記事一覧

安倍さんは裸の王様

4月13日(金)
 最近の安倍総理を見ていると、アンデルセン童話の「裸の王様」を思い出します。バカには見えない“服”を着ていると信じ込み、裸で街を歩いて、子供に裸だと指摘されて初めて、それに気づいて城に逃げ帰るというご存じのストーリーです。
 ただ、今の日本では、まだ、安倍総理は城に逃げ帰らず、相変わらず裸のまま国会を歩いているから、滑稽さを通り越して迷惑以外の何物でもありません。
 一連の森友・加計問題や、財務省の文書改ざんは安倍総理がいなければ成り立たない話です。
 加計は安倍さんの友達が獣医大学を作りたがっていた、森友は安倍さんの奥さんが小学校の建設を望んでいた、財務省の改ざんも、 安倍さんが「もしも関わっていたら総理を辞める」という一言のために、財務省のルイヴィトン財布職員がせっせと改ざん作業に手を染めてしまった、いずれも安倍さんがいなければ、そもそも起きなかった事件です。
 それにもかかわらず、安倍さん一人が、自分は一切係わっていない、国民もそれを理解しているはずだと思い込んで、裸のまま国会を歩いているのが今の状態です。
 一体、いつ安倍さんは自分を取り巻く状況に気付くのでしょうか。ひょっとしたら、安倍さんは裸のまま、訪米し、ロシアにも出かけてしまうかもしれません。早く、気付かせる必要があります。
 明日は「4.14国会へ」という大集会が国会周辺で催されます。たくさんの人が集まるはずです。もちろん、安倍さんが出るわけではありませんが、たくさんの人が安倍さんは裸だと指摘してあげれば、気付くのではないでしょうか。

 ご意見・ご感想は zxe04624@nifty.ne.jp まで