記事一覧

大きなニュース三つ、本質をきちんと見極めよう

11月30日(木)
 昨日は大きなニュースが重なりました。一つは北朝鮮がまたミサイルを発射したこと、二つ目は横綱日馬富士が暴力事件を受けて引退表明したこと、三つめは昨日に限ったことではありませんが、森友・加計問題が国会で追及されたことです。
 北朝鮮はここ暫くはミサイルを発射せず、当面、このまま静かにしているのかという周囲の期待を見事に裏切って、これまでよりより飛距離の長いICBMの実験を行いました。これで、ほぼ米国全域がミサイルの射程内に入ったことになるようです。
 自分の体制を守るためには原爆を搭載できる長距離ミサイルを持つしかないという、脅迫観念のもと、国民の生活を犠牲にして多額の費用をかけて、キムジョンウンは軍事力強化に力を入れてきました。
 今度のミサイル開発で確かに、一つの区切りはつきました。北朝鮮を核ミサイル保有国として国際社会が認めて交渉するのかどうか、そうする前に軍事的方法で強行解決をめざすのか、いよいよ二つに一つに絞られそうです。
 もちろん、北朝鮮が外交交渉の場に出てきて、ミサイル開発を止め、核兵器を放棄するのがもっとも望ましい解決法です。しかし、これまでは悪い方向に進む一方でした。このまま経済制裁の圧力を強めても解決は、当面、望めそうもありません。
 悪いことをしたほうが勝ちというような前例を残してはいけませんが、戦争だけはどうしても避けなければいけません。となると、ともかく現状より悪くしないということで事態を収めるしか方法はないようです。
 日馬富士の事件は全容が明らかになっていません。なによりもう片方の当事者が公の場に出てきませんし、出てきている親方は黙して語らず、これでは本当は何が起こったのか、わかりようがありません。
 そんな中で突然の引退表明でした。暴力は悪いことは言うまでもありませんが、全体がわからないままの決着には釈然としないものが残ります。遠い外国に来て頑張っている、他の力士のためにも、全容解明が待たれます。
 三つめは会計検査院の調査結果がでて、森友・加計問題の処理がいかに異例ずくめであったのかが、国会でも明らかになりました。
 どうして異例だったのか、理由は一つしかありません。総理と総理夫人が関わったから異例の措置が取られたというのは明白です。その責任を総理は免れるわけにはいきません。そろそろこちらも引退勧告をしなければいけません。