記事一覧

離党したい人は早く辞めなさい

9月12日(火)

 民進党を離党したいと思っている議員が数人いるようです。代表選挙で白票を投じて、誰が代表になっても支持しないというアピールをしたのであれば、直ぐに出ていくべきです。

 何を待っているのか、さっぱり意味が分かりません。もともとこれらの人が民進党に何故いたのかもはっきりしません。したがって、何で離党するのか、考えても意味がありません。

 昨日、細野議員が若狭議員や小池知事に会ったそうですが、目指すのは自民党に代わる野党ということのようです。 

 そもそも細野議員が民進党の代表代行を辞めたのは、自分が静岡県知事選に出ようとしたからです。

 川勝氏が知事を辞め、その後釜を狙っていました。しかし、現職の川勝氏が続投を表明したため、梯子が外された格好になりました。

 出馬声明をする前に、かっこよく代表代行を辞めたが、選挙に出るのもままならず、結局、離党を表明せざるを得なくなったというのが真相です。

 やることもなくなり、今回、都民ファーストのブームを当て込んで、新党を作ろうとあがいているだけです。そこには高邁な政治改革の意思も、今の政治状況を憂える思いも何もありません。まさに「自分党」を作りたいというだけというのが透けて見えます。

 前原代表も辞めたい議員から事情を聴くなど言う悠長なことをしていないで、はっきりと出ていきたいなら早く出て行ってくれと言うべきです。いても内部から足を引っ張ることしかできない人はいりません。

 後ろ向きの対応をしている時間はありません。下がり続けている支持率を上方に展開するべく、しっかりとした対抗軸を打ちだして、次の総選挙に備えるべきです。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

憲法を改正したいのなら総選挙をするべきだ

9月7日(木)

 今日のニュースによると高村自民党副総裁は、次の通常国会に憲法改正案を提出したいと発言したと報じられました。

 「ちょっと待ってくれ」と言いたい。前回の選挙では安倍首相は憲法改正について一言も触れていませんでした。国民も憲法改正を考慮して一票を投じた訳ではありません。

 たまたま勝ってしまい3分の2の多数を占めたからと言って憲法改正を独断で決めていいはずはありません。その後に国民投票があるからいい、という人もいるかもしれませんが、憲法のどこをどう変えたいと国民に問うて、そこでイエスという答えをもらって初めて、憲法改正の論議が始まらなければいけません。

 そうした手続きを一切しないまま、3分の2の勢力があるうちに、やってしまおうなどという安易な態度で憲法改正のような重要なことを決めていいはずはありません。

 マスコミの論調を見ても、そうした指摘がきちんとされているとは思えません。

 もし、憲法改正をしたいのなら、まず総選挙を行って国民の意思を問い、それで3分の2の多数を得られたら始める、それぐらい重要な話です。
 
前原新代表は安倍政権の下では憲法改正を認めないという党内の合意や、公党間で約束した野党共闘についても、見直しを指示したと今日報道されました。

しかし、憲法改正については党内で議論をして安倍政権下では憲法改正に応じられないという党内合意があります。当然、前原さんもその論議に参加していたはずです。

また、野党共闘については、公党間の合意で、代表が変わったからと言って簡単に反故にしていいものではありません。

山尾さんの問題もあって新しいことを打ちだしたいのかもしれませんが、両方の問題とも安易に変えていいものではありませんし、そんなことをしたらまた支持率が下がることは間違いありません。

ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

繰り返します。軍事行動というオプションはありません

9月4日(月)

 また、北朝鮮が暴挙を行ないました。いくら金正恩がダメ人間だとしても一国の首領ですから、あらゆる資源と人材を使ってやりたいことをやれる立場にあります。
ブランド トートバッグ コピー
バレンシアガ トートバッグ コピー
バレンシアガ財布コピー
グッチ服スーパーコピー
 したがって、この人間が自分を守るために核開発をしようと思えばできます。そこが普通の人間と最も違った点です。

 ミサイル開発から核実験まで、この人間にとっては着々と、世界にとっては、まったく迷惑、脅威以外の何ものでもない一連の動きをしてきました。

 それも今回の水爆実験、ICBMの実験で最終段階に差し掛かってきたようです。すなわち、いつでも米国本土を核攻撃する力を持ちつつあるということです。

 どうしたらいいのか。はっきり言って、即効性がある対抗手段が国際社会にあるわけではありません。制裁を強めると言っても、本当に効果があるのかどうか。

 もっとも効果がありそうなのは石油の禁輸ですが、これをすれば、北朝鮮の存亡にかかわりますから、北がどんな対抗措置にでるか、想像が出来ません。戦前に日本が石油を守るためとして戦争に走ったように、北が無謀な行動に出る恐れも十分あります。

 だから、やはり、原点に戻って話し合いのテーブルに引きずりだすしか、ありません。もどかしい限りですが、もし軍事衝突に発展すれば、一番被害を受けるのは韓国と日本の国民です。軍事手段というオプションはないということを肝に銘じなければなりません。

 北も実際に軍事手段を使えるとは考えていないはずです。それをするのは、蜂の一刺しで、自分が死ぬときです。だから軍事以外で解決したいという思いはあるはずです。そこにかけるしかありません。

 さて、民進党の代表が前原さんに決まりました。一番の問題は野党共闘をどうするかという問題です。前原さんは理念、基本政策が違うところとは共闘出来ないと、代表選挙の時にずっと言ってきました。

 でも、小選挙区の中で野党が共闘しなければ自公勢力に対抗できないことは過去の選挙が明快に証明しています。

 すでに野党の間では共闘に向けての合意があります。公党間の合意ですから重いものです。

 野党共闘というと、抵抗があるかもしれません。だから市民連合という風に考えてみるのがいいのではないでしょうか。

 事実、安倍政権の暴走に危機感を抱いた市民が中心となって野党共闘がすすめられてきました。野党共闘をしないで喜ぶのは自民党だけです。だから何としても、この路線を進めて、安倍自民党を倒すという目標を失ってはなりません。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

危機を煽っても、いいことは何もない

8月30日(水)

 昨日の朝、北朝鮮がまた、ミサイルを発射し北海道上空を通過しました。腹立たしい限りです。
スーパーコピー
 北朝鮮がこうした挑発行為をすれば、政府はそれに対抗してミサイル防衛網を強化する、北はさらにそれの上をいく潜水艦ミサイルの開発を進める、こうして軍事的緊張が更に高まっていき、最後は不測の事態にもなりかねない、誰もが望んでいない結果になる危険性があります。

 北朝鮮がミサイル開発を止め、核兵器を放棄してくれれば一番いいのですが、今の状態では、望むべくもありません。金正恩はこれしか、自分が生き延びる道がないと信じ込んでいるのでしょうから、無理です。

 国際社会は北に対して経済制裁を科していますが、残念ながら余り効果を発揮していません。

 北が望んでいるのは米国との直接対話です。やりたい放題やって、自分たちの主張を飲ませようとする、こんな手法が罷り通ったら大変ですが、ともかく話し合いのテーブルに出てこさせなければ平和的解決の一歩は踏み出せません。

 トランプの米国と金正恩二人で話させたら、どんな結論がでるか予想がつきません。やはり最低でも6か国協議に参加している日本、韓国、中国、ロシアの4か国が参加して、協議をするしかありません。その呼びかけを日本がしなければなりせん。

 しかし、昨日の日本の対応は冷静と言えたのでしょうか。安倍総理は「これまでにない深刻かつ重大な脅威」という談話を発表し、テレビも朝から大騒ぎでした。

 これまでにも日本を二発の北朝鮮ミサイルが通過しています。すでに北朝鮮は日本にミサイルを撃ち込む軍事力があることは既成事実です。いま大事なことは冷静に対応することです。

 ミサイルが日本に着弾すれば、これはもう戦争です。Jアラートが発令されて近くの鉄筋の建物に避難したり、地震の時のように椅子の下に隠れても身は守れません。

 つまり、Jアラートを発して避難訓練をしても何の役にも立たないということです。それでも訓練をさせるのは、危機を煽る行為と言わざるをえません。そんなことを口実に軍事費を膨張されてはたまったものではありません。

 ミサイルを撃ち込まれたら防ぐ手段はありません。だから撃ち込ませないように外交交渉をするしか手はないのです。粘り強く、交渉をすることが政治です。やたら危機を煽るのは政府のやることではありません。

 さて、いよいよ民進党の代表選挙が1日に行われます。今度の選挙の最大の目的は政権交代可能な野党を再構築することです。大事なことは選挙によって党の遠心力を高めることではなく求心力を高めることです。

 だから私は、両候補にその一点で頑張ってほしいと訴えてきました。主張は枝野さんに近いことは言うまでもありません。でも、どちらが勝っても党を分裂させるようなことがあってはなりません。それで喜ぶのは与党だけです。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

【生²ビアパーティーの開催】

ファイル 823-1.jpgファイル 823-2.jpg

8月28日(月)

先週の土曜日に毎年恒例の「生²ビアパーティー」を開催いたしました。
グッチ服スーパーコピー
グッチ靴スーパーコピー
グッチスーパーコピー
セリーヌスーパーコピー
ステラマッカートニーバッグスーパーコピー
ルブタン 財布 コピー
ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

活字のない世の中は想像できない

8月24日(木)

 雨模様の夏が続いていましたが、ここにきて急に暑さがぶり返しています。いままで涼しかった分、よけいに暑さがこたえます。

 今日の朝日新聞に、全国の自治体のうち約2割に書店がないというショッキングな記事が出ていました。
sanndaru激安
ヴェトモン コピー
シュプリーム スーパーコピー
ジバンシー 財布コピー
時計 レプリカ
 新聞休刊日というだけで朝から調子が悪いという活字中毒の私には、書店がなくなってしまった街はとても想像したくありません。

 毎日、寝る時に必ず1時間ぐらいは本を読みます。毎月一度か二度書店に行き、面白そうな本を買ってきて、読むのが楽しみです。中には“外れ”もありますが、殆どの本が何がしかを考えさせてくれます。本のない世界は考えられません。 

 ネット販売が普及しているのが書店が減る原因の一つでしょうが、何といっても読書をする人が減ったのが最大の原因でしょう。

 電車に乗ってもほとんどの人がスマホを見ていて読書をする人を見かけることは滅多になくなってしまいました。新聞を見ている人もほとんどいません。

 活字を読んだり、活字を書いたりすることで、人間は考えます。それをする人が少なくなったということは、それだけ考える人が減ったということにもつながるのではないかと心配します。

 つい、安倍の支持率が劇的に下がらない原因がここにあるのではと思ってしまいそうです。

 ついでですから最近読んだ本でお薦めの本を書いておきます。
 
 最近読んだ順に

・韓国人作家パク・ミンギュ作「ピンポン」(白水社)
・米国人作家ポール・オースター「内面からの報告」(新潮社)
・ベトナム人作家ラン・カオ「蓮と嵐」(彩流社)
・シリア人作家ラフィク-シャミ「愛の裏側は闇」(東京創元社)

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

防衛費を無制限に増やしていいのか

8月21日(月)

 今日から米韓共同軍事訓練が始まりました。

 北がグアム島周辺にミサイルを撃ち込むと脅しをかけたのに対し、世界が大きな懸念を示しました。さすがに今回ばかりは金正恩も自重したのか、暫くは様子を見ることにしたようでした。
バレンシアガ 財布コピー
バレンシアガ コート スーパーコピー
シャネル コート コピー
モスキーノ スーパーコピー
 本当にミサイルを発射し、万が一ミスがあってグアム島に落下したら戦争になってしまいます。そうなれば、自分の首が危ないと、自分のことしか考えていない金正恩は恐れをなしたのでしょう。

 でも、軍事訓練が毎日続けば、また、北が挑発に出てくる恐れは十分にあります。こんなことを繰り返しているうちに、ほんのちょっとした双方の間違いから戦争が起こってしまう恐れは増し続けます。

 こうした緊張状態を脱するには、話し合うしかありません。日本は米国に追随するのではなく、米国に軍事行動をしないように要請するとともに、中国や韓国と連携して北を話し合いのテーブルにつける努力をこそしなければなりません。

 それにもかかわらず、このほど行われた日米2+2の会議で米側の要請に応えて、新たな盾を購入することを国会の審議も経ずに決めたようです。

 つい先日、日本近海で衝突事故を起こし、昨日もマラッカ海峡で衝突事故を起こしたイージス艦をもう一隻増やして5隻体制にするというのです。また、イージス艦に積まれている迎撃ミサイルを地上に設置することにも同意したようです。

 イージス艦は一隻1500億円、イージスアショアは800億円です。日本全土をカバーするには二基必要ということですから1600億円、これだけで3100億円の防衛費が上積みされてしまいます。

 すでに安倍首相になってから5年連続で防衛費は増え続け、17年度は5兆1251億円になっています。これに単純に3100億円を足せば、5兆4300億円にもなってしまいます。

 トランプ政権は今後さらに高い米国製兵器を日本に買わせる戦略です。米国に物を言えないままでは、防衛費は無制限に拡大していきます。

 3000億円あれば全ての奨学金が賄えるはずです。

 軍拡はさらなる軍拡を招くだけだということを、強く国民は主張しなければなりません。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

天気と同様、国際情勢も不安定

8月16日(水)

 8月に入ってずっと鬱陶しい日が続いています。夏の日差しが照り付け、いつもの年ならみんな暑い暑いが、あいさつ代わりになるはずですが、今年は、「天気が悪いですね」が挨拶となっています。
シュプリーム ヴィトン 財布 偽物
ハリウッド映画 腕時計
ヴェトモン スニーカーコピー
ヴェトモン キャップ コピー
カルティエ 時計コピー
シュプリーム コピー
ブライトリングスーパーコピー
 原因は太平洋高気圧が弱すぎるとか、オホーツク高気圧が強すぎるとか言われていますが、結局はどうしてそうなっているのか、いつも後付けで説明がなされるだけで、本当の原因は良く分からないというのが、実態でしょうか。

 天気と同様に、政治もはっきりしない状況が続いています。臨時国会を要請しているにもかかわらず、政府は知らんぷりを決め込んでいます。憲法で要請があれば、開かなければならない、となっているのに、無視している。こんなことが罷り通っているのですから、イライラします。

 国際情勢もはっきりしません。北朝鮮がミサイルをグアム島周辺に打ち込むと脅しをかけました。それに対して、トランプが金正恩と同じような低いレベルの言語で、脅し返しをしています。

 いまのところ、さすがに「うったらヤバイ」という判断をして金正恩は自粛をしているようですが、いつ気が変わるか分かりません。一方のトランプも相変わらずバカな発言を繰り返しています。

国内での人種差別テロに対して、はっきりと批判をしませんでした。これに反発されると一転批判をしたと思ったら、今日になって、また両方悪い的な発言をしました。もともとトランプは人種差別主義者だから批判できなかったというのが本当でしょう。

日本も例外ではありません。安倍総理は敗戦記念日に5年も続けてアジアに対して反省の言葉を発しませんでした。

こうした非常識な指導者に地球の運命が委ねられているのですから、困ったものです。日本もアメリカも民主主義的に指導者が選ばれるということになっています。それでも非常識な指導者が生まれてしまうのであれば、制度そのものを考え直さなければいけない時期に来ているのかもしれません。

ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

ポスター掲示、ご協力のお願い

ファイル 819-1.jpg

8月10日(木)

 今日は「防衛省日報隠ぺい問題」に関する閉会中審査が行われています。肝心の稲田元防衛大臣や安倍総理が出ていないのでは、真相解明に程遠い審議になってしまうはずです。

 丁寧に説明すると言葉だけは丁寧だが、相変わらず、全く説明しようとしない安倍政権にはほとほと呆れてしまいます。
ルイヴィトン歌舞伎コピー
ブルガリ時計コピー
ウブロスーパーコピー
vetements コピー
supreme 激安
vetements スーパーコピー

 さて、私のポスターが出来上がりました。選挙がない時に町中にポスターをはるのは、本意ではないので、張り出しを自粛してきました。しかし、今年中にも解散総選挙がありそうな雰囲気ですので、これから鋭意、張ろうと思っています。

 ポスター中に掲載の「民無心不立」は民衆の信頼が無ければ政治は成り立たないという論語の言葉からとりました。民衆の信頼を失った安倍は、最早政治を司る資格はないという抗議の意味を込めました。

 このポスターを自宅あるいは自宅周辺に張ってもいいという方は、事務所までご連絡して下さい。事務所からポスターをお持ちいたします。選挙が終わればポスターは直ちに撤去いたしますので、ご協力いただければ幸いです。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

何とも軽い、日本ファーストの会の立ち上げ

8月8日(火)

 内閣改造が行われ、先週末に、マスコミ各社が世論調査を行いました。
超スーパーコピー時計
ロレックス スーパーコピー
ウブロ スーパーコピー
ルイヴィトン スーパーコピー
バレンシアガ スーパーコピー
 今回は傾向が大きく分かれました。支持率が回復して、支持と不支持が再び逆転したと報じたマスコミもあれば、支持率の回復は軽微で、依然として安倍政権に厳しい目が向けられていると報じたところもありました。

 普通に考えれば、内閣の顔ぶれを変えただけで、支持率が上がるはずはありません。何か仕事をして変わるというのならともかく、トップに安倍総理がいる限り、どうあがいても安倍さんの考え方の中で仕事をするしかないので、期待しようがないはずですが、そこは質問の仕方によって、結果は変わってくるのでしょう。

 言葉ばかりが躍る安倍政権ですが、今度は「仕事師内閣」だそうです。

自分は大臣になりたくないと公言していた人が、派閥順送りで大臣なってしまいました。その人が、早速、失言をしました。いわく「役所が書いたものをしっかり読む」「自分は沖縄・北方領土について素人だ」。こんな人が大臣になってまともな仕事ができるはずはありません。

まだまだ、隠れた江崎さんがいるはずです。したがって、これからも、どんどん大臣不適格者がでるはずです。第一安倍内閣の末期がまた再現されるのかと思うとうんざりします。

また、「問題ない」発言を繰り返す菅官房長官が再任されたのにも呆れます。どんな問題が発生しても、問題ない、問題ないを連発する。今度も国家戦略会議に加計学園関係者が出席していたことを隠していたことについて、問題ない発言をしました。問題ないしかいえないのなら、官房長官などいりません。

 ところで、昨日「日本ファーストの会」というものができたそうです。トランプのアメリカファーストがこれだけ評判の悪い中で、随分、勇気のあるネーミングだと思います。

 主たる公約が自民党の受け皿ということのようです。憲法はどうするのか、集団的自衛権についてはどんな意見を持っているのか、共謀罪をどうするのか、財政再建はどう考えているのか、社会保障をどう継続可能なものにかえていくのか、せめて、これくらいの点については、発足時にはっきりさせてもらわないと困ります。


 ともかく、ファーストの会とさえ名乗れば、一定の支持がえられると思っているとすれば、これほど国民をバカにした話もありません。

 それでも、政治家でそこに行かざるを得ない人もいるかもしれません。騙されてはいけません。しっかりと政策と人物を見分ける目を持たなければいけません。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで