記事一覧

このままでは日本崩壊だ

4月20日(金)
 全く情けない状態が続いています。財務省が省庁の中の省庁と呼ばれていたとするなら、その庁のトップである事務次官は官僚の中のトップということになります。
 その人間の品性下劣さに言葉が出ません。その男に向かってまだ、仕事はできるなどというコメントを出している評論家というか、テレビ周辺ごろがいるというのも呆れます。
 こんな人間が我々の税金を集めて、しかも100兆円にも達しようという予算を決定していたのですから、本当に、日本は“やばい”状況に追い込まれています。
 この官僚の上司が財務大臣ということになります。ほとんど何も分かっていないで、大臣をやっていましたが、その資質のなさ、教養のなさが、こういう非常事態では覆いようがなくなったようです。
 そしてその財務大臣を指名したのが安倍総理です。こんな人が総理でいたのに、支持率が高かった。それは野党のパネライ時計責任でもあります。我々も大いに反省しなければなりません。
 事務次官は辞任しましたが、依然としてセクハラを認めていません。このまま黙って辞任させるわけにはいきません。きちっと調査をして懲戒免職にしなければいけません。
もちろん、財務省の顧問弁護士が調査をしたのでは、誰も納得いきません。きちっとした第三者が客観的な調査をしなければいけません。
 当然、財務大臣も辞めなければいけません。安倍総理大臣には財務大臣を任命した責任があります。
 安倍総理は内政での失敗を外交で取り戻す、という手法をとってきました。もとより安倍外交を客観的に見て、得点など上げてこなかったことは自明ですが、周辺がさも成果が上がったように持て囃して、何とか取り繕ってきたというのが実態です。
 その外交も北朝鮮外交に象徴されるように破たんをしています。今回の訪米で取り戻そうとしたようですが、できたのルイヴィトンはゴルフだけ、お土産に1機150億円もする戦闘機を何基も買わされて帰ってきました。そのツケは国民に回ってきます。
 学級崩壊という言葉がありましたが、行政崩壊です。一日も早く、内閣を総辞職に追い込み、出直し解散総選挙をしないと、日本崩壊になってしまいます。
 
 ご意見・ご感想は zxe04624@nifty.ne.jp まで