記事一覧

またまたトランプの無分別

12月7日(木)
 トランプ大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認定し、米国大使館をテルアビブから移転すると発表しました。
 エルサレムはユダヤ教、イスラム教、キリスト教の聖地です。嘆きの壁もあるし、キリストが磔にされたゴルゴだの丘もあるし、マホメッドが昇天したというイスラム寺院もあります。
 私が訪ねた時はパレスチナとの紛争が激しいころでした。エルサレムからテルアビブに行く途中の道で、ここはよく狙撃をされる場所なので急いで行きましょうと言われたり、アラファト議長に会いにウエストバンクに行った時には、分厚い防弾ガラスをつけた大使の車を借りたほど緊張状態が続いていました。
 エルサレムはパレスチナ国家に囲まれた格好になっており、イスラエル、パレスチナ両者が首都だと主張している都市です。エルサレムの帰属を巡って、これまで歴史上何度も戦争が繰り返されてきました。
 したがって、国連でもエルサレムについてはイスラエル、パレスチナの両者で決めることとしていました。この問題に他の国が絡むと、新しい国際紛争の火種になるということで、どの国も大使館をテルアビブに置き、事実上、テルアビブをイスラエルの首都とみなしてきたわけです。
 そこに、またトランプです。自分の公約を守るという口実のもと、新たな紛争の火種を自分で作り出してしまいました。どうしてこんな人物が大統領になってしまったのか、いまさらながら嫌になります。
 ニュースによるとトランプ政権内部にも反対意見があったそうですが、それを無視しての発表だったようです。動機は支持率をあげることにあったようです。アメリカファーストをいいながら実は自分ファーストなのがトランプです。
 判断力がないことがこれでもわかります。支持率を上げるために、北朝鮮に対して強硬手段をとる恐れがあることが、今回の事でも明らかです。
 大統領選挙に絡んでロシアとの関わりに捜査が進められています。なんとか、これで大統領を辞任に追い込めればいいのですが…。