記事一覧

何とも情けない証人喚問

3月28日(水)
 昨日の証人喚問を見ていて、多くの方はイライラしたのではないでしょうか。佐川さんに別に恨みはないけれど、あの答弁は酷すぎた。せっかく、理財局長まで上り詰めたのに、それまでの実績が昨日の喚問答弁で、全てなくなってしまったのではないでしょうか。
 自分の保身と現政権を守るということだけに汲々として、国家公務員として国民に真実を知らせなければいけないという使命を捨ててしまった、あれを見ていた国家公務員はさぞ、情けない思いをしたに違いありません。
 結局、昨日の証人喚問では何も明らかになりませんでした。我々野党はこれからも新たな証人喚問を要求していきますが、vetements スーパーコピー与党は昨日で疑惑は晴れた、とばかり拒否するでしょう。また、仮に応じたとしても、証人が佐川氏と同じような答弁をしたのでは、真相は明らかにならず、国民のフラストレーションがたまるだけです。
 大規模な改ざんが行われたのは事実です。国家公務員は公文書を改ざんすることは普通は、しません。300か所以上も改ざんしたというのは前代未聞のことです。その背景には、前代未聞の事態が起こっていたということです。
 それは何か。官邸の関与以外にありません。佐川氏は総理や総理夫人、財務大臣から指示されたことはないと明言しました。それはそうでしょう。総理や財務大臣がいちいち指示などするはずはありません。
 総理が何を考えているのか、それを忖度して指示をするために官邸にはたくさんのスタッフがおります。まさに仕事として総理の意向を忖度して、指示を出すのが内閣官房です。
 だから普通に考えれば、内閣官房が総理の「私や妻が関わっていたら総理も国会議員も辞める」という発言を受けて、ハリウッド映画 腕時計財務省文書をチェックし、改ざんさせたというのが真相でしょう。
 もちろん、直接指示していなければ、総理や財務大臣に責任がないわけではありません。大規模な改ざんが行われたのは事実ですから、財務省の長たる財務大臣の責任は大です。そして行政府のトップは総理大臣ですから、知っていようがいまいが、指示していなかろうが、責任を取らなければなりません。
 
 ご意見・ご感想は zxe04624@nifty.ne.jp まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー