記事一覧

立憲民主党の綱領

12月26日(火)
 今日、立憲民主党の全議員会議が開かれました。
 これまで二回開かれてきた会議で討議された「綱領」について執行部案が示されました。
 最終案は「私たちは、歴史の教訓を胸に刻み、日本の外交・安全保障の基本姿勢である国際協調と専守防衛を貫き、現実に即した政策を推進します。健全な日米同盟を軸に、アジア太平洋地域、とりわけ近隣諸国をはじめとする世界との共生を実現します。
 私たちは、国際連合などの多国間協調の枠組みに基づき国際社会の平和と繁栄に貢献します。核兵器廃絶、人道支援、経済連携、文化交流などを推進し、人間の安全保障を実現するとともに、自国のみならず他の国々とともに利益を享受する開かれた国益を追求します。」となっています。
 前回、執行部一任が取り付けられていましたので、特に意見や異論はだされませんでした。党の綱領ですから、特定の国との関係をことさら取り上げる必要はないと、私は考えています。特にトランプのいまの異常な米国と同盟関係を組んでいると思うと、何となく落ち着かない思いがするのは私だけではないでしょう。
 どうしても日米という文言を入れたいのであれば、せめて日米同盟を日米関係にすれば、まだよかったと思うのに、残念です。
 綱領については、たくさんの意見を頂きました。特に多かったのは「草の根民主主義」を言っているのに、支持者の意見を聞かないで、綱領を作るのはけしからん、という意見や、日米同盟を認めてしまえば、日本から永久に米軍基地はなくならない、とか辺野古移転反対をもっと強く打ち出すべきだという、意見がたくさん来ました。
 こんな強い反応があるとは、私も思っていませんでした。それだけ立憲民主党に対する期待が高いということなのでしょう。この期待を裏切らないために、これからも情報発信を続けていきますので、忌憚のない意見をお寄せ下さい。
  
  ご意見・ご感想は zxe04624@nifty.ne.jp まで