記事一覧

行政府の長は総理大臣、行政の不始末の責任は総理に取ってもらうしかない

3月26日(月)
 今日から毎年恒例の「春休み国会見学会」を行っています。今日も約30人の方がお越しになり、明日の証人喚問を控えて緊張度を増している国会を見て回りました。
 春休みに見学会を設定したのは、子供たちに生きた国会を見てほしかったからです。しかし、今の国会は、恥ずかしくて子供には見せられないのではないでしょうか。
もっとも優秀とされる国家公務員がいる財務省で、バレンシアガ 財布コピー総理の発言を忖度して嘘に嘘を重ねた改ざんを行っていた。総理はそれを認めず「どうしてそんなことになったのか、私も知りたい」などと他人事のような答弁を繰り返している。本当に子供の教育にこれ以上悪いことはないと思います。
 さらに、前川前文科事務次官が学校で講演したことに対し、前川前次官の人格を平気で攻撃するような文書を送りつける国会議員、それに応えて、質問まで変えて媚びる、これも国家公務員、これでは、誰も国家公務員になろうとしなくなってしまうのではないでしょうか。見せたくないものを見てもらう。反面教師として見てもらう以外にないという情けない状態です。
 しかも、今日の集中審議を聞いていても、いくらやっても真相は一向に明らかにならない、こんな議論を聞かれたのでは、子供たちがまじめに議論しようという気すらなくなってしまうのではないでしょうか。建物だけは立派でも、中身は恥ずかしい限りというのが今の国会の状況です。
 総理や財務省の答弁をこれ以上聞いてもほとんど意味はありません。客観的にみて、総理や財務大臣の指示が直接なくても、バレンシアガ コート スーパーコピー官僚が忖度をして答弁をし、それに基づいて原本を書き換えたのは明らかです。そうであれば、総理が責任をとって辞めるしかもう方法はありません。

ご意見・ご感想は zxe04624@nifty.ne.jp まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー