記事一覧

もっと米国に対して毅然たる態度をとれ

2月12日(火)
 また沖縄で米兵による少女暴行事件が起こりました。米軍が存在しているから発生した事件です。こうした事件が起こると、依然として沖縄は米軍の占領状態が続いているというということがよく分かります。
 沖縄で暴行事件が相次ぐのは、米軍人の意識の中に、占領軍だという意識が抜けていないからだと思います。全員がそうだとはいいませんが、占領軍だから何をしてもいいという意識が、野蛮な犯行がいつまでたってもなくならない原因だと思います。
 事件が起こっても日本政府が毅然たる態度をとってこなかったことが再発を許しているのであって、日本政府も同罪だといっても過言ではないでしょう。米兵全員に基地外への外出を一ヶ月禁止するくらいの措置をとるのが当然です。厳しい措置をしない限り、同じような事件が再び起こることは間違いありません。
 私が予てから主張しているように、米軍基地そのものを日本から退去させることを本格的に論ずるときにきているのではないでしょうか。戦後60数年も外国の基地が堂々と存在し続けているのはおかしいということに思い至らなければいけません。
 政府やマスコミが米国に弱いということは、いま米国で行われている大統領選挙の予備選報道をみればよく分かります。お隣の国の一政党の候補者を決める予備選挙を毎日毎日これほど大量に報道しているのはおそらく日本だけでしょう。せいぜい、民主党の候補者を選ぶ大会を報道すればこと足りることです。異常なことだという認識がないのが不思議です。
 確かに米国の大統領に誰がなるのかは大きな関心事ではありますが、その過程をこれほど報道する価値があるとはとても思えません。自分から米国の植民地のような態度をとっていたのでは、いつまでたっても本当の独立ができるはずもありません。こんな報道ぶりから脱却しない限り、米軍基地の撤退など、本格的には論じられません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー