記事一覧

本当に憲法を変えていいのか、それが今回の参議院選挙の最大の焦点だ

7月6日(水)

 今日、いっせいに新聞各紙に参議院選挙の世論調査の結果が出ていました。それによると自公とお維新を合わせると、憲法改正に必要な3分の2を超えるという結果が出ていました。

 愕然とします。

 有権者の中には3分の2を取ったとしても、選挙で積極的に安倍総理が言っていたわけではないから、すぐに憲法改正には至らないだろうと、思っている方もいるかもしれませんが、それは甘い考えです。

 安倍さんは国会の答弁でも自分の在任中に憲法改正をするという発言をしています。したがって、選挙に勝てば、国民の信を得たとばかり、憲法改正に踏み切るのは間違いあません。

 私が衆議院議員として法律を作る時、いまの憲法があるからできない、という法律はありませんでした。環境に配慮した条文がないからといって、環境に関して法律が作れないわけではありません。環境の問題は憲法に書いてもいいですが、書かなくても環境基本法を作ればすむ話です。

 唯一、現行憲法の下で出来なかったのが、集団的自衛権の行使や、専守防衛を越えた先制攻撃など、武力によって国際紛争を解決することでした。これらは憲法9条を変えない限りできないことでした。

 安倍さんはそうした原則を無視して憲法違反の安保法を作ってしまいました。そして次は憲法9条を変えて、堂々と自衛隊を国軍として位置づけ、戦争が出来る国に変えようとしています。

 選挙に勝ったら憲法を変えるのかどうか、党首討論でしっかりと返事を聞きたいところですが、安倍さんは選挙応援で忙しいという理由で、党首討論に応じようとしていません。

 国民がしっかり考えないうちに、憲法を変えてしまおうという魂胆です。今度の参議院選挙で3分の2を与えてしまえば、確実に憲法が変えられ、日本の国の形が変わってしまいます。なんとしても、阻止しなければなりません。

 世論調査を見れば、憲法改正に賛成の人より反対の人が多いです。9条に至っては改正反対が賛成を大幅に上回っています。

 自民党や公明党が好きな人でも、憲法を変えたくないと思っている方がたくさんいるはずです。今回はどこの党がいいかを考えるよりも、憲法のことを考えて投票していただきますようお願いします。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

やり切れないテロ

7月5日(火)

 バングラデシュでテロにあった被害者が今日帰国しました。

 イスラム教徒のラマダン中にテロを起こせというISの指令があったようですが、世界中でテロが頻発しています。100人、200人という単位で死者が報告されていますから、今度のテロが特に規模が大きかったという訳ではありませんが、それにしても7人もの日本人が被害にあったことは、やはり驚きです。

 今回もソフトターゲットと呼ばれる、誰もが利用する施設を狙ったテロでした。レストランや駅、ホテル、観光地など、誰が被害にあってもおかしくないのが、ソフトターゲットを狙ったテロの特徴です。

 特別な場所を狙っている訳ではありませんから、誰でも被害者になる危険性があります。世界中に不安を振りまくというのが狙いだとしたら、狙いどおりかもしれませんが、不安を振りまいて、その後どうすると言えば、全く意味はありません。

 私は自爆テロというのがどうしても理解できません。今回は若いテロリストによって起こされました。彼らなりに動機があったはずですが、他の人には理解しようがありません。

 まして、自爆して死んでしまえば、そのテロリストにとっては全てが終わってしまう訳ですから、全く訳が分かりません。どのように彼らが洗脳されたのか、しっかりと解明して、第二第三の若いテロリストが出てくるのを阻止しなければなりません。

 こんな訳の分からない思い込みテロで命を落としてしまった人の無念を考えると胸が痛みます。テロ直後には、被害者の人柄等が報じられますが、残念ながら知り合い以外はすぐに忘れてしまいます。なんとも空しい限りです。

★街頭演説会のご案内

日 時 7月7日(木)午後6時~ 

場 所 八柱駅南口

弁士  民進党公認 小西ひろゆき候補
    前内閣総理大臣 野田よしひこ衆議院議員 他

英国のEU離脱投票を教訓としなければならない

ファイル 710-1.jpgファイル 710-2.jpg

6月30日(木)

 今日は新浦安で岡田代表と一緒に小西候補の応援をしました。

 私は英国のEU離脱を例に出して警告しました。すなわち、軽い気持ちでEU離脱に賛成票を投じた人が、結果に驚き後悔しているという報道がありました。日本の有権者もこれを教訓としなければいけない。

 前回の参議院選挙の時、安倍総理はアベノミクスで景気を良くすると訴え、選挙で勝ったら、選挙の時には何も触れていなかった特定秘密保護法案を作り、国民の知る権利を大いに侵害しました。

 次の衆議院選挙の時にも「この道しかない」とアベノミクスを訴え、やはり勝利したら憲法違反の安保法案を強行採決しました。

 そして今回です。今回もアベノミクスを加速するとだけ言っていますが、勝てば憲法改正することは目に見えています。

 安倍さんが目指している憲法改正は、国民を国の下に置く、極めて国家主義的な強権憲法です。そんなものが出来てしまえば、将来世代こそが最大の被害者になります。安易な気持ちで自民党に投票して、後で後悔してもはじまりません。ここはしっかりと民進党に投票してほしいと訴えました。

 また、もう一点、英国のEU離脱で株式市場は大混乱と前回書きましたが、その実、株式市場は1000円以上値下がりしてから、一転して4日連続で値上がりしました。これに騙されてはいけない、政府が介入して株価を支えているに違いない、選挙が終わったら株価はまた下がり、騙されたということになるので注意してほしいとも訴えました。

 何しろトヨタ自動車で1円、円が下がれば400億円の利益がでるといいます。逆に1円円が上がれば400億円の損失が出るということです。
円は、もう122円から102円へと20円上がった訳ですから、トヨタは既に8000億円の損失がでた計算になります。

 トヨタだけでこれだけです。この他の自動車会社、IT関連企業や家電などを合わせれば、その損失は膨大な額になるはずです。それにも係らず、株が暴落しないということは何らかの“人為的な力”が働いたとしか考えられません。騙されてはいけません。

 安倍さんはアベノミクスの果実で社会保障を充実させると言っていましたが、来年には確実に果実どころではなく、大幅な税収減が予想されます。その時、財源無くして、社会保障費は一体どこから出してくるというのでしょうか。

 これだけ見ても安倍さんがいっていることがいかにいい加減かが、お分かりいただけると思います。自民党に投票したら後で絶対に後悔します。禍根は将来にまで続きます。ここは熟慮をお願いします。

 ご意見、ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

街頭演説会のご案内

6月28日(火)

日 時 7月2日(土)午後1時

場 所 松戸駅西口デッキ

弁 士 野田佳彦 前内閣総理大臣

    小西ひろゆき 参議院議員候補 

    生方幸夫 元環境副大臣 他

※警備・誘導等のお手伝いをして頂ける方は、「zxe04624@nifty.ne.jp」までご連絡ください。

英国のEUからの離脱、がもたらす非寛容の社会の広がり

6月26日(日)

 みなさんもびっくりしたと思いますが、英国の国民投票でEUから離脱が決定しました。事前の世論調査でも接戦が予想されていましたが、総じて残留派が最後には多数を占めるだろうという見方が多かっただけに、離脱派が勝利したことが世界に衝撃を与えました。

 私は、いずれアジアもヨーロッパのようにAU(アジア連合)を結成したいものだと考えていただけに、その見本のヨーロッパで、統合から一転、離脱・分散の動きが、英国からさらにイタリア、スペイン、オランダ果てはフランスなどにも及んでいくのではないかと懸念します。

 EU結成までには長い流れがありました。ヨーロッパでの長い戦禍を経て、ヨーロッパが一つになることが、ヨーロッパの平和と安定のために一番だという合意のもとに、EUが結成されました。

 その後、通貨の統合や貿易の自由化など経済面でのメリットが強調されるようになり、最近は新しく加盟した東欧諸国からの移民の問題がクローズアップされていました。

 移民に職を奪われる、これは確かに移民の方たちと競合する仕事についている労働者にとっては大問題です。しかし、その半面、移民の労働力なくして、経済が成り立たないという現実もあります。

 そこにいわゆる右派あるいは民族派といわれる政治勢力がつけ込み、いま世界中に排外主義の大きなうねりが起こってきております。

 自分と違った民族は差別していいという考え方はいずれ、自分と考えの違う人間を差別するという非寛容の社会につながってしまいます。

 人間の知性によって、ようやく国境という壁を越えて、人類が共存していこうという流れが出来つつあったのに、それが世界的に失われていくのを阻止しなければなりません。

 理念の問題だけではありません。

 明日から始まる株式市場や為替市場は大混乱が予想されます。

 安倍さんは無理に無理を重ねて円を大量に刷り増し、なんとか円安を作り出し、輸出増で大企業を支えてきました。

 しかし、一転して明日から株安・円高の世界が出現します。経済原則に反したマイナス金利まで導入したアベノミクスの本質、すなわち、見せかけだけの数字で実体経済は何も良くならなかったという実態が国民の目に曝け出されます。

 国民がアベノミクスの失敗に今度のことで気づいてくれ、参議院選挙できちっと野党に勝利をもたらしてくれれば、この世紀の国民投票にもいいことがあったと言えるかもしれません。

ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

議論ができない日本の総理、安倍さん

6月23日(木)

 昨日から参議院選挙が始まりました。昨日は民進党候補の出陣式に行ってきました。

 千葉県は激戦区です。3人の定員のところに有力な5人が立候補しています。何としても野党で2人を当選させなければなりません。

 選挙を受けて党首討論が記者クラブやテレビで行われています。

 すでにネットでも話題になっていますが、報道ステーションにでた安倍総理は酷かったですね。他の人が喋っているのに平気で割り込む。自分の話は長々とするのに、他の人が意見を言っている時にはきちんと聞いていない。

 しかも、質問には全く答えず、質問と関係のない自分の主張だけを平気で繰り返す。これでは議論になりようがありません。

 安倍さんは国会でも質問にまともに答えません。安保法制の時も質問にまともに答えないから議論が全く深まることがありませんでした。安保の時には意図的に質問にまともに答えなかった面がありましたが、普通の質問にも答える能力がないことが一連の討論で明らかになったと私は思います。

 アベノミクスが上手くいっており有効求人倍率も上がっている。大企業も未曽有の高収益を上げている。国民が聞きたいのは、それなのにどうして実質賃金が下がっているのか、何より、うまくいっているのならどうして消費税増税を二度も先送りしなければならなかったのか。

 こうした疑問に対して安倍さんは全く答えようとしていません。いやむしろ答えられないと言った方が適当でしょう。

 全く口から出まかせというのはこのことを言うのではないでしょうか。したり顔に自分に都合のいい数字だけをあげつらって国民を騙す。

 アベノミクスを上げて三度目の選挙です。3年半うまくいかなかったものが、これから2年でうまくいくはずはありません。

 さらに許せないのは、アベノミクスという国民受けのいい?政策を掲げながら、その実、選挙に勝ってやりたいことは、全く別のことだということです。これまで二回の選挙でもアベノミクスを掲げながら選挙に勝った途端に、特定秘密保護法案を成立させたり、安保法制を強行採決してきました。

 今回も全く一緒です。勝てば必ず憲法改正を行ないます。それにもかかわらず、昨日の第一声でも憲法にはほとんど触れませんでした。

 こんな不誠実な嘘つきにこれ以上、政権を任せる訳にはいきません。野党が圧勝すれば安倍政権を退陣に追い込むことができます。そこに焦点を当てて頑張りましょう。

 今日は夕方6時から松戸駅で夕立ちをします。時間がある方、寄ってみてください。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

長妻昭代表代行との街頭演説会

ファイル 706-1.jpg

6月21日(火)

 本日、伊勢丹 松戸店前の一角をお借りしまして、小西ひろゆき参議院予定候補者の応援に長妻昭代表代行が来ました。

 大勢の皆様にお越しくださいましてありがとうございました。また会場周辺の皆様にはお騒がせしました。この場をお借りしまして、ご理解頂きましたことを御礼申し上げます。

長妻昭代表代行との街頭演説会と今月のフォーラムについて

6月17日(金)

※街頭演説会に場所に変更がありました。

 ●民進党 長妻昭 代表代行との街頭演説会
 
  日 時 6月21日(火)午後1時~(30分)

  場 所 伊勢丹 松戸店前 松戸駅西口徒歩2分


 ●今月の「市民フォーラム」

  日 時 6月19日(日)午後2時~4時
 
  場 所 ゆうまつど(松戸市女性センター)松戸市本町14-10

  参加費 無料

  ※駐車場はございません。お車の方は最寄りの
   コインパーキングをご利用ください。

  以下、フォーラムのレジメを記載いたします。皆様のご参加を
  お待ちしております。

  

1.沖縄女性斬殺事件 
  なぜ、日米地位協定の見直しが出来ないのか

2.伊勢志摩サミット 
  今時、サミットに意味があるのか
  サミットを消費増税見送りに利用した安倍総理
  消費税増税見送りの影響

3.オバマ大統領の広島訪問

4.衆参同日選挙を巡る自民党内の茶番劇
  麻生副総理、谷垣幹事長の反乱?

5.沖縄県議選 
  知事支持派の勝利

6.都民不在の舛添知事辞任騒動
  二代続けて政治と金で失脚、支持した自公の責任

7.参議院選挙、都知事選挙の行方  
  カギを握る一人区
  3分の2を得れば、確実に憲法改正に一直線

8.英国のEU離脱問題
  どうなる世界経済

舛添さんは本当に頭のいい人?

6月15日(水)

 舛添知事がやっと辞める決意をしたようです。

 舛添さん関連ではやたら「頭のいい人」というコメントがテレビで出されていました。本当に頭のいい人だったらとっくに辞めていたはずで、どうみても頭のいい人とはいえないと思います。 

 頭がいいのと勉強ができるのとを混同しているのではないでしょうか。勉強ができなくても頭のいい人はたくさんいます。もちろんその反対、勉強ができても頭が悪い人もたくさんいます。

 舛添さんはその典型でしょう。地方の高校から東大に入ったのですから勉強はできたのでしょうが、その後の立ち居振る舞いを見ていると、とても頭がいい人の行動と判断とは言えません。

 そんな人が知事だったのです。しかも2年も務まりました。これでは「誰がなっても同じ」という批判に反論ができません。

 選挙の時はみんな、いい公約を掲げますが、選挙が終われば誰もが公約を忘れてしまいます。あとは日常に流れてしまい、最終的には誰がやっても同じという結果になってしまいます。これでは政治が良くなるはずはありません。

 せいぜい、任期4年の間に一点か二点、他の知事ではできない、自分にしかできない政策を掲げ、その公約の実現に全力を注ぐ知事が表れて欲しいものです。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

今月の「市民フォーラム」のお知らせ

6月14日(火)

◆今月の「市民フォーラム」のお知らせ

 日 時 6月19日(日)午後2時

 場 所 ゆうまつど (松戸市女性センター)研修室

 住 所 松戸市本町14-10 電話047-364-8778

 会 費 無料

 ※松戸駅西口徒歩3分。駐車場はございませんので、お車でお越しの場合は周辺のコインパーキングに停めるようお願い申し上げます。

 ご参加を希望される方は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで