所高所からご意見番を務めていました。それが自民党の厚みと強みになっていました。残念ながら自民党にも民進党にも、加藤さんのような良識を持った長老が少なくなったことが、政治の厚みと信頼を無くしているような気がしてなりません。

ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

築地市場の移転は考え直すべきだ

9月12日(月)

 築地市場の豊洲への移転問題がこじれています。

 もともと土壌汚染が指摘されていた場所に移転するということで反対も多かったですが、汚染土を除去することで、決着した経緯がありました。

 築地市場は巨大マグロのセリなど、東京観光の目玉になってきました。築地市場に隣接するすし店や総菜売り場なども何度もテレビに取り上げられるなど、浅草と並んで人気スポットになってきました。

 築地は銀座からすぐで交通の便も良く、あの独特の雰囲気が豊洲に移ることによって失われてしまうのではないか、という懸念の声は前からありました。

 しかし、例によって例のごとく、まず建物を作るという既成事実を作り、後戻りはできないからと東京都は移転を予定通り強行しようとしていました。

 小池新知事が誕生して、事態が急変しました。最初は土壌汚染の4回目の調査結果を待ってから、市場をいつオープンするかを決定するということになっていました。

 ところが、ここにきて、汚染土壌を除去した後、きれいな土を埋めなおす計画になっていたのが、実際には土を入れず、そのまま建物の下が空洞になっていることが明らかになりました。

 建物は恐らくゼネコンが作っているはずです。地下が空洞になっていれば、多くの建設関係者が目撃しているはずです。それにも係らず、そのまま放置され、ここにきて急に真相が明らかになりました。関係者の無責任さに呆れます。

 東京都は食の安全性に問題ないとか、耐震性も大丈夫だとコメントしているようですが、そんな言葉が信用できるはずもありません。

 これでは、そもそも本当に汚染土を除去したのかどうかということにも疑問が湧いてきます。

 東京オリンピック会場までの道路を通すので築地を移さなければならないというのが、大きな移転理由でした。何でも錦の御旗を掲げれば、それに従うしかないというのがお役所仕事の典型です。

 それをそのまま地で行ったのが今回の出来事だったという気がします。誰がこんな決定をしたのかを徹底的に明らかにしなければなりません。また、誰も責任を取らないという体質を、改めさせなければなりません。

 それにしても、金の問題で辞めた猪瀬、舛添前知事はどこに目をつけていたのでしょうか。私は小池さんを支持していたわけではありませんが、このことだけでも舛添知事を辞めさせた意味はありました。

 いまの築地市場は耐震性に問題があるという指摘もあります。だが、あれだけの観光資源を壊してしまうのは、もったいない。

 今回のことを奇貨として、もう一度築地移転そのものを考え直した方がいいのではないでしょうか。あんなつまらないコンクリートの建物でセリをやっても、誰もわざわざ見に行かないと思うのですが。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

安倍さん、国内政治を放ぽって外遊三昧

9月2日(金)

 今年の台風は例年の通り道と違って東北や北海道を直撃するケースが増えています。今回の10号も東北と北海道に多大な被害を及ぼしました。

 そしてまた、新しい台風が、今度は九州地方を襲いそうです。台風に地震と日本列島は本当に自然災害に常に備えていなければいけない運命を背負っています。

 東北や北海道では今日も、行方不明者の捜索が行われています。普段、豪雨に慣れていなかった地域だけに、より被害が大きくなったようにも感じられます。

 さて、北海道のように台風が三つも襲って多大な被害が出ていれば、総理大臣がすぐに飛んで行って、対策を打つというのが普通です。

 ところが、皆さんもご承知の通り、このところほとんど安倍総理は日本にいません。つい先日帰ってきたと思ったら、今日はまたロシアに行くそうです。一週間帰ってきません。

 総理がいろいろな国に出かけて、日本の立場を表明するというのは大事なことです。だからそれを批判するつもりはありません。しかし、余りに国内政治を軽視し過ぎているのではないでしょうか。

 国内に問題が無いわけではありません。いやむしろ、アベノミクスの崩壊局面も近く、その対策をいまから打っておかなければいけない大事な時期だと私は認識していますが、そんな危機感は総理には全くないようです。

 また、もう一つ心配なことは、マスコミ報道によれば、総理は言った先々で経済援助の大盤振る舞いをしています。アフリカには民間と合わせて約3兆2千億円の援助をすると報じられました。

 軍事で貢献するより、経済で貢献することが大事だと私は思っていますから、これも一概に反対するものではありませんが、その援助はどこまでが国が負担する、すなわちどれだけの額が国民負担になるのかが、明らかではありません。

 もし、国費を援助に導入しているのであれば、きちっと国民に説明する必要があります。

 また、その内容についても、一部では軍事的な援助が含まれるとも報じられていますから、きちっと国民に説明する必要があります。

 外遊の費用もあれだけ頻繁であれば、そうとうな額になるはずです。マスコミは一度批判しだしたら止まりませんが、どこも触れなければ、横並びで、どこも報道しません。これでは権力のチェック機能は果たせません。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Office 2013各バージョンの価格•購入•認証•ダウンロードとアクティブ化

office 2013のダウンロードとインストール方法
数年前のxpの時代では、常用するオフィススイートは2003でした。
2014年xpの引退につれ、新システムにおいて、officeもoffice 2013にアップグレードされました。


今では、多くの家庭はpcを必要とし、自ら組み立てたり、メーカー品を購入したりしています。/、
nこのようなpcには、プレインストールのofficeなどの必須アプリケーションがなく、別途officeを購入しインストールしなければなりません。
当初のoffice 2013パッケージ版は、今では家庭版と企業版に分けられ、現在販売中のoffice 2013はパッケージ版がなく、オンライン注文、ダウンロード、メールでアクティベーションコードを受信することになっています。
(office 2013から、microsoft社は単独アカウントの複数用途を導入しました。アカウントでmicrosoft社のアプリケーション商品とバンドリングすれば、そのままアカウントにログインし商品をアクティブ化できます)
パッケージ版office 2013を購入する場合、DVDの代わりに、簡単なハンドブックとプロダクトキーの入っているカードしかありません。
公式サイトからofficeをダウンロードしておく必要があり、詳しいダウンロード方法に関して、ハンドブックのURLにアクセスし、プロダクトキーのカードに記載してある25文字のプロダクトキーを入力したら、それぞれ商品のダウンロードページにジャンプし、そしてmicrosoftアカウントにログインし、office 2013をアカウントとバンドリングします。
アカウントがなければ、このページから登録してください。このアカウントはmicrosoftその他商品にも使えるため、紛失のないように、アカウントとパスワードをよく保存してください。アカウントにログインしたらダウンロードとインストールに入ります。
通信速度が十分であれば、あまり時間かからずにダウンロードとインストールが完了し、ガイド画面を閉じれば、office 2013が使えるようになります。
office 2013は、word、excel、powerpointのパターンを多くプレインストールしており、word、excel、powerpointの初心者には、かなり使いやすいです。
http://ithome.blog.jp/

言っていいことと、悪いことをわきまえなくてはいけない

8月25日(木)

 来月、民進党の代表選挙が行われます。すでに蓮舫さんが立候補を表明していますが、今日、前原さんも立候補を表明しました。

 民進党の代表選に立候補するには20人の国会議員の推薦が必要です。この20人が中々集められず、出たい人も出られないという状況が続いています。

 この二人以外にも代表選にでたいと言っている人が少なくとも3人います。しかし、推薦人が集まらないというのが現実です。

 私は代表選を活性化させるためにも推薦人の数を10人ぐらいまで下げればいいと思うのですが、どうでしょうか。

 さて、事前の予想では蓮舫さんの圧勝と見なされていましたが、岡田代表に対するコメントで流れが変わりそうです。蓮舫さんは岡田さんに対して「大好きだが、つまらない男」と言ったそうです。

 蓮舫さんは岡田代表に代表代行に任命されていました。いわば、岡田さんに恩義があるわけです。それなのに、つまらない男とは、これはまずいですよね。

 つまらない男、すなわち魅力のない男を民進党は代表に据えていたということになりかねません。

 「みなさん〈マスコミ〉から見ると、つまらない男に見えるかもしれませんが、付き合えば付き合うほど味がある人です」ぐらい言っておけばよかったのに、まさに「口は災いの元」です。

 せっかく、女性の時代のホープとして期待していたのですが、最初から躓いてしまった感があります。

 これから先、本格的に代表選の論戦が始まります。この失態をどう挽回していくか、注意深く見守っていきたいと思います。

ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

安倍さんに乗っ取られた閉会式

8月22日(月)

 今日、リオオリンピックが終わりました。

 日本人選手の頑張りには拍手を送りたいと思います。

 ところで、何気なく、閉会式を見ていたら、なんと安倍総理が会場のど真ん中に登場しました。リオデジャネイロから東京へオリンピック旗が渡され、2020年のオリンピックは東京で開催されることが宣言された直後です。

 そこに何故か、日本の首相が登場。開催は東京都であり、日本国ではないはずです。それでも安倍さんが得意顔で登場。一体、何を考えているのでしょう。

 恐らく、東京オリンピックの時も自分は首相でいるというアピールを国内向けにしたかったのでしょうが、余りにもやりすぎです。安倍さんは国民から選ばれた大統領ではありません。

 選挙で勝った与党の代表に過ぎません。何か誤解しているとしか思えません。

 リオにも貧しい人はたくさんいます。私も小さい山々に点在しているスラム街を見ました。恐らくそこの住民はオリンピックなど無縁で苦労して今日も、生活しているはずです。

 日本でも6人に一人の子供が貧困に喘いでいます。その国の首相が、国内の経済、政治問題に熱意を見せず、ひたすら海外にばかり行っている。こんなことでいいのでしょうか。

 それでも安倍さんの支持率はほとんど50%だというのですから、私には理解できません。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

トランプを笑えない、上から目線の米国副大統領

8月18日(木)

 米国副大統領が日本の憲法は我々が書いたという発言をしました。

 確かに原案は占領軍たる米国が書いたことは事実ですが、初期の段階から日本側もきちっと関与していたことも知られています。

 そして何より、作ったのは米国だとしてもそれを70年以上もきちっと守り、今や世界に平和憲法として知られるようになった憲法を育て上げたのは日本です。

 9条の精神、国際紛争は武力では解決できないというのは、何よりも事実が証明しています。武力を行使して犠牲者がでれば、必ず恨みが残り、それが新たな暴力を生みます。武力は即効性はあるかもしれませんが、持続性はありません。

 紛争の原因となる貧困や差別などを取り除かない限り、紛争はなくなりません。だから米国は戦後もずっと武力行使をし続けてきたのに、いまだに世界には平和が訪れるどころか、不安定さばかりが増してしまっています。

 副大統領は作ったというのならば、その精神をきちっと学ばなければいけません。

 それにしても米国の副大統領でも、いやだからこそかも知れませんが、日本は憲法まで米国に作って貰っているのだから、自分たちの“属国”だと意識しているのだと思うと、嫌になります。

 だから憲法を自分たちで作るべきだと言っているわけではありません。その逆で、自分たちが育てた日本国憲法を世界に広めようと、胸を張って言うべきだと思います。

 同じ日に、安倍総理はオバマ大統領の「核の先制不使用」発言に反対姿勢を表明したということが報じられました。このことは逆に言えば、核で先制攻撃をしてもいいということを言っていることに他なりません。

 核兵器を使用したらどんな悲惨なことが起こるのか、唯一の被爆国である日本はずっと国際社会に訴え続けなければならないことです。

 日本の総理が訴えるべきは、先制使用を認めるのではなく、核の先制使用を全面禁止させることです。

 さらにもう一つ、安保法制反対運動をリードした「シールズ」が解散したという報道がありました。政治に関心がないと言われた学生が立ち上がってくれた意味は非常に大きいものがありました。

 目立てばいろいろな嫌がらせがあることは想像に難くありません。それを乗り越えて活動を続けたことに敬意を表したいと思います。

 シールズを作った人たちに活動を続けてくれというのは無理かもしれませんが、是非、若い人たちに、この運動を継承してほしいと願うのは私一人ではないと思います。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

オリンピックウィーク

8月16日(火)

 今年のお盆休みはオリンピックと重なり、一日中、テレビでオリンピック観戦という方も多かったのではないでしょうか。

 かくいう私も、ついつい明け方までオリンピックを見てしまい寝不足の日が続いています。

 もともとスポーツは好きで、テレビでもスポーツ番組をよく見る方です。オリンピックは普段なじみのない競技も多く、楽しみが一層増します。

 なぜ、スポーツに惹かれるのかと言えば、それは選手の一生懸命さにつきます。特にオリンピックは4年に一度しか開かれません。

 この日のためにひたすら努力をしてきた選手を見れるだけで幸せです。特にメダルを取った選手の人間離れした肉体と、不屈の精神に日頃の精進のほどが偲ばれ、思わず涙腺が緩んでしまうこともたびたびでした。

 もちろんオリンピックにはたくさんの問題点があります。今回もロシアのドーピング問題などスポーツを国威発揚に使おうという政治家が常にいることも確かです。

 それでも人間の限界に挑みそれをついに超えてしまう選手がいることは事実です。それを見れば人間は誰でも感動します。

 また、スポーツですから勝者もいれば敗者もいます。敗者の表情も多くのことを物語っているように感じて仕方ありません。敗者がいなければ競技は成り立ちません。
 
 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

女性政治家の時代

8月10日(水)

 今日も猛暑で、まさに夏、真っ盛りです。もうすぐお盆ですから、夏休みを取っている方も多いのではないかと思います。ゆっくり英気を養って下さい。

 自民党では内閣改造も終わり、安倍さんは二度目の夏休みに入ったそうです。

 一方、民進党は9月の代表選挙に向け、走り出しています。

 蓮舫さんが立候補を表明しました。東京都にも知事も女性知事が誕生しました。アメリカ大統領選挙もヒラリー氏が民主党の候補に決定しました。

 アジアではお隣の韓国では朴槿恵さんが大統領になっていますし、フィリッピン、インドネシアでも女性大統領が既に誕生しています。タイでも女性首相が生まれていますし、ミャンマーでも首相にこそなっていませんが、スーチーさんが実権を握るに至っています。インドでは随分昔に女性首相が誕生しています。

 その面では日本は随分遅れていました。民進党はやっとこの流れに乗ることが出来ます。

 ここまで書いていた時、ちょうど、蓮舫さんから電話がありました。なんというタイミングでしょう。「直接、立候補したということを伝えたかった」ということでした。

 「いまブログに女性政治家の活動について書いていたところです。周りを余り気にせず、日本の政治体質を変えてください」「地元を回っていると、まだ民進党に対する信頼が十分には戻っていません。信頼を取り戻すべく頑張ってください」とエールを送りました。

 政治家が嫌われているのは、なんとなく胡散臭いとか、お金に汚いとか、信用できないとかが、もっとも大きな理由のようです。その点、女性は、男性政治家の弱点を補ってあまりがあります。

 民主党、民進党を通じて初めての女性代表に蓮舫さんがなる可能性が高いと思います。新しい政治を新しい代表で作っていくよう、私も頑張ります。
 
 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで