記事一覧

安倍さんに乗っ取られた閉会式

8月22日(月)

 今日、リオオリンピックが終わりました。

 日本人選手の頑張りには拍手を送りたいと思います。

 ところで、何気なく、閉会式を見ていたら、なんと安倍総理が会場のど真ん中に登場しました。リオデジャネイロから東京へオリンピック旗が渡され、2020年のオリンピックは東京で開催されることが宣言された直後です。

 そこに何故か、日本の首相が登場。開催は東京都であり、日本国ではないはずです。それでも安倍さんが得意顔で登場。一体、何を考えているのでしょう。

 恐らく、東京オリンピックの時も自分は首相でいるというアピールを国内向けにしたかったのでしょうが、余りにもやりすぎです。安倍さんは国民から選ばれた大統領ではありません。

 選挙で勝った与党の代表に過ぎません。何か誤解しているとしか思えません。

 リオにも貧しい人はたくさんいます。私も小さい山々に点在しているスラム街を見ました。恐らくそこの住民はオリンピックなど無縁で苦労して今日も、生活しているはずです。

 日本でも6人に一人の子供が貧困に喘いでいます。その国の首相が、国内の経済、政治問題に熱意を見せず、ひたすら海外にばかり行っている。こんなことでいいのでしょうか。

 それでも安倍さんの支持率はほとんど50%だというのですから、私には理解できません。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

トランプを笑えない、上から目線の米国副大統領

8月18日(木)

 米国副大統領が日本の憲法は我々が書いたという発言をしました。

 確かに原案は占領軍たる米国が書いたことは事実ですが、初期の段階から日本側もきちっと関与していたことも知られています。

 そして何より、作ったのは米国だとしてもそれを70年以上もきちっと守り、今や世界に平和憲法として知られるようになった憲法を育て上げたのは日本です。

 9条の精神、国際紛争は武力では解決できないというのは、何よりも事実が証明しています。武力を行使して犠牲者がでれば、必ず恨みが残り、それが新たな暴力を生みます。武力は即効性はあるかもしれませんが、持続性はありません。

 紛争の原因となる貧困や差別などを取り除かない限り、紛争はなくなりません。だから米国は戦後もずっと武力行使をし続けてきたのに、いまだに世界には平和が訪れるどころか、不安定さばかりが増してしまっています。

 副大統領は作ったというのならば、その精神をきちっと学ばなければいけません。

 それにしても米国の副大統領でも、いやだからこそかも知れませんが、日本は憲法まで米国に作って貰っているのだから、自分たちの“属国”だと意識しているのだと思うと、嫌になります。

 だから憲法を自分たちで作るべきだと言っているわけではありません。その逆で、自分たちが育てた日本国憲法を世界に広めようと、胸を張って言うべきだと思います。

 同じ日に、安倍総理はオバマ大統領の「核の先制不使用」発言に反対姿勢を表明したということが報じられました。このことは逆に言えば、核で先制攻撃をしてもいいということを言っていることに他なりません。

 核兵器を使用したらどんな悲惨なことが起こるのか、唯一の被爆国である日本はずっと国際社会に訴え続けなければならないことです。

 日本の総理が訴えるべきは、先制使用を認めるのではなく、核の先制使用を全面禁止させることです。

 さらにもう一つ、安保法制反対運動をリードした「シールズ」が解散したという報道がありました。政治に関心がないと言われた学生が立ち上がってくれた意味は非常に大きいものがありました。

 目立てばいろいろな嫌がらせがあることは想像に難くありません。それを乗り越えて活動を続けたことに敬意を表したいと思います。

 シールズを作った人たちに活動を続けてくれというのは無理かもしれませんが、是非、若い人たちに、この運動を継承してほしいと願うのは私一人ではないと思います。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

オリンピックウィーク

8月16日(火)

 今年のお盆休みはオリンピックと重なり、一日中、テレビでオリンピック観戦という方も多かったのではないでしょうか。

 かくいう私も、ついつい明け方までオリンピックを見てしまい寝不足の日が続いています。

 もともとスポーツは好きで、テレビでもスポーツ番組をよく見る方です。オリンピックは普段なじみのない競技も多く、楽しみが一層増します。

 なぜ、スポーツに惹かれるのかと言えば、それは選手の一生懸命さにつきます。特にオリンピックは4年に一度しか開かれません。

 この日のためにひたすら努力をしてきた選手を見れるだけで幸せです。特にメダルを取った選手の人間離れした肉体と、不屈の精神に日頃の精進のほどが偲ばれ、思わず涙腺が緩んでしまうこともたびたびでした。

 もちろんオリンピックにはたくさんの問題点があります。今回もロシアのドーピング問題などスポーツを国威発揚に使おうという政治家が常にいることも確かです。

 それでも人間の限界に挑みそれをついに超えてしまう選手がいることは事実です。それを見れば人間は誰でも感動します。

 また、スポーツですから勝者もいれば敗者もいます。敗者の表情も多くのことを物語っているように感じて仕方ありません。敗者がいなければ競技は成り立ちません。
 
 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

女性政治家の時代

8月10日(水)

 今日も猛暑で、まさに夏、真っ盛りです。もうすぐお盆ですから、夏休みを取っている方も多いのではないかと思います。ゆっくり英気を養って下さい。

 自民党では内閣改造も終わり、安倍さんは二度目の夏休みに入ったそうです。

 一方、民進党は9月の代表選挙に向け、走り出しています。

 蓮舫さんが立候補を表明しました。東京都にも知事も女性知事が誕生しました。アメリカ大統領選挙もヒラリー氏が民主党の候補に決定しました。

 アジアではお隣の韓国では朴槿恵さんが大統領になっていますし、フィリッピン、インドネシアでも女性大統領が既に誕生しています。タイでも女性首相が生まれていますし、ミャンマーでも首相にこそなっていませんが、スーチーさんが実権を握るに至っています。インドでは随分昔に女性首相が誕生しています。

 その面では日本は随分遅れていました。民進党はやっとこの流れに乗ることが出来ます。

 ここまで書いていた時、ちょうど、蓮舫さんから電話がありました。なんというタイミングでしょう。「直接、立候補したということを伝えたかった」ということでした。

 「いまブログに女性政治家の活動について書いていたところです。周りを余り気にせず、日本の政治体質を変えてください」「地元を回っていると、まだ民進党に対する信頼が十分には戻っていません。信頼を取り戻すべく頑張ってください」とエールを送りました。

 政治家が嫌われているのは、なんとなく胡散臭いとか、お金に汚いとか、信用できないとかが、もっとも大きな理由のようです。その点、女性は、男性政治家の弱点を補ってあまりがあります。

 民主党、民進党を通じて初めての女性代表に蓮舫さんがなる可能性が高いと思います。新しい政治を新しい代表で作っていくよう、私も頑張ります。
 
 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

取りまきイエスマン内閣発足

8月4日(火)

 昨日、第三次安倍内閣が誕生しました。

 まずびっくりしたのは、自民党の役員人事でした。谷垣幹事長がけがで療養中を受けたものでしたが、露骨に安倍総理を“よいしょ”していた二階さんが、幹事長になりました。

その他、細田総務会長、茂木政調会長、古屋選対委員長と、みな安倍さんの取りまき、もっと言えば、安倍さんのいうことに「ノー」を言わない人だけを役員にしたという人事でした。

同じように内閣改造の顔ぶれを見ても、“ヤングマンならぬイエスマン”のお友達ばかりを相も変わらず、ずらっと並べただけの組閣でした。

今度の内閣改造の最大の目標は安倍総理の任期延長にあるようです。憲法改正もさることながら、安倍さんは東京オリンピックに並々ならぬ意欲を持っているようです。東京オリンピックは、このままいけば、安倍さんの任期が終わった後に開催されます。

それでは開催国の総理になれません。だから自民党の規約を変えて、もっと長く総理をやらしてくれということのようです。だからこそ、任期延長にいち早くイエスをいった二階さんを幹事長にしたのでしょう。

いまだに支持率が高く、参議院選挙も勝利し、最強の内閣と言っているマスコミもあります。では国民にとって安倍総理になって、本当にいいことがあったのでしょうか。

格差は広がり、日銀の節操のない緩和策はいつ破たんしてもおかしくない状況です。破綻すれば、そのツケは全て国民に回されます。それでも安倍さんを支持するのは、“反知性主義”だと私は思うのですが、どうでしょう。

唯一の希望は安倍さんが自分の任期延長を確実にするために解散総選挙をする可能性があることです。

前回の参議院選挙では3分の2の意味を知らない人がたくさんいたということです。今度こそ徹底して、憲法改正をしたら国民生活がどのように悪化するのかということをしっかりと訴えて勝利しなければなりません。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

相模原事件はテロだ

7月26日(火)

