記事一覧

12月29日(木)アジアを忘れた安倍さん  

12月29日(木)アジアを忘れた安倍さん

 昨日、安倍総理が真珠湾を訪問しオバマ大統領と一緒に演説をしました。

 演説の中心課題は真珠湾攻撃があったにも関わらず、戦後、日米両国は強いきずなでつながれた同盟関係を築き上げたという点でした。

 確かに敵国同士だった日米が平和友好関係を構築したことは、和解の象徴であることは間違いありません。

 ただ、日本は日米開戦に先立ち、朝鮮、台湾、中国を次々と植民地化してきました。また、真珠湾攻撃の後は、すぐに東南アジアに攻め込み、多くのアジアの国々に多大な被害を与え多くの市民が日本の侵略の犠牲となりました。

 そうであれば、真珠湾で誓う、不戦の言葉には、犠牲になったアジアの人々に対する反省の言葉が一緒でなければいけないと私は思います。そこに全く触れないところに、安倍さんの歴史認識がよく表れていると思います。

 そして、真珠湾から帰ってきたばかりの安倍さんの盟友の防衛大臣が、今日、靖国神社に参拝しました。ここにはアジア侵略を進めた当時の指導者が合祀されています。

 攻め入った方は忘れても理不尽に攻め込まれた方は、決して忘れません。無神経さに呆れます。これでは、いつまでたっても、日本はアジアの国から信頼されません。

 これが今年最後のブログになりますが、私が地元を回っていて、もっとも多く聞かれたのは、安倍さんは、どうして海外にばかり行っているのだという声でした。さらに、外国に行く度に、多額の援助を約束しているが、一体、あのお金はどこから出ているのかという疑問でした。

 安倍さんは今年、66か国を訪問したそうです。確かに、訪問するたびに、多額の援助をしたことが報じられました。援助の中身は、ほとんどがODAだと思います。

 中には無償援助もあるでしょうが、大半は有償援助、つまり資金を貸し付けているだけだとは思います。それでも、万が一焦げ付けば、ツケは国民に回ってきます。そうした説明が一切なされないままに、援助をばら撒いているところに、多くの方が不信感をもっているのだと思います。

 民進党もこうした国民の疑問にしっかりと答えるように来年は鋭い質問をしていかなければなりません。

 今年も一年間お世話になりました。来年が皆様にとって良い年になりますように、祈念致します。

ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

安倍さん、テレビでいくら説明しても逆効果ですよ

12月19日(月)

 日ロ首脳会談が失敗に終わった後、安倍総理は続けざまにテレビに出ています。昨日も、すぐにまわしてしまいましたが、複数のテレビに出演し、日ロ首脳会談の成果について説明をしていたようです。

 どう説明しようが、失敗は失敗です。共同通信の世論調査でも、日ロ首脳会談を「評価する」とした人は38.7%で、「評価しない」の54.3%を大きく下回っていました。

 その結果、安倍内閣の支持率は約6%下落し、55%になりました。本当はもっと減ってもいいはずですが、安倍総理がテレビに出ずっぱりだったことが、支持率下落に歯止めをかけたのかもしれません。

 これで外交に懲りたのかと思いきや、年末のパールハーバーに次いで、来月にはオーストラリア、ベトナムなどを歴訪した後、再び、トランプ新大統領と来月末にも会談をしたいようです。安倍さんにとっては会うことが重要で、話の内容はどうも二の次のようです。

 外ばかり向いている間に、日本ではあっという間に、墜落したオスプレーの飛行が再開されそうな雲行きです。

 墜落原因が明らかになっていないうち、しかも墜落してからまだ数日しかたっていないのに、飛行再開とはとんでもない話です。日本政府として断固抗議しなければいけないのに、防衛大臣はいとも簡単に飛行再開に同意してしまいました。

 沖縄知事が激怒したのも当然です。米国国内で墜落したら、原因も明らかにならなり段階で飛行が再開されるとは到底思えません。米軍はやはり、日本は属国、ないし戦争で獲得した植民地としか見ていないということが、明らかです。

 先の世論調査でも、オスプレーの配備を見直した方がいいが、67%に達しています。また、強行採決されたカジノ法についても反対が70%もいました。

 これだけ民意とかけ離れた政治をしているのですから、支持率がこれから先、どんどん落ちてくることを期待します。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

独りよがりの安倍総理

12月16日(金)独りよがりの安倍総理

 鳴り物入りでプーチン大統領を故郷へ迎えましたが、大山鳴動して鼠一匹でなかったというのが、今回の日ロ首脳会談の結果でした。

 たった一日の滞在ならば、わざわざ山口に行って、多額の警備費用を掛ける必要が本当にあったのか問われなければなりません。

 今月末のパールハーバー訪問も、そこでオバマ大統領と同席するところに、安倍総理にとっては意味があるようです。

 どちらも中身よりも、自分が世界のリーダーと肩を並べる大物になったということを示したいがためのパーフォーマンスに見えてしまうのは、私だけでしょうか。

 言うまでもなく、今回の日ロ首脳会談の主要テーマは北方4島の帰属問題と、日ロ平和条約の締結です。何の進展もないままに日本が一方的に経済協力を約束したのでは、一体何のための会談だったのか、全く意味が分かりません。

 これまでも安倍総理は何回も海外を訪問してきました。日本の総理が海外に出かけその国の首脳と会談するのは、基本的にはいいことです。

 しかし、安倍総理の場合は、どこにいっても資金援助を約束するだけです。日本国内に経済問題がないのならまだしも、6人に一人の子供が貧困に苦しんでいるとき、総理はもっと国内問題に真剣に目を向けるべきではないでしょうか。

 国会では、カジノ法を持ち出すまでもなく、安倍自民党は数の力で、強行採決を繰り返してきました。安倍総理の議論を無視した発言を聞いても、安倍総理はますます独りよがりになっているような気がします。

 自民党内でも制御不能になってしまった総理に対して、今ほどしっかりと野党がチェック機能を果たす必要を迫られているときはありません。

ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.com」まで

年金カット法強行採決に反対する総支部統一行動

ファイル 740-1.jpgファイル 740-2.jpg

12月11(日)

 本日、民進党千葉県第6区総支部で「年金カット法強行採決に反対する」街頭演説を選挙区の各所にて行いました。市川市議の石原よしのりさん始め党員のボランティアの皆さんと安倍政権の暴走を訴えて参りました。

安倍政権、失速。

11月24日(木)

 今日は、半世紀ぶりの11月の大雪に見舞われています。安倍政権の前にも、今日のような雪景色が広がっています。

 安倍政権はアベノミクストと安倍の首脳外交の二つを両輪にして走ってきました。いまその両輪がパンクしてしまい、最早、前に進む推進力を失ってしまいました。

 アベノミクスの破綻は、とっくに私たちには明らかでしたが、マスコミ的には、まだまだ前途に希望があるように報じられてきました。しかし、ここにきて三本の矢が全て折れてしまったことが明らかになりました。

 日銀は異次元の金融緩和で物価を3年間で2%上昇させると約束していましたが、当の日銀がこの目標を達成不能と明言しました。異次元緩和では効果がないことが分かったら、今度は量より質だとばかり、物価上昇目標から、長期金利をコントロールするという方針転換をしました。

 長期金利は景気の先行きを反映するものです。それを日銀が無理矢理コントロールしようとすれば、債券市場が正常に機能しなくなってしまいます。すでに、日銀は株式市場にも強引に介入しており、日本の市場は官製相場と批判されています。こんなことを続けていれば、いずれ日本の市場は世界から見放されてしまいます。
 
 第二の矢の機動的な財政運営も、金融と財政の境が無くしてしまっては、機動的もなにもありません。

 安倍さんが頼りにしていて成長戦略の目玉でもあったTPPはトランプ政権の誕生によってなくなってしまいました。もとより、TPPが成長戦略の目玉になりようもありませんが、安倍さんは、そこに賭けてきました。

 これでアベノミクスは完全に破たんしました。

 安倍政権のもう一つの目玉が外交戦略でした。政府専用機をプライベートジェットのように使い、世界中を飛び回って、援助という現金をばら撒くという派手な演出をしてきました。

 とりわけ、米国とロシアに肩入れをし、何らかしらの“歴史的成果”をあげることを目指してきました。

 その目玉が集団的自衛権の行使であり、日ロ平和条約です。来月にプーチン大統領を故郷に招き、ここで一気に決着を図るつもりだったようです。しかし、交渉を前に、ロシアは国後、択捉に何と、ミサイル基地を建設したことを発表しました。

 これで、国後、択捉の二島は帰ってこないことが明らかになりました。これでは、仮に日ロ平和条約が結べたとしても、交渉は失敗です。

 安倍さんはクリントン大統領を予想していましたが、見事に外れました。トランプが勝つと、すぐにニューヨークに飛んでいき、いち早く、TPPに加入してくれるように頭を下げ、信頼関係が築けると胸を張りました。

 しかし、そのすぐ後で、トランプはTPPには加盟しないことを明言しました。見事、失敗でした。

 安倍外交のもう一つの目玉がインフラ輸出でした。インド、トルコ、ベトナムなどに原発を輸出するとしていましたが、ベトナムへの原発輸出は取りやめになってしまいました。もとより危険な原発を輸出するなど言語道断ですが、それを進めてきた安倍政権にとっては失敗です。

 これ以外にも、フィリッピンのドテルテ大統領に大型巡視船二隻をプレゼントし、中国をけん制するようにお願いしましたが、それも、その後、ドテルテが習近平と会談し、無駄になってしまいました。

 このように安倍政権の両輪を担ってきたアベノミクスト、外交の二本の柱が折れてしまいました。

 これまでさんざん、時間とお金をかけて進めてきた政策が失敗したのですから、当然、責任をとって辞めるのが筋です。今こそ、民進党は安倍の退陣を求めるべきです。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

異端児トランプ氏がアメリカ大統領に

11月10日(木)

 アメリカの大統選でトランプ氏が当選しました。

 マスコミではクリントン氏の当選を予想していただけに意外な結果に世界中が大騒ぎになっています。

 選挙を闘っている身からすると、「選挙では何が起こってもおかしくはない」と思っています。したがって、二人の有力候補のうちの一人であるトランプ氏が勝っても不思議でもなんでもありません。

 英国のEU離脱を問う国民投票でも事前の予想は離脱反対だったのが、開けてみれば離脱になってしまったという例が直近にありました。だからトランプが勝つこともありうると私は思っていただけに、それほどの意外感はありませんでした。

 ただ、どうしてこれほど世論調査が外れたのかは興味があります。テレビ報道などでは「隠れトランプ支持者がいたから」と分析している局もありました。すなわち、世論調査などで聞かれると、恥ずかしいからトランプ支持と言えない有権者がたくさんいて、それを読み切れなかったという分析です。

 でも、トランプ氏の過激で下品な発言にうんざりしている人がたくさんいる一方、クリントン氏の政治エリート的な発言に反発をしている人もたくさんいた訳ですから、あまり言い訳にはならないような気がします。

 世論調査を含めた既存のマスコミの政治報道にうんざりした人がたくさんいて、その結果、勝つと予想したクリントン氏に反対票を入れた人がたくさんでたというのが真相に近いのではないかと私は思います。

 残念ながら日本の有権者はその逆です。マスコミが世論調査で勝つと言った方に、みんなが乗ってしまうから世論調査が外れようがない。結果が分かっているのならば投票に行く必要がないと、投票率が下がってしまうのが日本です。

 世論調査も外れることがあるというのを日本の有権者が認識すれば、次は世論調査の結果に左右されない選挙戦ができるのではと期待をします。

 さて、ともかく来年にはトランプ大統領が誕生します。どんな影響があるのかがもっとも心配な点です。

 トランプ氏の発言の特徴は責任を他に転嫁することでした。米国で中間層が減ったのは移民が増えたから、米国の製造業が落ち込んだのは中国や日本からの輸出が原因だ、米国の財政赤字が増えたのは同盟国が防衛費の負担を十分にしていないから、など、責任を外部に求めています。

 選挙中に言った、対応策は単純そのものでした。移民を減らす、輸入には高関税を掛ける、防衛費を外国に負担させる。

 候補の時の発言と、実際に大統領になった時の政策は異なるのが普通です。したがって、そのまま実行に移すとは考えられませんが、危険性が零ではありません。それが“トランプリスク”です。どうしたら、リスクを回避できるのかに、すぐに取り組まなければなりません。

 でもいいことも無いわけではないと思います。

 沖縄の普天間基地の辺野古移転や米軍基地を減らす問題など、行き詰まっている日米の外交交渉がトランプ氏によって進展する可能性もあります。

 トランプ氏が言うように米国がいつまでも世界の警察官を務める訳にはいきません。国連が世界の警察官の役割を務める議論のきっかけになればと、考えるのは私一人ではないでしょう。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

情けない、「核兵器禁止条約」反対

10月28日(金)

 このところ、「今日の一言」の更新が遅れがちで申し訳ありません。

 毎日朝から晩まで、地元を回っていますので、なかなか時間が取れませんでした。

 今日は、幸い?午前中から雨でしたので、書くことが出来ます。

 地元を回っていて驚くのは、まだ多くの人が民進党に変わったということを知らないことです。あれだけ新聞やテレビで毎日報道されているのに、知らない人がいるなんて、と思う方がいるかもしれませんが、事実です。

 また、民進党に対する信頼が戻っているという状況には残念ながらなっていません。依然として「民進党はバラバラだ」という批判を受けます。「反対ばかりしている」という批判も、多くあります。

 もう民主党を結成してから20年もたつのですから、かつてのバラバラ感は大分払拭されているはずですが、一度染み付いた印象は中々抜けないようです。

 民進党は野党ですから、政策を提言しても実現させることはできません。マスコミの関心は民進党がまとまっていることより、バラバラの方が記事になりますから、どうしても反対をしている話題や、党内で批判的な意見ばかりを取り上げる傾向があります。それが、反対ばかりやバラバラ感につながっているのではないかと思います。

 このマイナスのイメージをなくさないと、民進党への信頼感が戻ってきませんし、民進党に対する期待も高まってきません。

 マスコミを変えることは出来ませんが、何とかしないと、どうにもなりません。

 ところで、今日、日本が国連に出された「核兵器禁止条約」に反対したというニュースが流されていました。唯一の被爆国なのに、米国の核の傘に守られているから、反対できないというのが理由だそうですが、全く情けない話です。

 来日しているフィリッピンのドゥテルテ大統領は「米国はフィリッピンを犬扱いにした」と怒りを露にしたと報道されています。だから尊厳を取り戻すために、米国に強く出ているそうです。 

 「一寸の虫にも五分の魂」という言葉があります。いろいろ言われていますが、ドゥテルテは、たいしたもんだと思います。日本のように米国の言いなりになっていて、大国だと思い込んでいるのは、傍から見ていれば滑稽そのものです。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

解散は間近か?

10月19日(水)

 衆議院の解散総選挙があるのかどうか、連日、マスコミを賑わしています。私は年明けに選挙があると思っています。

 その理由は第一に自民党の大会が一月から三月に延ばされたこと。第二に5月には衆議院の選挙区の見直しが行われること、第三には7月に東京都議選が行われることが挙げられます。

 党大会を延期したのは安倍さんの総裁任期を延長することに関連しています。選挙に勝って後3年総裁として君臨したいという気持ちが安倍さんに強いということです。

 5月に選挙区の見直しが行われると告知に半年間を要します。したがって、この機会を逃すと、選挙は年内できないことになります。

 7月の都議選は公明党が最も重視している選挙です。最低5か月は選挙の準備期間が欲しいというのが公明党の意思です。そう考えるとやはり時期は1月か二月しかありません。

 来年末になるとアベノミクスの破たんもより明確になりますから、選挙をするタイミングを失ってしまう可能性があります。

 それやこれやで来年の通常国会冒頭に解散する可能性がかなり高いと私は考えています。

 そこで、というわけではないのですが、毎日、地元周りをしています。

 一番大きな声は、民進党は政策がはっきりしないという批判です。

 例えば、原発の再稼働に賛成なのか反対なのか、沖縄の普天間基地を辺野古に移転することに賛成しているのか反対しているのか、また、憲法改正(特に9条改正)に賛成なのか反対なのか、これらの点について明確な方針が出ていないという不満が多く出されます。

 私個人の意見は何度もここで表明させて頂いているように、全て反対です。民進党としても、国民がもっとも関心を持つ、この三点についてしっかりと反対を打ちだすべきだと私は思います。

 民進党についていろいろ批判されますが、私は、「野党がしっかりしなければ政治は良くならない」と言うと、ほぼ全員、その通りと答えてくれます。

 今の一強多弱を良いと思っている人は極めて少数です。与野党が切磋琢磨することが国民にとって、最も良いということを強調することで、どうか民進党を支持してくださいとお願いしています。

 これに加え、社会保障と、経済対策で自民党との違いを明確に打ち出すことが出来れば支持が広がっていく余地は十分あると思います。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで