記事一覧

岡田代表、松戸にて街頭演説

ファイル 702-1.jpgファイル 702-2.jpg

6月10日(金)

 一昨日、民進党の岡田克也代表が松戸にお越しになり、松戸駅東口デッキ上をお借りしまして、街頭演説会を行いました。

 民進党公認予定候補の小西洋之参議院議員のために、千葉県選出の長浜博之参議院議員、連合千葉の鈴木会長、松戸・市川市議会議員、また、お隣の13区の宮川総支部長を始め、近隣からも応援に駆けつけて頂きました。

 平日の3時という時間に関わりもせず、沢山の方にお越し頂きました。ありがとうございました。

 最後になりましたが、長時間に渡りこの場所をお借りしてお騒がせしたことにご理解頂きました近隣の商店、鉄道関係者の皆様に深く感謝を申し上げるとともに、周辺の警護に当たった警察関係者、お手伝い頂いた関係者の皆様方にこの場ではございますが、心より御礼申し上げます。

これ以上、舛添知事の言い訳を聞きたくない

6月8日(水)

 マスコミは連日、舛添知事の政治資金疑惑事件を報じています。正直、ニュースを見るに堪えません。

 いくら言い訳しても、辞めざるを得ないという判断すら出来ないのでしょうか。いくら時間がたっても都民、国民の理解が得られるはずがありません。

 それでも、知事の椅子にしがみ付くのは、よほど知事の地位が気持ちよかったのでしょう。SPと秘書に囲まれて、どこに行っても知事、知事とちやほやされる、そんな思いを一日も長く続けたいという執着心が、醜い居直りを続けさせているのでしょう。

 それにしても、です。猪瀬前知事の時も、さんざ醜い言い訳をした後で、結局、辞めざるを得ませんでした。今回も結果は同じになるでしょう。

 舛添知事を応援した自公の責任は大きいものがあります。今辞めると、次の知事選がオリンピックに重なるとか、次の知事候補がいないとか、全く自分たちの都合だけで、舛添知事の追及に及び腰になっている。これが自公の正体です。

 結局は、自公は自分たちのことしか考えていない。

 安倍政治の本質ともシンクロします。

 安倍総理は消費増税を見送る言い訳にサミットまで利用しました。「絶対に先送りはしない」と断言していたことを、平気で撤回する。

 本来なら謝って政治的責任をとって辞めるのが筋のところを、アベノミクスのロケットをさらに噴射させるとか、意味の分からないことをいって、居直ってしまいました。

 マイナス金利にまでして、お金を動かそうとしましたが、動きませんでした。金融政策では効果がないことが明らかになると、今度は財政出動です。赤字国債を発行しようが、税収増分を使おうが、借金がさらに膨らむことに変わりはありません。

 これで効果が出れば、まだしも、そんなことは微塵も期待できません。無責任というしかありません。それでも支持率が落ちないのは、国民の政治に対する期待がいかに無くなっているかの証拠です。

 民進党の責任も大きいと言わざるをえません。安倍政権は大企業に、民進党は国民に焦点を当てた政治を行なう、その違いを強調しなければなりません。

 そのためには国民が安心して生活を楽しめるように、持続可能な社会保障改革を行なう、その手順を示してこそ、民進党の支持率が上がってくると考えます。今日、岡田代表が松戸に来ますが、そんな話が聞けるのではないかと期待します。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで 

民進党 岡田克也 代表 松戸に来る。

6月5日(月)

 先日、岡田克也代表が松戸に来られることとなりました。

 そこで下記の日程にて、私どもの総支部が中心となり、街頭演説会を開催させて頂きます。平日の午後ではございますが、ぜひ、ご参加ください。

 また、当日、お手伝いして頂ける方は午後2時に現地に集合です。よろしくお願い申し上げます。


日 時 6月8日(水)午後3時より

場 所 松戸駅東口Wデッキ

弁 士 民進党 代表 岡田克也氏

    参議院議員 公認予定候補 小西洋之氏

    6区総支部所属議員  他

 ご参加・お手伝いをして下さる方は「zxe04624@nifty.ne.jp」までご連絡をお願い致します。

解散を巡るとんだ茶番劇

5月31日(火)

 昨日は同日選挙を巡ってニュースが飛び交いました。

 発端は麻生副総理が一昨日富山で行った演説です。「消費税増税を1年半先延ばしする、ということで我々は当選してきた。それを更に先送りするというのであれば、解散総選挙をしなければならない」こう麻生さんは言い切りました。これに稲田政調会長などが同調し、一時は同日選挙かとマスコミを賑わしました。

 しかし、今日になってみれば、自民党内にも「正論があるんだ」ということをアピールするための茶番劇だったことが分かりました。本気で解散を求めたのであれば、今日あれほど嬉しそうに総理の脇で麻生さんが笑えるはずがありません。全く、国民をバカにした話です。

 また、安倍総理は「今日の経済情勢はリーマンショック前に似ている」という発言を訂正しました。昨日になって、急に、そんな発言をサミットの場では言っていないと言い出しました。言ってはみたものの、あまりの評判の悪さに、今度は一転して否定する。どこまで国民をバカにすれば気が済むのでしょうか。

 ことほど左様に安倍政権が行っていることはまったくデタラメです。消費税増税をなぜ先延ばしするのか、どうして2年半が必要なのか、恐らく政治日程だけをにらんで決めたことで、経済的な根拠は全くなく、延期を決めたはずです。これほど重要な決断を自分の延命のために利用することは断じて許されません。

 これに対して野党は内閣不信任案を提出しました。当然のことです。でも解散には消極的で腰が引けていたと報じられています。

 野党は総理が解散するのを待つのではなく、総理の失政を厳しく批判して解散に追い込まなければいけません。そうした気概を示さないからいつまでたっても支持率が上がらないのだと私は思います。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

急にリーマンショック前夜を言い出す、安倍総理のデタラメな消費税増税先送り論。民進党は直ちに不信任案を

5月27日(金)

 安倍総理が消費税増税を延期することを決めたと報道されています。

 前回総選挙の時、リーマンショック級あるいは東日本大震災級の大震災が起こらない限り、予定通り2017年4月に消費税を8%から10%に引き上げると明言していました。

 消費増税が出来ないということは日本の景気が悪いということに他なりません。どうして悪いのか、原因はアベノミクスが失敗したからです。

 自分の経済運営が失敗して増税ができない、というのであれば、責任をとって辞任するのが筋です。

 ところが、昨日のサミットの場で、安倍さんはいきなり、いまの経済情勢はリーマンショック前の経済情勢に似ていると言い出しました。

 昨日まで日本の経済は順調に推移していると言っていたのに、急にリーマンショック前とは一体どういうことでしょう。

 リーマンショックとは米国のサブプライムローンの破たんに端を発した世界的経済ショックで、日本はいまでもこのショックに苦しんでいる世界的な経済危機でした。

 いまサブプライムローンのような金融危機が起こっている訳ではもちろんありません。また、これ以外にリーマンショックを生むような不安要因も見つかりません。

 それを安倍さんは都合のいい数字だけを寄せ集めて、リーマンショック前夜のようにサミットの席で言い募り、自分の経済運営の失敗を隠し、ありもしない危機を理由に消費増税を先送りしようとしているのですから、とんでもない恥知らずです。

 アベノミクスによって日本経済は極めてゆがんだ形になってしまいました。異次元の金融緩和と称して、日銀が円を大量に刷り増し、インフレを助長し設備投資を増やそうとしましたが、肝心の個人消費が伸びないのでは、経済が成長するはずもありません。

 日本は今後、アベノミクスの後遺症に長いこと苦しむことになります。マイナス金利にまでしてばら撒いたお金を日銀は回収しなければなりません。失敗すれば、国債の暴落、金利の高騰につながりかねません。

 さらに消費増税を見送ることは財政再建をさらに遠のかせることにつながります。既に日本の借金は1000兆円を突破しています。この借金額が更に積み重なって、次世代に重い負担となります。

 こんな無責任な政治から脱却しようというのが、民主党と自民党・公明党との約束でしたが、それも何の言明もなく放棄されてしまいました。その責任は極めて大きなものがあります。

 民進党は躊躇することなく安倍内閣不信任案を提出するべきです。解散を恐れて不信任案を出せないようではますます国民の信頼を失ってしまいます。

 ご意見・ご感想は「zxe@nifty.ne.jp」まで

沖縄の惨殺事件、全国で抗議の声を上げよう

5月22日(日)

 今日は常盤平市民センターで毎月恒例の「市民フォーラム」を開きます。たくさんチラシをまきましたので何人の方が来てくれるか楽しみです。

 沖縄でまた悲惨な事件が起きました。繰り返し、女性や子供が犠牲になる。その度に政府は米軍に抗議し、米軍も再発防止に力を入れると表明する。
 
 しかし、実態はなにも変わらず、また事件が繰り返される。こんなことが続いているのも、残念ながら多くの本土に暮らす人が、沖縄のことを他人ごとと考えているからに他なりません。

 自分の土地に置き換えてみれば、沖縄の人たちの怒り、憤り、恐怖が分かると思います。

 根本的な解決は沖縄から米軍基地がなくなることです。米軍基地の74%もが沖縄に集中している、こんな現実を放置し続けてきた責任は本土に住む我々一人一人にあります。

 日米地位協定のことも話題になっていました。基地の中は基本的に治外法権です。また、公務中という理由をつければ日本側は米軍人を逮捕できませんし、裁判権も米側にあります。

 沖縄の大学に米軍ヘリが墜落した時、日本側は立ち入ることすらできませんでした。あの時、沖縄はまだ占領状態が続いているとつくづく思ったものです。

 こんな理不尽を日本政府は何十年も放置し続けてきました。そしていま、新たな基地を辺野古に作ることを強いようとしています。

 沖縄の人たちの一部が、こんな事態を打開するためには「独立」を、考えています。独立すれば米国と一対一で交渉ができます。

 日本政府に任せていたのでは解決できない、それで犠牲になるのは沖縄の人たちだけという事態を放置しておくわけにはいきません。唯一の解決方法は、独立しかないという考えに至ってもなんの不思議もありません。それほど事態は深刻です。

 本土に住む人たちも自分の問題として声を上げなければなりません。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

市民フォーラムのご案内

5月20日(金)市民フォーラムのご案内

 今月の市民フォーラムのお知らせを致します。今回のフォーラムのレジメを載せますので、ご興味のある方はぜひ、足をお運びください。

 日 時 5月22日(日)午後2時~4時

 場 所 常盤平市民センター
     住所 松戸市常盤平3-30

 新京成線「常盤平駅南口」より徒歩10分、または同駅発、新京成バス「牧の原団地行き」常盤平支所前にて下車、徒歩1分。

 1.3月27日 民進党発足 5月19日ロゴマーク決定
   千葉民進党も発足 
 
 2.熊本大地震 政府の対応は十分か、民主党政権時との違い

 3.舛添知事の金銭感覚 三代続いた都知事の不祥事

 4.消費税増税か見送りか
  ・見送れば、アベノミクスの失敗 安倍政権の政治責任は
  ・実現しようとすれば大規模な財政出動 次世代にツケを
   まわす無責任政治

 5.サミットとオバマ大統領の広島訪問

 6.衆参ダブル選挙はあるのか

 7.依然として民主党に対する信頼は回復していない

5月17日(火)二代続いた見苦しい都知事

5月17日(火)

 舛添東京都知事に対する批判が止まりません。前の猪瀬知事の会見も余りの見苦しさにテレビを見るのを止めてしまいましたが、舛添知事の言い訳も、見苦しい、みっともない、恥ずかしい、で見るに堪えない会見でした。

 どうして家族と正月を楽しく過ごしていた場所で会議をしていたなどという言い訳を考え付いたのでしょうか。会見の数日前に「精査」すると繰り返して発言していたのはこの言い訳を考える時間稼ぎだった訳です。

 二年連続で同じホテルに正月泊まった。そこに二年連続で事務所関係者がきて会議をしていた。だれが聞いても、信じようがない話です。家族旅行の費用を政治資金で賄ったことを隠すために思いついたのでしょうが、こんな言い訳を信じる人はいないでしょう。

 蓄財の為に絵画をネットで買い集めておいて、海外から来る客のための資料だと言い訳しました。それなら、集めた絵画などは知事を辞めた後、東京都に残すと、どうして言えないのでしょうか。

 この他、別荘の近くの回転寿司やレストランで家族で食事をしながら、それを政治活動だと強弁しました。回転寿司でどうやって会議を開くのか、是非、教えてほしいものです。

 なんでも「政治活動」とさえ言えば、通ってしまう。これでは政治家不信が増すばかりです。

 毎週、別荘に公用車を使って帰っていたことや、巨額の海外旅行費を使っていたことなど、舛添知事は公私混同を平気でする人物であることが明らかになりした。

 猪瀬知事の不祥事で転がり込んだ知事職を、自分が楽しむ地位と勘違いしてしまったようです。一日も早く辞めてもらうしかありません。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@vifty:ne:jp」まで

謙虚に、民進党としてゼロから出発

ファイル 694-1.jpg

5月8日(日)

 今日、民進党の千葉県連結成大会が開かれました。たくさんの党員サポーターの方に参加して頂き、結束して、再度、政権を目指していくことを確認しました。

 1996年に旧民主党を立ち上げたときのメンバーはもうほとんど残っていません。96年の衆議院選挙で当選したのはたった2人でした。その一人が私です。連合が今年、結成27年だそうですから、まだ、当時、連合も結成されたばかりでした。

 結党以来、選挙のたびに人数を増やしていき、2009年にはついに政権を取るまでに成長しました。千葉県連では1区から13区まで全ての総支部で衆議院議員がいるという時もありました。しかし、マニフェストの杜撰さもあり、信頼を失ってしまい、下野してもう3年半がたちました。

 それを考えると感慨深いものがあります。民主党を生み、育ててきたものとしては、党名を変えることは耐え難いものがあります。それでも決まってしまった以上、民進党という党名で再度頑張るしかないと思っています。

 さて、このところ連日、地元周りをしています。その時、最もよく聞かれる声は「どうして民主党は反対ばかりしているのか」という質問です。しかし、これは事実に反しています。実は国会に提出される法案の9割近くには賛成しています。

 安保法制のような対決法案というのは1割もありません。野党ですから、国民の命を左右するような法案には全力で反対しなければなりません。当然、マスコミも反対法案については大きく報じます。

 しかし、野党が賛成している法案については、中身はともかく、あえて野党も賛成しているとは書きませんから、多くの方が、民主党は反対ばかりしていると考えてしまうようです。

 また、どうして対案をださないのかという質問も良く受けます。これも誤解です。対決法案では、ほとんどきちんと対案を提示しています。しかし、野党の対案が成立する見込みはゼロですから、対案を出したという報道はなされても、扱いや中身についての報道はなきに等しい状態ですから、誤解を受けているようです。

 もう一つ、民主党は経済運営に失敗したという指摘も良く受けます。しかし、実際には民主党時代の経済成長は3年間で5,0%、安倍政権になってからの成長率2.4%を上回っているのです。したがって、これも誤解です。

 民主党の経済政策が見えないという声も聴きます。自民党の経済政策は大企業を良くすれば中小企業や働く人もシズクを受け取って恩恵を受けるというアベノミクスです。失敗は今や明らかです。民主党は国民生活を良くすることに最重点を置いています。これが最も異なる点です。

 民主党政権が良かったと今更いうつもりはありませんが、誤解だけは解いておかなければなりません。いずれにせよ、我々は民進党としてゼロから出発するということです。

ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

たくさんの募金ありがとうございました

ファイル 693-1.jpgファイル 693-2.jpg

4月23日(土)

 熊本大震災の募金状況をお知らせします。4月17日、市川、本八幡、松戸の3か所で1万4179円、20日松戸駅東口、7万2574円、21日、松戸駅東口3万1490円、22日本八幡駅早朝3405円の、トータル12万1648円の義援金をよせていただきました。

 皆様のご厚意に感謝申し上げます。義援金は郵便振替で民進党本部に送りました。全額、熊本、大分の被災者の方々に届けられます。