 またまた悲惨な事件が起きました。

 神奈川県の障害者施設で19人もの入所者が殺害されたということです。この他にも重傷者がいるということですから、これ以上の被害がでないことを祈るばかりです。

 犯人はこの施設の元職員だということです。「障害者を安楽死させる法案を作れ」と衆議院議長公邸に押しかけたことがあったと報じられています。

 自分と違ったものを排除するというのはテロに共通した特徴です。宗派が違う、人種が違うなどということを理由にしたテロが世界中で起きていますが、今回の事件も、これらのテロと関係がないとは言えないと思います。

 まだ、動機など解明されていませんが、私は今回の事件は一種のテロだと考えていいと思っています。

 社会に格差が広がり、連帯感が薄れてくる。社会がぎくしゃくし、寛容の精神がなくなり、直情的に自分が“異物”と決めつけたものを排除する、そんな風潮が、これからさらに広がっていくことを懸念します。

 近所の人の話ではごく普通の若者ということです。そうした人間の中にも憎悪が増殖するような要素がたくさんあるということです。ということは、さらに第二第三の事件が起こる要素があるということに他なりません。

 なんとか防止する手立てを考えなければなりません。

 さて、都知事選も終盤戦を迎えています。世論調査の結果では鳥越さんが苦戦しているということです。

 その理由の一つがマスコミやブログの“鳥越叩き”にあるような気がしてなりません。週刊文春の女性スキャンダルは、報道の自由を越えて、選挙妨害だと思います。その他、東国原元宮崎県知事や橋本元大阪市長などがブログで、盛んに鳥越候補を批判しています。

 それらがボディブローのように効いてきて、鳥越さんの支持が減っているのではと推測します。こうした広い意味での選挙妨害を禁止しなければ、公正な選挙はできません。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

今月のフォーラムについて

7月22日(金)

 明後日、24日(日)午後2時より、松戸運動公園の会議室におきまして「市民フォーラム」を開催」いたします。

 以下の項目につきまして、私がお話をした後、皆様のご質問・ご意見等をお伺いいたします。ご興味がございましたら、ぜひ、お越し下さい。

1.英国のEU離脱の影響
  国民投票について

2.参議院選挙
  与党が3分の2を占める
  憲法改正が現実のものに
  議論がない選挙と自民党のマスコミ統制

3.都知事選始まる

4.天皇陛下、退位表明

5.バングラ、ニースなど世界で相次ぐテロ
  米国の反警察デモ
  トルコのクーデター

6.大型補正予算、なくなったはずの財投復活

7.米共和党トランプを候補に

大橋巨泉さん逝く

7月20日(水)

 今日、大橋巨泉さんの訃報が飛び込んできました。

 遠い昔には11PMの一視聴者として巨泉さんのファンでした。その後、同じ民主党の国会議員として一緒に仕事をしました。

 巨泉さんは2001年の参議院選挙で比例区で当選しました。当選後すぐに9.11事件が起こりました。「これは戦争だ」と当時のブッシュ大統領が叫びアメリカはアフガンへの報復戦争をしかけました。

 日本もこのテロ事件で揺れました。米国の要請を受けた形でインド洋に自衛艦を派遣しました。戦争をする米軍の後方支援をするということですから、憲法9条に違反しているのは明確で、私は派遣に反対しました。

 巨泉さんも当然反対し、短い時間ではありましたが、密度濃く一緒に行動しました。

 当時は小沢さんが率いる自由党もインド洋派遣に反対していました。そこで私は小沢党首のところに行って、どうして反対なのか理由を聞き、憲法についての考え方も、長時間に渡って伺うことが出来ました。

 まだ喋るには早いかもしれませんが、私は真剣に民主党の一部と自由党と一緒に新党を作らなければいけないと考えた時がありました。その動きが熟す前に、巨泉さんは民主党とは一緒にやっていけないと、党を飛び出してしまいました。

 私も引き留めに走ったのですが、もう決めたことだの一点張りで、引き留めることができませんでした。その後のいろいろな展開を考えると、もし、あの時、巨泉さんが議員辞職していなかったら、その後の日本の政治はかなり変わっていたのではと考えてしまいます。

 議員辞職した後も、一緒に食事をしたり、ゴルフを教えてもらったりとお付き合いをさせて頂きましたが、最近は病状を報道で知るくらいで、お会いする機会もありませんでした。

 巨泉さんは日本のテレビを作ったといっても過言ではない人です。しかし、私は政治家大橋巨泉を見てみたかったと思います。もう少し議員経験があれば、代表にしたらいいと考えたこともありました。残念でなりません。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

このままでは21世紀はテロの世紀に

7月14日(木)

 フランスのニースでまたテロが発生しました。世界中どこにいても、テロの標的にされる様な時代になってしまいました。花火を楽しんでいる人が突然、悪意に取りつかれたテロリストに殺される。どうしてこんな時代になってしまったのでしょうか。

 ターゲットは不特定多数の民衆。場所はどこでも、出来るだけ多数を殺傷する、求めるのは混乱と恐怖。

 日本はこの種のテロにまだ見舞われていませんが、いつ、日本もターゲットにされるか分かりません。

 今回は車が主たる凶器となりました。誰もが簡単に手にできるものが凶器になるのですから、世界中どこでも同じようなテロが発生する危険性があるということです。

 残念ながら防ぐ手立てはありません。世界全体に広がった憎しみの連鎖を断ち切らなければ、21世紀はテロの時代になってしまうでしょう。

 ところで、突然、天皇陛下が生前退位の意向を表明されたと報道されました。NHKが速報したところに、何か釈然としないものがありますが、ともかく、陛下の年齢と激務を考えると、元気なうちに皇太子に皇位を譲るということがあってしかるべきだと考えます。

 陛下は何より現行憲法を大事にされ、国民と共に歩むということを実践してきた方だけに、このことを変に、憲法改正などに政治利用させないようにしないといけないと思います。

 さて、昨日の朝日新聞の記事で、今回の参議院選挙の結果、自公の議席が過半数を大きく上回った理由として、一番数が多かったのは「野党に魅力がなかったから」で、71%もありました。

 野党第一党である民進党は、猛省をしなければなりません。かくいう私も民進党の候補者をお願する演説をしてきた訳ですから反省をしなければなりません。

 同じように安倍総理も反省をしなければなりません。何故なら、「安倍首相の政策が評価されたから」という回答が僅か15%しかなかったということです。

 安倍さんはアベノミクスが国民の信任を得たから、さらにアベノミクスを加速すると言っていましたが、国民はそれを望んではいません。

 鶏が先が卵が先かになってしまいますが、自民党は企業に政策の焦点を当てて優遇措置をとる、民進党は国民生活に焦点を当てた政策を実行すると明確に訴えるべきです。国民生活が豊かになれば、企業も生産活動を強化します。消費が増えないから、企業は活動を縮小します。この悪循環を断ち切るのは、企業重視から国民重視に順番を変えるしかありません。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

改憲阻止の国民投票に備えましょう

7月11日(月)

 参議院選挙が終わりました。恐れていたように改憲勢力が非改選も入れて3分の2以上を占めてしまいました。

 これで、安倍総理はいつでも改憲という切り札を切れるようになってしまいました。実際に憲法を改正するのは手続きが煩雑で難しいのは事実ですが、ともかく総理の一存で改憲の発議ができるようになってしまったことは大きいです。

 安倍さんの望みは最初から改憲です。それも憲法9条を変えるというのが安倍さんの望みです。任期中に改憲したいという思いを再三述べていますから、いつの時点か分かりませんが、必ず、改憲を持ち出してくることは間違いありません。

 どういう改憲になるか。ともかく憲法を変えた総理として名前が残ればいいという考え方もあります。その場合には環境権など、反対がほとんどない項目を「加憲」するというということも考えられます。

 改憲をするためには国民投票をしなければなりません。発議をして国民投票に付して負ければ総理は退陣です。だから、改憲をする前には衆議院を解散して、再度3分の2を取れるかどうか見るかもしれません。

 そこで勝てば、チャンスは一度ですから、自民党の改憲案をそのまま、出す可能性もあります。

 今回の投票は改憲が焦点にはなっていませんでした。しかし、これから経済状況はますます悪化することが予想されます。プーチン大統領が来ると言っていますが、北方領土が解決する見通しはありません。

 そうなれば、経済悪化から国民の目をそらすために、憲法改正に力を入れるかもしれません。

 最後には国民投票があるから大丈夫だと思っている方もいるかもしれません。しかし、今回の参議院選挙を見れば分かるように、今やマスコミは完全に自民党に牛耳られています。その自民党がマスコミを操縦すれば、現在は世論調査で改憲を支持する人が少数とは言え、将来もそうとは限りません。

 今から私たちは国民投票に備えるべきです。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで