記事一覧

【すっかり腐りきってしまった安倍長期政権】

4月5日(木)
 またまた文書の隠ぺいが発覚しました。それも、つい先日、今年一月までに発見されたとしてきた「イラク日報」が実は、昨年3月に発見され、大臣に報告されることなく放置されてきたと言うのです。本当に開いた口が塞がらないという事態です。
 今年に入ってからだけで、厚労省のデタラメ文書に基づく法改正案提示、財務省の省を挙げての大規模文書改ざん、それに今回の防衛省の文書隠ぺい。
これ以外にも文科省が自民党の文教系議員に言われて前川前次官の公立学校での講演にクレームをつけた事案、シュプリーム スーパーコピー厚労省の東京労働局長が新聞社に対して、「お宅に検査に入ってもいい」という脅しともとれる発言をしたりと、行政の暴走が止まりません。
国会は行政がきちっと機能しているというのを前提として動いています。しかし、今の状態では、役所が提出する文書や数字をいちいち、本物か、あるいは本当かどうかチェックをするところから始めなければなりません。
元を正せば、安倍内閣が5年目の長期政権となり、行政府全体に緩みとガタがきているとしかいいようがありません。政治家が責任を取らないのですから、省庁も責任を取らない、となれば、部下も同じでみんな無責任体制になってしまいます。
こんな状態で審議ができるはずはありません。ということで今日の午後の審議はストップしました。安倍内閣は時間さえ経てば、国民は忘れるとタカをくくっているようですが、そうはいきません。
これは与党対野党という問題ではなく、行政府が立法府の審議を妨害しているという、前代未聞の事態が起こっているということです。
 防衛省は実力部隊です。そこが国会や大臣などのシビリアンを無視して行動すれば、グッチ靴スーパーコピー民主主義は成り立ちません。財務省は税を、厚労省は国民の生活を、文科省は教育を担っている重要な省です。そうした重要な省庁がこの有様ですから、他を信用しろといっても無理な話です。
 まだ、明らかになっていない文書偽造や文書隠ぺいが他の省庁にもあるのではないかと疑わざるを得ません。
 徹底的に調査をして、どこに原因があったのかを突き止めなければ、行政に対する信頼を取り戻すことはできません。そのうえで、きちっと行政のトップがしっかりと責任を取ることが重要です。

 ご意見・ご感想は zxe04624@nifty.ne.jp まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー