記事一覧

朝の駅頭&拡大市民フォーラムのお知らせ

ファイル 685-1.jpg

4月5日(火)

花冷えの雨の中、松戸駅東口にて早朝より皆様のご挨拶させて頂きました。千葉県議の安藤淳子さん、松戸市議の関根治朗さんも応援に駆けつけてくださいました。

○拡大市民フォーラム 「東日本大震災、5年目の現実」

講 師 桜井勝延 氏(福島県南相馬市長)

日 時 4月6日(日)午後6時30分より

場 所 松戸市民劇場

会 費 無料

朝のご挨拶

ファイル 684-1.jpg

4月4日(月)

本日は早朝より雨が降りしきる中、JR市川駅北口におきまして皆様にご挨拶させて頂きました。市川市議の石原義規さんも応援に駆けつけてくださいました。

街頭演説

ファイル 683-1.jpgファイル 683-2.jpg

4月3日(日)

 本日は朝から夕方まで選挙区内の各所で街頭演説いたしました。民進党への期待と励ましの声を数多く寄せて頂きました。

ボランティアスタッフ募集

ファイル 682-1.jpg

4月1日(金)

 今日から4月です。松戸も桜が満開になりました。

 今日は八柱、新八柱駅で駅立ちを行ないました。

 安藤じゅん子県会議員、関根ジロー市議会議員と一緒に挨拶をしました。

 4月3日の日曜日に街宣車をまわし街頭演説を行います。新聞を配るお手伝いの方を募集します。事務所まで電話を頂ければ幸いです。番号は047-330―2500です。

 場所は松戸市と市川市です。時間は朝10時半から午後4時くらいまでです。宜しくお願いします。

暖かい眼差しで迎えられた民進党

ファイル 681-1.jpgファイル 681-2.jpg

3月31日(木)

 民進党が出来てから初めての駅立ちを松戸駅西口で行いました。

 まだ、新しい旗もなく、ロゴマークも決まっていない中での駅立ちでしたが、何とか暖かく新党誕生を受け止めてくれたようです。

 1月に新年号をお配りするための駅立ちをしましたが、その時よりだいぶ、反応が良かったように感じました。

 安倍総理はこれまでの報道を見ると、衆参同日選挙を決断したようです。

 7月10日が投票日とすると、会期末の6月1日に衆議院解散、6月28日、衆議院選挙公示というスケジュールになります。

 5,6月とたった二ヶ月しかありません。自民党一強支配の、政治を打破するために全力で頑張りますので、ご支援を宜しくお願い致します。

 明日は八柱で駅立ちをしますので、通勤で八柱、新八柱駅をご利用の方は、声を掛けてください。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

違憲状態を政権交代によって元に戻さなければいけません

3月30日(水)

 昨日、安保法制が施行されました。これで、日本は集団的自衛権を行使できるように大きく変化してしまいました。

 もとより歴代内閣が、集団的自衛権の行使は憲法上できないとしてきたものを、安倍内閣が勝手に解釈を変えたもので、多くの国民は、この暴挙を認めていません。

 あらゆる法律は憲法に違反してはいけない、というのは立憲主義の原則です。安倍内閣はこの大原則を無視したわけですから、安倍内閣の存在自体が憲法違反だと言えると思います。

 ドイツのように憲法裁判所があれば、安保法制は直ちに違憲の判決が出て無効になるのですが、日本にはありません。

 安保法制は憲法に違反しているという裁判も起こされていますが、結論がでるまでに時間がかかりますし、実際に最高裁が判断をするかどうかもわかりません。

 このまま時間が過ぎていけば、安倍政権は安保法制に基づいた、自衛隊の変質を進めていくはずです。そうなる前に、この憲法違反の安保法制を廃止しなければなりません。その唯一の手段は、次の選挙で野党が勝ち、政権交代を実現して安保法制を廃案にすることです。

 昨日の日経新聞の世論調査は、「安保法制を廃止すべきではない」という人が「廃止をするべきだ」という人より多くなったと報じていますが、時間の経過とともに、諦めてしまうというか、決まったことは仕方がないという人が増えてしまいます。

 政府もそれを狙って、安保体制が変わったという既成事実を積み上げていきます。だから一刻も早く政権交代をしなければなりません。

 それでも昨日、一昨日とシールズをはじめとする若い人たちが国会前に集まり、安保法制廃案の声を上げ続けてくれていることに、おおいに励まされます。安倍内閣の暴挙に対抗するためには、持続する反対運動が何より必要です。

 話は変わりますが、一昨日、2年間も行方不明だった女子中学生が無事発見されました。犯人が大学生だったというのが驚きでした。

 犯人はごく普通の学生だったという話が出ていました。そうではなくて自分の部屋に女子中学生を監禁しているという、事実があったから普通でいられたのではないでしょうか。異常な性格が露呈しなかったのは犯罪を犯し続けていたからに他ならないと思います。

 貴重な貴重な2年間を奪った卑劣な犯行をした学生が、普通であるはずはなく、普通に見えたのは人質を取っているという事実が彼の心を平静にさせていただけ、ということを忘れてはいけません。

 救助された女子中学生がお父さんに向かって笑顔で手を振ったという報道に、救いを感じます。周りがそっと見守ることを祈らずにはいられません。
 
 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

小さく生んで、大きく育てましょう

3月28日(月)

 昨日、民進党の結成大会に行ってきました。ニュースでご覧になった皆さんはどんな印象を持たれたでしょうか。

 民主党が誕生してから20年たちました。人間でいえば成人式を迎える年です。その時に名前を変えて出直すから過去のことは忘れてくれといっても、あまり説得力はありません。

 本当に出直すというのであれば、代表選挙を行なうしかなかったはずです。党員サポーターを入れた選挙を行なう時間がない、というのが代表選を行なわなかった理由のようですが、時間が無くてもやらなくてはいけないこともあるのだと思います。

 党名を変えるということにはいろいろな思いがあるはずです。それを代表選でぶつけあってこそ、新党名もみんなが納得する名前になったはずです。

 このままいくと代表選挙は参議院選挙が終わった後ということになりそうです。衆参同日選挙が行われる確率が半分以上あると思いますが、そうなると全ての選挙が終わった後に代表選挙ということになってしまいます。

 仮にダブル選挙が行われ負けてしまえば、代表選挙どころではないはずです。その意味でも代表選挙をやるべきだったと私は思っています。

 まあ、終わってしまったことは今更いっても仕方がありません。私も民進党の一員ですから、民進党を盛り立てて政権党にまで育て上げなければなりません。

 今日発表された世論調査を見れば、自民党の体たらくにみんなうんざりしているようですが、肝心の内閣支持率は下がっていません。

 選挙で自民党が勝ってしまえば、憲法改正が行われて、戦後、日本が築き上げてきた平和主義、国民主権、基本的人権の尊重という大事な三原則が危機に晒されます。

 それを阻止するためには、いまの民主党ではダメだという結論が出て、新党結成に至ったということです。これからやるべきことは野党共闘の輪をもっと広げていくことです。

 衆議院の小選挙区で野党協力をすることが自民党を破る出発点です。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

やりきれないテロの連鎖

3月23日(水)

 ベルギーでまた大規模なテロ事件が起きました。多くの方が犠牲になりました。一体、いつになったら、この悪夢の連鎖を断ち切ることができるのでしょうか。

 ISが犯行声明を発表したようです。これでEU諸国が中東からの難民を受け入れることはますます難しくなります。

 命を懸けて脱出した人を、再びシリアやその周辺に戻しても、生活が成り立つわけではありません。結局、また脱出を試みるしか生きる道はありません。

 でもどこの国も受け入れてくれないとなれば、子供やお年寄りなどの弱い人は放浪の末に命を落とすしかありません。

 そうなれば、そこで恨み、報復の種が生まれ、新しいテロリストが誕生してしまう危険性が増します。

 ISが最終的に何を目的にしているのか分かりませんが、とにかく世界中を混乱させようとしていることだけは確かです。したがって、これからも残念ながらテロ攻撃は続くでしょう。

 イスラム教の本来の教えは、みんなが安心して平和に暮らすということにあるはずです。それがどこでどう間違ったのか、ISに参加している人間にとっては、人々を混乱に巻き込むことだけが目的になってしまったようです。

 どんなに警備を強化しても、体に爆弾を巻き付け自分で起爆装置を操作する自爆テロは防ぎようがありません。指導者がいて命令を下しているというのでもあれば、交渉のしようもあるかもしれませんが、指導者も目的も分からない中では話し合いしようもありません。全く八方ふさがりです。

 私達に何ができるのか。即効薬はありません。遠い道ですが、テロの温床をなくすために貧困と差別をなくす努力をするしかないでしょう。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

理不尽なことが罷り通る安倍政権

3月19日(土)

 最近、理不尽なことが平気で行われているようです。

 前から教科書検定はおかしくなっていますが、高校向け検定でも、政府の意向を色濃く反映した教科書を押し付ける動きが露骨になっています。

 本来、検定制度は戦前の国の考え方を一方的に押し付けた国定教科書を変えるところから出発しています。しかし、安倍政権は自分の考え方にあった教科書を高校生に押し付けたいようです。

 おりしも、今度の参議院選挙から18歳投票権が導入されます。まだ、白紙の柔軟な高校生の頭脳に自民党的な考え方を押し付け、自分たちの政権がずっと続くように仕向けているとしか考えられません。

 法制局長官の核兵器の使用が憲法上認められないことはないという発言も飛び出しました。もともと憲法違反の集団的自衛権行使を、憲法違反ではないという判断をするために指名された長官と言っても、いくらなんでも酷過ぎる発言です。

 戦争を放棄している憲法の下で、「あらゆる種類の核兵器の使用が禁止されるという風には考えていない」とは、一体何を言いたいのでしょうか。こんな法制局長官などいりません。

 保育所が少なくて働きたくても仕事を辞めざるを得ないお母さんたちが多いというのに、東京に保育所を作ると便利になりすぎて、東京一極集中が進むから東京を不便にしないとダメと発言した自民党議員もいました。

 地方でも安心して働けるように環境整備するというのが故郷創生のはずが、そんな努力をするより東京を不便にした方がいいとは、なんと倒錯した考えかたでしょうか。

 既に成立している法案を、新規の法案提出の際に、平気で読んでしまった大臣もいたし、元気に重要閣僚としての仕事をこなしていた人が、金銭がらみの報道が成されると、証人喚問されるのがいやだと、突然3か月も不眠治療が必要と国会を休んでしまう。立法府はめちゃめちゃになっています。

 消費税の値上げを自分から提案しておきながら、自分の政策が悪くて、日本経済が停滞しているのを理由に、延期するかどうかを国民に聞きたいと、二度目の消費税値上げ延期を材料に衆議院を解散しようとしているのが安倍総理です。

 理不尽というしかありません。それでも、安倍内閣の支持率は下がらない。本当に一体どうなってしまったのでしょうか。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

民進党、特に感想はなし

3月15日(火)

 民主党の新党名が民進党と決まりました。もともと党名を変えることには、疑義がありましたので、特に新党名に感想はありません。

 最終的には世論調査によって決定したようですが、民主という名前に対する拒否反応が強かったことに、ショックを受けています。民主=無能という自民党のキャンペーンがよほど効いているということでしょう。

 ともかく大事なのは名前ではなく中身です。中身をいかに政権党に応しいものに変えられるかが、これからの勝負です。

 ただ心配なのは参議院選挙の比例票です。党名が変わったというニュースに関心を持っている有権者は残念ながらたくさんはいません。だから、党名が変わったのを知らずに「民主」と書いてしまう人がたくさんいるのでは、ということです。

 参議院選挙まで3~4ヶ月しかありません。それまでに新党名を浸透させることができるかどうか、たいへんです。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで