記事一覧

市川市長選、再選挙という衝撃の結果

11月27日(月)
 昨日、市川市長選の開票が行われました。
 注目していたのですが、いつまでたっても当選者が確定しない、ついに翌日になってようやく、有効投票の4分の1に達した候補がいなかったので、再投票という結果が発表されました。
 そんな制度があることすら知りませんでした。でも50万都市の市長候補が3万票もとれないというのでは、とても市長として認めるわけにはいきません。
 投票率は市川の市長選にしては30%を超えて、高いほうと言えましたが、それでも市長を選出するまでには至りませんでした。
 これで二週間の検証期間を過ぎたのちに50日以内に再選挙となりました。
 どんな顔ぶれが出るのでしょうか。再投票となれば投票率は今回より低くなることが予想されます。したがって、同じ顔触れが出れば、もう一度、当選者が出ない恐れすらあります。
 なぜ、こんなことになってしまったのか。やはり一番の責任は候補者にあると思います。自分は市長になったら、市川市をこうしたいという訴える力が不足していたとしか言いようがありません。
こんな候補者たちに市川市を任せるわけにはいかない、という有権者の判断をしっかりと受け止めなければいけません。
 これから新しい候補者がでてくるのかどうか、注目しています。