記事一覧

嘘に嘘を重ねても、嘘は嘘

3月16日(金)
 財務省が改ざんを認めてからほぼ1週間がたちました。様々な報道がなされていますが、いまだに、新しい事実が出てきます。
 今日明らかになったのは、総理を含む官邸は財務省の改ざんの事実を実は、6日に知っていたということです。すると、そのあと、安倍総理は国会で改ざんについて「ジバンシー 財布コピーまったくあずかり知らない」と嘘をついていたことになります。
 菅官房長官の言い訳は、「書き換えの可能性があることは承知していたが、最終確認できなかったから」と弁明しています。ならば、財務省が改ざんしたという情報があるが、いま確認中ですと、答えればいいのであって、まったく知らないにはならないはずです。
 ようするに、この時点でも、何とかごまかせるのではないかと、考えていたということです。行政府が立法府に嘘の報告をするということは、国権の最高機関を愚弄することに他なりません。そうした自覚が、総理にも官邸にもないということは恐ろしいことです。
 来週にはまず月曜日に参議院で集中審議が行われます。この場で、佐川元理財局長の証人喚問が確定するはずです。
 おそらく一回ではことの真相は明らかになりようがありません。次に安倍昭恵さんを呼び、さらに衆議院でも議論を重ねなければなりません。
 ことは民主主義の根幹にかかわりますから、徹底的に真相を明らかにし、責任を明確にしなければなりません。
 麻生財務大臣がいうように「佐川が自分の答弁が悪かったから、元の文書を書き換えた」などということがあるはずはありません。
佐川氏の「書類は廃棄した」という答弁の前に、シャネル コート コピー安倍総理が「もし私や妻の関与があきらかになれば、総理も議員も辞める」との発言をうけて、安倍昭恵の名前を消したというのが真相でしょう。
一度嘘をついたら、それを隠すためにさらに嘘を重ねなければならない、という典型的な事例です。
時事通信の世論調査では安倍内閣の支持率は支持と不支持が逆転したそうです。嘘つき内閣を退陣させるまで頑張りましょう。

ご意見・ご感想は zxe04624@nifty.ne.jp まで