記事一覧

ギョウザ食いたし毒怖し

2月7日(木)
 昨日もまた雪が降りました。雪は降り始めると何回も降る傾向があります。土曜日にも雪マークがついているので、また降るかもしれません。
 中国の農薬入りギョウザ事件が尾を引いています。当初は中国製品全体に対して不信感が募り、全国から中国製品を返品する動きが加速しました。台頭する中国に対して、やっかみも含め、やっぱり中国製品はダメだということで溜飲を下げる向きもありましたが、調査を続けるにしたがって、どうやら中国の製造工程の問題ではなく、個人あるいはグループによる故意の犯罪の可能性が高いことがわかってきました。
 一部の犯罪者によって中国製品全体の信用をおとしめてしまう、もし犯人の意図がそこにあったとしたら、これは一種のテロといってもいいかもしれません。一般の人々が口にする食品に毒を入れるというのは卑劣極まりない犯罪です。
 テレビ報道で見るかぎり工場の衛生管理はかなりいいようでした。それでも製造工程で薬物が散布されてしまったとしたら、問題は深刻です。どう再発を防止するか、きちんとした対策が示されないと、いつまでも中国製品に対する不信が残ってしまいます。
 話は違いますが、最近、ちょっとしたことでの殺人事件が増えてきているような気がします。簡単に人を殺してしまう。その背景に何があるのでしょうか。人命軽視の風潮などといって済まされる問題ではないような気がします。
 生きているということのリアリティが希薄になっているのではないでしょうか。自分に生きているという切迫感がないから、簡単に他人の命を奪ってしまっても重大に考えられない、そんな人間が増えているのでしょうか。命の大切さは、教育で教えて分かるものではありません。
 格差社会の中で、考えられる人と考えられない人の二種類に分かれるという格差も生まれてきつつあるのではないかと心配になります。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー