記事一覧

※事務所より「いのちのフォーラム」のチケット販売のご案内

ファイル 780-1.jpg

【※事務所より「いのちのフォーラム」のチケット販売のご案内】
  
 下記フォーラムのチケットを幣事務所であっせん販売いたします。
 ご希望の方は5/13(土)までに生方事務所迄、お電話・メールにてお問い合わせください。
 なお、締切日を過ぎた場合は直接、チケットぴあ・いのちのフォーラム実行員会事務局(03-3466-1558月~金11~16時)にお問い合わせをお願いいたします。

日 時 6月11日(日) 開演17:00~20:00(開場16:15)

場 所 NHKホール 渋谷区神南2-2-1

主 演 田中 健 市毛 良江 他

第一部 朗読劇「兄のランドセル」 ~ いのちの政治家
                   山本孝史物語 ~
   
第二部 トーク「新たに、”いのち”への思い」
~がん対策基本法/自殺対策基本法から10年の振返りとこれから~

第三部 フィナーレコンサート「あなたがいるから」
東日本大震災で被災した岩手県釜石市と大槌町の皆さんと共に

※詳細はHPをご参照ください。
S席/3,000円 A席/2,000円 B席/1,000円 にて販売します。

もう総理のしたり顔を見るのはたくさんだ

5月10日(水)

 昨日、一昨日と国会で集中審議が行われました。

 時間があったので、じっくりと聞きましたが、議論は一向に深まりませんでした。その理由は、総理にあります。

 何を聞いても、総理は質問にまともに答えません。まず関係のない話を延々とする、そして肝心の質問に対しては、ほんの少し、どうでもいいことだけを話す、これではいくら質問時間があっても議論は深まりません。

 もちろん、質問する側にも問題がありますが、やはり第一義的には総理にその責任があります。自信満々に、答えをはぐらかす。まったくたちが悪い。

 それもこれも、総理の支持率が高いことに原因があります。総理が憲法改正を言ってみたり、それに対しての答えが、読売新聞を見ろとか、自民党総裁としての発言で総理としての発言ではないと、はぐらかしたり、およそ、誠実な人間の態度ではありません。

 こんな人間が5年も総理をやっているのですから、日本が良くなるわけはありません。

 お隣韓国では新しい大統領が誕生しました。報道をみると、若い人が選挙に積極的に参加していました。うらやましい限りです。

 日本でも、安保法制反対の時や再稼動反対で、沢山の若い人たちがデモに参加しましたが、こと選挙ということになると、全く白けてしまうというのが現状です。

 ここを突き破っていかないと、いつまでも安倍総理の“したり顔”を見続けなければなりません。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

憲法の敵、安倍総理を退陣に追い込もう

5月4日(木)

 昨日、松戸市民会館で開かれた憲法集会に行ってきました。なんと、あの市民会館が満員で、座りきれない人が壇上や、階段に座って講演を聞くという盛会でした。1300人以上が参加しました。

 市民団体共同主催の憲法集会は毎年、憲法記念日に開かれています。私が参加したのは初めてでしたが、これほど多くの市民が憲法に関心を持ち、憲法が改悪されるのではないかという危機感を持っていることに、本当に勇気をもらいました。

 松戸駅で駅立ちなどをしていると、どうして、市民はこんなに政治に関心がないのだろうかと、がっかりしてしまうことが、多々ありましたが、通勤途中では、そんな話に耳を傾けている時間がないというのが、本音だったというのが分かりました。

 講師はサンデーモーニングでお馴染みの岸井さんでした。病気をしたということでしたが、力強い言葉で、安倍政権の危険性について語ってくれました。

 おりしも、憲法記念日にあたって、安倍首相は、2020年までに憲法を改正したいというメッセージを憲法改正を目論む集会でビデオメッセージという形で表明しました。

 首相は憲法を守る義務があります。また、首相は行政府のトップであって、憲法改正の発議権はありません。

 今回の首相の行為は明らかに立法府に対して越権行為であり、憲法改正の中身やその時期についてまで言及することは、明確に立憲主義に違反しています。

 しかも、憲法9条そのものを改正しようとしていることが明らかになりました。自分で憲法に違反した集団的自衛権の行使を法律で決め、今度は、憲法そのものを法律に合わせて改悪しようとする、なんという法治主義を無視した行為でしょうか。

 こんなことを許してはなりません。来週には、森友問題が再び国会で取り上げられます。首相夫人の、学校建設に密接に係わっていたことが、追及されるはずです。今回の憲法改正のメッセージは、これをはぐらかす目的もあったのではないかと推測します。

 森友問題にかかわっていたら、総理も議員も辞めると公言していましたから、この問題を徹底的に追及することで総理を退陣に追い込まなければいけません。
 
 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

連休の合間に米艦警護、その狙いは

5月2日(火)

 連休の合間ですが、いかがお過ごしでしょうか。

 こんな時でも政府は、“きちっと”、集団的自衛権行使に向けて行動をしています。昨日、横須賀から、米軍の補給艦を四国沖まで警護するために海自最大のヘリ空母「いずも」を出航させました。

 自衛隊は米軍から要請がなければ派遣できませんし、派遣するには国会できちんと主旨を説明しなければなりませんが、連休中ということもあって一切政府からは説明がありません。

 いつ、米国から要請があったのか、どんな脅威があって、自衛隊に警護を要請したのか、なぜ、ヘリ空母を派遣したのか、疑問だらけです。

 狙いは集団的自衛権行使という違憲行為を、実績を積み上げることによって、合憲行為にしようということです。

 米軍の補給艦が太平洋を航行中に攻撃されるはずは現状ありません。また、本当に警護することが目的であれば、自艦を守る力しかないヘリ空母を派遣するのは筋違いです。

 政府にとっては日本もすぐに空母に転化できるヘリ空母を持っているということを世界に誇示するとともに、警護活動を実施したということが大事だったわけです。

 米艦警護が常態化すれば、ますます日米の軍事一体化が進みます。自動的に自衛隊は米軍の戦争に巻き込まれます。自衛隊は盾、米軍が鉾という役割分担が無くなり、自衛隊は米軍の指揮下に入ってしまいます。

 こんな重大なことが、連休中に行われる。安倍政権の姑息さがよく表れています。きちっと反対の声を上げていかなければいけません。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

メーデーに行ってきました

ファイル 776-1.jpg

4月29日(土)

 松戸西口公園で開かれた第88回メーデーに参加してきました。

 挨拶で、安倍政権は末期状態に陥っている、退陣してもらう必要がある。安倍総理は、森友疑惑で、突然、政権を投げ出すこともあるかもしれない。あるいは解散するかも知れない。それに備える必要がある。

 ここ30年間で企業の経常利益は倍になったが、労働者の賃金は全く上がっていない。大企業しか見ていない自民党政権を変え、賃金もきちっと上げる民進党政権に変えなければいけない、と檄を飛ばしてきました。

 今日から連休という方も多いと思います。27日のこの欄でお願いした、スローガンと公約の件、是非、連休中にご意見をお寄せいただければと思います。

 皆さんの意見を参考に、連休明けにスローガンと公約を決めようと思いますので、宜しくお願い致します。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

選挙公約、キャッチフレーズについてご意見を求めます

4月27日(木)

 ついにというか、やっと今村復興大臣が辞めました。当然ですが、派閥の首領である二階幹事長が、こんなことで辞めさせられてはたまらないと、マスコミ批判をしました。やはり、体質は何の変化もないということです。

 政界は「一寸先は闇」です。すぐに解散総選挙はなさそうですが、突然、解散ということになっても、なんら不思議はありません。

 私は、選挙用のポスターや公約などは、選挙直前に作るのが普通でした。その時の状況を見ないと、適切なものが作れないからです。

 しかし、今回は、自分たちだけで作るのではなく、有権者の皆様と共同で、キャッチフレーズや、公約を考えていきたいと思っています。

 まず、次の選挙の最大の焦点ですが、安倍政権をこのまま続けさせていいかという点です。政見交代が望めるのならば、それを掲げるべきですが、今の状態では、何をバカなで、かえって反発されてしまうかもしれません。

 だから、ともかく、自民党の現有議席を最大限減らすということに、全力を注ぐべきだと考えます。

 では、どんなキャッチがいいのか、あるいは、もっと大事な焦点となるような点があればご指摘いただければありがたいと思います。キャッチフレーズはポスターや公約の見出し部分に使います。

 次に公約です。安倍政権が進めてきた政策によって、様々な部分に大きな歪が生まれています。その最たるものが格差です。したがって、格差是正は入れなければいけません。

 ここで重要なのは単に反対をいうのではなく、どうしたら格差を無くすことが出来るかの具体策です。安倍政権は一応、同一労働同一賃金を打ちだしていますが、実態は程遠いものです。

 これを担保するためには法律によって、それを定めなければなりません。実施したら負担が大きくて倒産する恐れのある中小企業に対しては、税制面での優遇措置や補助金を支給する必要があります。

 また、安倍政権によって強引に進められてきた立憲主義を否定する動きをきちっと止めなければなりません。その中には憲法に違反している安保法制の廃止や、内心の自由を侵す共謀罪の廃案などを盛り込まなければなりません。

 さらに民意に反して進められてきた原発の再稼動や沖縄の辺野古基地への移転にもしっかりとノーを突きつけなければなりません。

 原発に関しては2030年代にゼロではなく、直ちにゼロと打ち出すべきです。そして大胆にエネルギーの主役を再生エネルギーにすることです。

 普天間基地の辺野古移転については、反対だけではなく、代替案として、国外移転であるグアムへの移転を進めるべきです。

 外にも公約として主張しなければならないことがあると思います。また、上記の政策についても、こうした方がいいという、ご意見が多々あると思います。連休中に皆様のお知恵を拝借できれば幸いです。宜しくお願い致します。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

子供だましの内閣府ポータルサイト

4月25日(火)

 今日は、北朝鮮軍発足85周年の記念日です。この機会に北朝鮮が核実験とか、新ミサイル実験など、新たな挑発行為をするのではないかと心配されますが、いまのところ、不穏なニュースは流されていません。

 北が挑発行為をして米国が、それに反発して武力行使をすれば、韓国だけではなく日本にも報復の攻撃がなされることが想像されます。

 国民の不安が高まって、内閣府が作った国民保護ポータルサイトにアクセスが殺到しているとのことです。

 どんなサイトなのか覗いてみました。いわく、屋外にいた時には速やかに頑丈な建物や地下街に逃げ込む、建物がない時には物陰に身を隠す、屋内にいた場合は窓から離れる。とかが、対策だというのです。

 本気で、こんな対策で防げると政府は考えているのでしょうか。相手はミサイルです。しかも核や化学兵器による攻撃も考えられます。それも10分以内に飛んでくるのです。この程度で防げるはずがないことは子供でも分かることです。
 
 北が攻撃してくるかもしれない、と不安を煽っておいて、対策がこれでは、お粗末を通り越しています。

 だから、防空壕を作るなど、もっと大規模な対策を打てと言っている訳ではありません。もし攻撃を受ければ、100万人単位で被害がでるということです。とても、防げるわけではありません。

 避難訓練を定期的に実施し、防空壕などの整備を進めている韓国でも、北が攻撃をしかけてくれば、あっという間に、最低でも100万人単位で被害がでるということです。

 つまり、戦争をするわけにはいかないということです。政府は、こんな何の役にも立たない対策サイトを作るのではなく、もっと真剣に危機を取り除くために、北を会談の場に引きずり出してこなければなりません。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

政令市問題を考える「特別市民フォーラム」を開きました

ファイル 773-1.jpgファイル 773-2.jpg

4月24日(月)

 昨日、松戸市民劇場で鈴木康友浜松市長を迎えて「政令市移行は地域活性化の起爆剤」という演題で講演会をしました。

 鈴木市長は2000年の衆議院選挙で当選し、私と一時期、衆議院議員として一緒に活動していた仲で、今回の講演を快く引き受けてくれました。

 一人で浜松市からスーツケースを引き釣りながら来たところが、いかにも鈴木市長らしく、変わっていない姿がうれしかったです。

 日曜日にもかかわらず、たくさんの方に着て頂きました。ありがとうございます。

 私は政令市にすることが松戸や市川の活性化につながるのではないかと、思い、そういう観点から鈴木市長に話をしてもらえると思っていましたが、鈴木市長の考え方は違っていました。

 大事なのはいかに、市の権限を強めるのかということで、いまの政令市では十分ではないということでした。

戦後すぐにできた地方自治法には特別市制度が盛り込まれていました。しかし、権限を奪われると府県が反対し、1956年に地方自治法が改正され、権限移譲を弱めた形で出来たのが政令市だという話でした。

鈴木市長は、この特別視制度を復活させることが、地方分権を進める最高の手段だと訴えました。今の政令市では、依然として県の干渉があり、地方分権が思うようにすすまないということでした。

 そこで、いま全国の政令市長や国会に、特別市を復活させるように働きかけているということでした。そうすれば、特別市に権限が集まり、道州制導入への道が開かれると鈴木市長は話しました。

 また、もう一つ、私は人口を増やして200万以上の政令市にするのがインパクトがあると考えていましたが、鈴木市長は50万から100万人の人口がもっとも、市としてのまとまりが、保てるという話でした。

 ただ大きくすればいいということではないようです。

 非常に参考になる考え方でした。ともかく、意欲のある市長がリーダーシップを発揮することが、地域を元気にする一番だと、つくづく感じました。

 市民の皆様と一緒に、この問題はこれからも考えていきたいと思います。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

“安倍高支持率神話”に終止符を

4月21日(金)

 これを末期症状と言わずして何というのでしょうか。

 自民党議員の不祥事が相次いで起こっています。稲田防衛大臣、金田法務大臣、今村復興大臣、山本地方創生大臣など、そもそも大臣になる資質の無い人間が大臣になり、相次いで暴言をしています。この他に古屋選対委員長も沖縄の人を侮辱した発言をしました。

 ふつうの状態であれば、とっくに辞任していなければいけないにもかかわらず、安倍内閣は高い支持率に胡坐をかき、開き直っています。

 安倍総理その人の妻が、ウソをついたかもしれない件に関しても、何の調査もしないまま放置されています。総理は総理本人に対する疑惑と言ってもいい事案にもかかわらず、平気でわれ関せずの発言をくりかえしています。

 上がそれならということでもないでしょうが、副大臣や政務官にもひどい人間がたくさんついていることが次々に明るみにでています。中川政務官の件に関しては、政務官どころか議員、ひいては人間としても失格です。

 末期症状になっているものを放置したら死に至ります。日本の状態はそれに近づいています。

 この状態が放置されているのは、ただただ支持率が下がらないということから起こっています。

 安倍政権も5年目を迎えて、長期政権の弊害が顕著になっています。驕り、たるみ、ゆるみ、全ての悪い面がいま、噴き出しています。こうした不祥事が重なれば、いずれボディブローのように効いてくるはずです。

 あっという間に支持率が下がる日を心待ちにしています。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

いまこそ冷静にならなければいけません

4月17日(月)

 世界がきな臭くなってきています。米国はシリア爆撃に続き、アフガンで原爆以外で最も威力がある爆弾をアフガンに落としました。そして、次はオーストラリアに向かっていた空母艦隊を朝鮮半島に向かわせました。

 折から北朝鮮では金日成誕生105年記念祝典が開かれており、北朝鮮は式典終了後直ちに対抗手段としてミサイル発射実験を行いました。

 このままエスカレートすれば、米国が北朝鮮に攻撃をしかけることもあるのではないかと懸念されます。

 米国大統領府は軍事以外の平和的手段で、北朝鮮に無謀な試みを止めさせるために努力すると、一応、軍事行動は自粛する声明を出していますが、だからと言って、安心という訳にはいきません。

 米軍が軍事行動をすれば、北朝鮮が反撃をすることは、100%間違いありません。韓国と日本がその対象です。日本がやるべきことは、トランプのこうした直情的な行動を無批判に支持することではないはずです。

 軍事手段に訴えれば、被害は日本、韓国の国民ばかりではなく北朝鮮の国民にも及びます。万が一核が使われるようなことがあれば、被害はけた違いになります。そうなる前に、何としても北朝鮮を交渉の場に出さなければいけません。

 北朝鮮の行動に腹が立ちますが、ここは冷静に対処しなければいけません。まず、話し合いのテーブルに出すことが重要です。

 今は疎遠になりつつありますが、中国と日本の間にはかつて太いパイプがありました。それを活かすべきです。金正日の行動には腹がたちますが、もうすでに核もミサイルも持っているのですから、それを前提として考えなければなりません。

 話は変わりますが、松戸市の小学生が殺害されるという悲劇が起きました。犯人は保護者会の会長ということで衝撃が走りました。

 実際には会長が犯罪を犯したというより、自分の欲望を満たすために会長になったという面が強いようです。とんでもない話です。黙秘しているというのも許せません。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで


     ★生方幸夫「特別市民フォーラム」のご案内

日 時   4月23日(日)午後6時30分

場 所   松戸市民劇場 大ホール

演 題   「政令市移行は地域活性化の起爆剤」

講 師    浜松市長 鈴木康友氏

会 費   無料