記事一覧

浦安市市議会議員補欠選挙

ファイル 764-1.jpg

3月18日(日)

 本日、浦安市長の辞任に伴っての「浦安市議会補選」の第一声が新浦安駅で行われました。

 『よしい由美』候補の応援のため、野田佳彦幹事長を筆頭に千葉県選出の各級議員ならびに13ある衆議院選挙区の総支部長が大勢、応援に駆け付けました。

関根ジローを育てる会

ファイル 763-1.jpgファイル 763-2.jpg

3月18日(土)

 松戸市議会議員の「関根ジローを育てる会」の総会に出席させて頂きました。

『東葛政令市構想』など発信力のある若い関根さんに今後も期待します。

驕る平家は久しからず

3月17日(金)

 昨日、籠池理事長から、驚くべき発言がありました。

 小学校建設にあたり、安倍首相夫人から森友学園に100万円の寄付があったというのです。明恵夫人が講演に行った際に、受け取った、と昨日、参議院の視察団に説明しました。

 これまで安倍総理は「学園建設に一切かかわっていない」と言い切っていただけに、もしこの発言が事実だとすれば、総理が国会でウソの答弁をしていたことになり、ことは総理に進退に及ぶ可能性があります。

 この発言を受けて自民党はそれまで頑なに拒んでいた参考人招致を、さらにハードルが高い証人喚問にして受け入れました。証人喚問となれば、偽証罪がありますから、ウソをつけば刑事罰になります。それだけ発言に信憑性が増すわけで、来週に行われる喚問が注目されます。

 そもそもとても庶民の味方とは言えない、財務省が異例の厚遇で、森友学園に土地をただ同然で払い下げたというところからこの問題は発生しています。あれだけ厳しい財務省が、森友学園に限り、なぜ、厚遇をしたのか、ここが焦点です。

 しかし、今回はこれに加え、総理の発言が事実であったのかどうかが問われることになりました。「驕る平家は久しからず」という言葉がありますが、まさに高支持率で絶頂にあった総理にも、瓢箪から駒で、こんなところから、失墜することもあり得るということで、まさに政界は一寸先は闇です。

 もう一人、身体が窮している大臣がいます。稲田防衛大臣です。ウルトラ右翼ということで安倍総理に優遇されてきた稲田大臣の資質が、問われています。

 森友学園の件でも、籠池夫妻とは関係がないといっておきながら、実は顧問弁護士をやっていたり、籠池氏の裁判にまで出ていたことが明らかになりました。「私の記憶によれば」、と前置きをして発言し、ウソだとばれると、記憶違いと逃げる、とんでもない人です。

 その方がトップの自衛隊も隠ぺい体質があきらかになりました。南スーダンからの報告を巡って、実際には記録が残っていたのに、廃棄したと平気でウソをついていました。かつての大本営発表ではありませんが、戦況について平気でウソをつくという遺伝子が、いまの自衛隊にも残っていたのかと呆れてしまいます。

 稲田大臣は特別監査を実施すると息巻いていますが、それ以前に、ウソの報告を受けるなど自衛隊内から全く相手にされていないことが明らかになりました。シビリアンコントロールが全くきかない自衛隊を海外に派遣する危険性が、今回のことで一層明らかになりました。一刻も早く稲田さんには辞めてもらわなければなりません。

 安倍さんは党大会で総裁任期を伸ばすことに成功しましたが、制度は出来ても、長く続けば、ぼろが出てくるということが近々証明されそうです。
 
 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

どこも国民不在なのかもしれません

3月13日(月)

 このところ大きなニュースが相次いでいます。

 韓国では大統領が罷免されました。森友学園の理事長が退任しました。南スーダンから自衛隊の撤退が決定しました。一昨日は東日本大震災から6年目の日でした。昨日は民進党の第一回定期大会が開かれました。

 最後のニュースは少しバリューが落ちますが、それ以外はどれも新聞のトップを飾ってもおかしくないニュースです。

 韓国の朴槿恵大統領の罷免は既定路線とは言え、びっくりします。ほとんどの韓国人が喜んでいるのかと思っていましたが、ニュースを見ると支持者もたくさんいたようで、韓国社会の亀裂の大きさを実感しました。

 友人に過度に頼り過ぎた結果とはいえ、最高権力者にまで上り詰めたのに、次に待っているのは被疑者の座というのは、やはり気の毒という感を持ってしまいます。韓国では大統領がその座を退いたら、ほとんどが転落します。

 儒教社会で一族の者が頂点を極めれば、そのおこぼれに一族が預かるのが常とはいえ、この悪習を止めなければ、大統領にまともな人がなり手が無くなってしまうのではないかと心配になります。

 森友学園の理事長の会見は酷かったですね。こんな人に教育を語る資格はありません。きちっと、国会に喚問し、真実を語らせなければなりません。

 南スーダンからの撤退が唐突に発表されました。去年の9月から検討していたと政府は発表しましたが、どう考えても森友学園疑惑から国民の目を背ける材料に使ったとしか思えません。

 国会で南スーダンの現状が戦闘か衝突か話題になりましたが、国際ニュースを見れば、戦闘以外の何ものでもありません。PKO派遣5原則に反していることは明らかですので、素直に、政府は「現地は戦闘が起こっているから自衛隊を撤退させる」と認めなければなりません。

 東日本大震災から6年が経ちました。原発事故は終息の見通しが全く立っていません。それでも政府は、まだ原発をベースロード電源として無理矢理位置づけようとしています。全く歴史に目をつぶった、愚かな振る舞いです。

 民進党の方針ともかぶりますが、せめて原発をゼロにする決断をしなければ、震災で亡くなった方も故郷をいまなお離れざるを得ない人も浮かばれません。

 民進党の大会、私もいってきましたが、残念ながら活気はありませんでした。ホテルに皆を集めるという方法そのものを見直さなければいけないのかもしれません。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

世界中で、おかしなことが起こっています

3月9日(木)

 森友学園の問題と言い、金正男氏の暗殺問題と言い、滅入る問題ばかり発生しています。

 森友学園問題では、建設費を巡って何種類もの見積もりが出てきたり、理事長の経歴に詐称があったり、とても教育を語る資格のないものが学校を建てようとしていたことが明らかになりました。

 これに首相夫人が幼稚園で講演したことが公務であるのか、そうでないのかを巡る問題でも、政府の対応が二転し、結局、公務ということになりました。公務で公務員が同行していたのですから、首相夫人の行動が私的活動であるはずはありません。

 教育勅語を幼稚園児に読ませていたことに対して、稲田防衛大臣は何が悪いと言い放ちました。嫌になります。

 ことは国有財産の売却です。しかも、学校建設を巡っては国の補助金も支出されています。さらに、騒音対策として伊丹空港から騒音対策費も支出されることになっていたということです。

 公金や公金に近い形の補助金がでている。それに疑惑が発生したのなら、きちっと国会で参考人招致なり証人喚問を実施するのが当たり前です。それを、「理事長を呼ぶと何を話し出すかわからない」から呼ぶことはできない、と与党は反対を表明しています。

 国会に呼ばなければ、これだけの疑惑が解明されないままに放置されてしまいます。そんなことが許されていいはずはありません。

 韓国では明日、大統領弾劾の憲法裁判所の判断が決定します。北朝鮮、マレーシアを巡っても厳しい対立が続いています。そんな最中に、また、北朝鮮がミサイルを日本海に発射しました。どうしてこんなことを繰り返しているのでしょうか。

 自分の地位を守ることにしか関心がない人間がトップに立つ恐ろしさを感じます。

 また、米国ではトランプ大統領が再度、入国禁止の大統領令を出しました。イラクを除いたとはいえ、イスラム国からの入国を制限しようという意図に変化はありません。前回ほど話題にはなっていませんが、由々しき事態であることには変わりありません。

 世界中で政治が劣化しています。同じように民主主義や、報道は事実のみを伝えるといった私たちの常識がいま、揺らいでいます。

 何とかしないと、ここが踏ん張りどころです。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

こんな小学校はいらない

2月22日(水)

 大阪府の小学校設置を巡って、総理大臣と昭恵夫人の関与が指摘されています。

 まず、総理大臣に関しては、当初、この学校の名称を「安倍晋三記念小学校」とする案があったということです。そして、安倍晋三の名前を使って、寄付金を集めたことが報道されています。

 夫人は、この学校の「教育に対する熱き想いに感銘を受け」名誉校長になったと学校のパンフレットに掲載されています。

 問題の一点目は、昨日国会で取り上げられた通り、9億8千万円の価値があるとされた国有地を、実際には約200万円で売却したという問題です。

 なぜ、9億8千万円の価値があるものが、たった200万円で手に入れることが出来たのか。甘利大臣の不正疑惑の時も、その土地に廃棄物が埋まっている、その処理費用を巡って不正が発生しました。また、いま話題となっている豊洲の問題も東京ガスの工場跡地ということで、土地の汚染除去費用を巡って、ごたごたが起こっています。

 今回も小学校の土地ということですから安全性がきちっとしていることが前提ですが、ここでも、立地場所に廃棄物が埋まっており、その処理費用を大幅に上乗せして見積もりし、結果として土地を安く購入するという手口でした。

 財務省は少しでも高く売却し借金を返さなければならない立場です。隣接地を市に売却した時には、同じように廃棄物が埋まっていたのに処理費用は非常に少なく見積もっていたことが報道されています。

 したがって、普通に考えれば、実費よりも財務省が高く見積もるということはありえません。昭恵夫人と、総理大臣とこの学校の関係を財務省が考慮したとしか思えません。

 この点を指摘された安倍総理は「もしかかわっていたという事実があれば、私はすぐに総理大臣どころか国会議員を辞めます」と答弁しました。

 きちんと調査させますと答弁すればいいところを、まるで、「支持率が高い私が辞めたら困るだろう」と言わんばかり言いぶりに、総理の驕り高ぶりをみたのは私だけでしょうか。

 もう一つ、指摘しなければなりません。この学校の偏光した教育方針です。幼稚園で毎日、教育勅語を子供たちに暗唱させているのは、異常というしかありません。そうした教育方針を総理夫人が支持するのも異常です。

 この学校の理事長は日本会議の関西の有力メンバーだということです。日本会議は安倍総理も入っている右の団体です。この理事長はかつて、在日外国人を侮辱したことでもしられています。

 幼稚園児に在日の方がいた時に、保護者に向かって、「巧妙に韓国や中国人が潜り込んでいた」と罵る文書を載せていました。

 テレビのインタビューでも、平気で在日の方たちを「だって気持ち悪いでしょう」というような方が、本当に教育者として相応しいかどうか、少し考えれば分かります。そんな学校の名誉会長に、総理夫人がなっていいはずはありません。

 一番気の毒なのはこんな学校に入れられる子供たちです。そもそも小学校として認可するべきではありません。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

金正男氏殺害、不可解な犯人の行動

2月16日(木)

 13日に北朝鮮の金正日総書記の長男の正男氏がクアラルンプールの空港で殺害されました。

 北朝鮮という国は国際的な非難にもかかわらず、核実験をしたりミサイルを発射したりと、これまでにも訳の分からないことを繰り返し実行してきましたので、暗殺をしたからと言って驚く訳ではありませんが、実の兄まで殺すとは思いませんでした。

 詳しいことは何も分かっていませんが、この殺害に金正恩朝鮮労働党委員長がかかわっていたことは間違いないでしょう。

 国民が餓死するほど困窮しているのに、平気で核開発をするような人間ですから、自分の地位を守るために兄を殺したとしても不思議ではありませんが、こんな人物を指導者にしている国民は不幸という以外にありません。

 こういうことをしていれば、世界の多くの独裁者と同様に、悲劇的な末路を迎えることになるに違いありません。

 それにしても不思議なのは殺しのプロであるはずの暗殺実行者がいとも簡単に逮捕されたことです。訓練を受けた工作員であれば、タクシーで逃亡したり、宿泊先のホテルで逮捕されるというようなドジを踏むでしょうか。

 殺しの手口も、もし言われているように、スプレーで目くらましをして、毒物をハンカチで口に押し当てたとすると疑問が残ります。

 オウムによるサリン事件を思い出しましたが、オウムの実行犯は犯行の後に、サリン中毒の症状が出てと言っていました。

 仮に、女性二人が毒物で殺害したとすれば、二人にも症状がでたはずですが、犯行直後のビデオ映像を見る限り、何の影響もないようでした。不可解です。

 ここ数日で真相が明らかになるでしょうが、なんとも不愉快な事件です。
 
 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

ゴルフ以外に何もなかった首脳会談

2月13日(月)

 鳴り物入りの日米首脳会談が終わりました。

 安倍・トランプ両人の何か分かりませんが、やたら親しそうな写真が溢れ、日米関係がこの訪問によってより深まったという報道がなされています。

 トランプが大統領選の最中に日本を防衛費や輸出について厳しく批判していたので、安倍総理は、就任前にいち早く訪米しました。しかし、訪米直後に安倍さんが切望していたTPPについてトランプは離脱を表明し、事前訪米は失敗に終わりました。

 したがって、今回も首脳会談で日本に無理難題を吹っ掛けるのではないかという、懸念がありましたが、それがなかったというだけで高い評価がなされているようです。

 仲が悪いより仲がいい方がいいに決まっています。でもどんな人間を友達に選ぶかによって、選んだ側も評価されます。当然、評判のいい人と友達になれば、その人の評価も上がります。

 しかし、ことトランプに関して言えば、米国内でも入国禁止を巡って大きな批判が起こっています。ドイツ、フランス、イギリスなどでも、政府、国民両方からブーイングが起こっています。

 日米同盟が本当に同盟関係にあるのなら、それを深めるために、間違えていたら間違いだと指摘することが大事です。

 好きなゴルフだけやって、触れたくない事には触れないでは、本当の友好関係には発展しません。

 ところで、今回の首脳会談では、尖閣列島に日米安保条約を適用されるかどうかが注目されました。大統領選中に日本の負担が少なすぎるとの発言があったからです。

 それが、一転して、尖閣を守るために核兵器を使うことも躊躇しないと変わりました。これが何よりの成果だと言っているマスコミもありました。しかしよく考えれば、核戦争に反対している日本の立場と矛盾しています。

 経済問題については、副大統領と副総理との間でこれから協議するということが決まっただけです。せっかく会ったのですから、ここでも日本の立場を明確にする、というのが本来の外交だと私は思います。

 仲良くなることだけが目的の外交などありえません。

 今度の日米首脳会談によって、ますます、日本は米国の属国という感が、他の国に広がるのではないでしょうか。とても喜んでなどいられない会談だったと私は思うのですが。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nify.ne.jp」まで

新春の集い

ファイル 756-1.jpg

2月11日(土)

恒例の「新春の集い」を開催いたしました。お忙しい中、ご出席いただきました皆様に心より御礼申し上げます。

トランプにツイッターをやめさせろ!

2月7日(火)

 米国の記者は毎朝、トランプのツイッターを見ることから一日が始まるようです。

 トランプはツイッターで呟いたことを、次には大統領令として実行に移しますから、その影響力は極めて大きいものがあります。

 昨日も特定国からの入国を禁止する大統領令は違法だから、効力を停止するという司法の判断に対して、判事を罵り、直ちに反転攻勢するとツイッターで呟きました。

 重要な発言を一方通行のツイッターで言うのはおかしい、とみんな思っていても、それが実行に移される可能性があるのであれば、注目せざるを得ません。なんともおかしなことになってしまいました。

 大統領職は公職中の公職です。発言に対してきちんと質問をする権利が国民にはあります。
 
 ところがトランプはそれを認めません。記者会見を開けば、質問がでます。たとえ、前回のように質問者が気に入らないメディアだから、質問を受け付けないとしても、その姿が映像として残ります。

 しかし、ツイッターでは質問のしようもありませんからトランプは言いたい放題、しかも言いっぱなしです。事実関係に間違いがあっても、そのままです。

 今日の新聞に出ていましたが、トランプは、ツイッターにセキュリティがしっかりしていないものを利用しているようです。つまり、トランプのツイッターに他者が忍び込む危険性があるわけです。

 トランプを語って、他国の元首を罵ったりすれば、それがきっかけで国際紛争、ひいては戦争などということにもなりかねません。

 そうした危険性もトランプのツイッターにはあります。

 普通の大統領になれ、と言っても無理でしょうが、せめてツイッターだけでも止めさせなければ、安心して眠ることもできません。

 このままでは、トランプの辞任と世界の崩壊を天秤にかけて、世界中の人が毎日、不安の中に生きていかなくてはならなくなってしまいます。

 ご意見・ご感想は「zxe@nifty.ne.jp」まで