記事一覧

安倍政権の終わりの始まり

3月9日(金)
今日の午後、財務省から「森友文書」についての野党合同ヒアリングがありました。何度も行われているヒアリングですが、私は毎回出ているわけではありません。
今日は時間があったので、じっくり聞きましたが、肝心なことについては調査中の連発で、実際に書き換えが行われたのかどうか、1時間半もやり取りをしましたが、いっこうに明らかになりませんでした。
このヒアリングのヴェトモン パーカーコピー中で近畿財務局の職員が自殺したことについても質問がでました。財務省がぐずぐずしている間に、さらなる犠牲者が出る恐れがある。だから時間稼ぎを止めて真相を明らかにしろと、何人もの議員が要求しましたが、結局、新しい事実は何もでませんでした。
そうこうするうちに、今度は佐川国税庁長官が辞任するというニュースも入ってきました。いずれ辞めなければならないことは、当然ですが、私たちとしては、国家公務員である間に証人喚問して事実を国会で話してもらわなければいけないと考えていました。辞めてすべてお終いということにはなりません。
官庁の中の官庁と呼ばれている財務省が、文書の書き換えをしたかもしれない、これでは各官庁から出される書類を誰も信用できなくなってしまいます。国会は、官庁から出される文書も参考にしながら質問しますから、この状態で質問ができるはずもありません。
したがって、国会は今日も空転しました。これは野党だけの問題ではありません。ヴェトモン キャップ コピー国会の審査権や行政の信頼性にかかわる問題です。
佐川長官の次は財務大臣の辞任ですが、それで済む話ではありません。今回は任命責任ではなく、当事者として総理の責任は重大です。
今朝は、米朝首脳会談が行われることが報じられました。既に指摘しているように、圧力一辺倒だった安倍総理は、孤立しています。米国の尻馬に乗り、ことを煽っていたが、最後には頼りの米国からも見放されてしまった。こちらでも安倍政権は末期症状です。

ご意見・ご感想は zxe04624@nifty.ne.jp まで