記事一覧

自衛隊の隠蔽体質

2月22日(金)
 イージス艦「あたご」の衝突事件について、自衛隊の対応に批判が集まっています。当初、衝突2分前に漁船を発見したといっていたのに、実際には12分前だったと発言を訂正したり、漁船の緑色のランプを見たといってあたかも漁船側に回避義務があったかのような責任逃れの発言もしております。
 一番の問題はイージス艦のような巨艦が船舶が多く通行する東京湾近くまで来ていながら自動操舵を続けていたことです。普通に考えれば速度を落とし、手動で慎重に操船するのが常識です。それをしなかった責任は極めて大きいものがあります。
 不思議なのはイージス艦の側から誰も事故の説明をしないことです。艦長が出てきて事故の経過と、自らの責任を明らかにするのが当たり前なのに、隠ぺい工作ともとれる行動ばかりをしている。これではとても国民の信頼を取り戻すことはできません。
 海上自衛隊は既に、インド洋の給油活動で嘘の給油量を発表したり、航海日誌を改ざんするなどの不祥事が明らかになっています。今度も海上保安部への連絡も遅れたことが指摘されています。
 石破防衛大臣がきちんと自衛隊を掌握しているのかどうか疑問符がつきます。シビリアンコントロールに疑問符がついた以上、大臣は責任をとるしかありません。調査をしてから責任を明らかにしたいといっていますが、省内を把握していない大臣にきちんとした調査ができるとも思えません。大臣を罷免して、徹底的に調査をし、自衛隊の体質改善をしなければなりません。
 ところで、米兵の事件が多発している在日米軍が、私が主張したように外出禁止措置をとりました。米兵が外に出てこなければ凶悪な事件は起こりません。しかし同時に、米軍基地に依存している基地経済があります。今度は外出禁止が長引けば周辺の商店街が打撃を受けることになります。
 地元商店街は被害を受けても、これで米兵が反省してくれればと、話しています。基地に依存しないでも生きていける経済体制を作ることが再発防止にもつながると思います。政府はきちんと休業補償をし、かつ基地依存経済から脱却するための政策をだす責任があります。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー