記事一覧

読書について

2月15日(金)
 映画監督の市川昆さんが亡くなりました。映画は好きですが、なかなか映画館の上映時間とタイミングが合わず、あまり見に行けません。本ですとその点、いつでも好きなときに読めますので、私にとっては便利です。
 我々の世代は活字とともに育ったので、活字がないと生きられないという‘活字中毒’になっています。どこに行くにも活字と一緒でないと不安になってしまいます。いま読んでいる本を読み終わってしまったら、という思いから必ずストックを一冊もっています。
 新聞を含めると、毎日、6時間近く活字に接しています。夜寝る前には1時間くらい読書をするのが習慣となっています。したがって、本は貯まる一方です。事務所にその一部を置いてありますので、興味のある方はよってみてください。
 好きな作家の本は全て読まないと気がすまないほうです。また同じ作品を二度読むこともしません。したがって司馬遼太郎さんや開高健さん中上健次さんなど既に亡くなってしまった作家の作品は、残念ながらもう読む機会はありません。
 最近ではこれまであまり読んだことがなかった中国やインドの作家の作品をよく読んでいます。日本や欧米の作家とは一味違った感性があり、楽しめます。
 以前は電車に乗ると、本を読んでいる人がたくさんいました。いま電車に乗るとメールをしている人が最も多く約半分、そのほか化粧をしている人、物を食べている人、居眠りをしている人、ゲームをやっている人が目立ち、本を読んでいる人はごく少数になってしまいました。寂しい限りです。
 若い人はメールの時間を半分にして是非、本を読んでほしいものです。読書はただ活字をおうことではありません。読んでいる間にあれこれいろいろ考え、想像力が広がります。どれだけいろいろな想像ができるか、それが人間力だと私は思います。
 話は違いますが、この一週間は寒い日が続きました。寒い季節は寒いほうがやはり自然でいいと思います。寒いのですが、日差しはまぶしく、すでに春はそこまで近づいているというのもよく分かります。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー