記事一覧

【どうにも納得できない立憲民主党の綱領案】

12月20日(水)
 昨日、立憲の全議員協議会が開かれ、前回も述べましたように立憲の綱領について論議しました。
 前回述べましたように、「日米同盟を健全に発展させ・・・」という文言は外すべきだともう一度主張しました。理由は、今の日米同盟は集団的自衛権の行使を前提としている、立憲は集団的自衛権を認めていない以上、この同盟を健全に発展させるというのはおかしい。日米関係を見直し、ルイヴィトン財布スーパーコピー日米関係を正常なパートナーの関係に変えていくことを、立憲として主張するべきだ。
 自分の事しか考えないトランプは世界の平和にとって脅威となっている。そのトランプに無批判に追従している安倍政権とは明確に一線を画し、米国は軍事行動にでないように、立憲ははっきりと主張するべきだ。
 安倍政権はトランプに言われてミサイル防衛網の強化を図っている。しかし、どんな防衛網をつくっても、すべてのミサイルを撃ち落とせるわけではない。だからミサイル防衛に力を入れるのではなく、北を話し合いの場に引きずり出すことを立憲は主張するべきだ。
防衛費が増えていくことは他の予算、とりわけ社会保障費などが削減されることを意味している。平和的手段でしか解決できないことを立憲として主張するべきだ。
 外交の基本は国連とするべきだ。だが、その国連が十全に機能していない。それを変えることに立憲は注力するべきだ。
 辺野古移転について枝野代表はゼロベースで見直すと選挙の時に言っていた。ゼロべースで見直すのではなく、はっきりと移転反対、普天間基地はグアムやテニアンに移すべきだと主張するべきだ、概ね、このような発言をしました。
 前回は回答がありませんでしたが、今回は代表から返答がありました。
 日米同盟について、この綱領は10年、20年先を見越したものだ。トランプ政権がいつまで続くわけではない。次に民主党政権が誕生するかもしれない。ここで日米同盟に疑問符をつけると、立憲は反米と取られかねない。そうなると政権をとることが出来なくなってしまう。
 健全に発展させるということは、今の日米同盟は健全ではないという証拠だ。だから健全に発展させるという文言をいれれば、安倍政権とは違うということはわかってもらえるはずだ。
 辺野古移転について、これまで民主党政権の時に一度失敗している。もう一度失敗するわけにはいかない。いま、米国を説得する方法を持っていないのだから、一遍に移転反対と表明するわけにはいかない、というものでした。
 これに対して私は、この説明で納得する人はあまりいないのではないか、今の日米同盟を認めてしまえば、安倍政権との違いが判らなくなってしまう、と反論しました。
 若手の議員からは、日米同盟にこだわりすぎ、とか、日米同盟ではなく日米関係という文言にしたらどうかなど、ステラマッカートニーバッグスーパーコピー原案に批判的な意見が相次ぎました。
 しかし、最終的には次回にこの論議を踏まえて、もう一度、執行部案を提出し、論議なしに承認ということにしてほしいということで、終わってしまいました。
 綱領のほかに、基本政策というのも提示されました。ここにも日米同盟が日本の安全の基軸だという表現がありました。基本政策については来年論議するということでしたので、言及は避けました。
 私は、こんな綱領が発表されたら大変だと危惧します。来週の火曜日が最終決定です。どうか党本部に意見を寄せてください。 

ご意見・ご感想は zxe04624@nifty.ne.jp まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー