記事一覧

逆転の春が無策の春に

2月1日(金)
 今日の新聞によりますと、小沢代表が「日本と米国の選挙は秋口、中国経済が悪くなるころにありそうだ」と発言したと報じました。
 参議院選挙の勝利を受けて、衆議院を解散総選挙に追い込み政権交代を実現するというのが民主党の最大の目標だったはずです。それにもかかわらず代表が、自ら選挙に追い込めないと宣言をしてしまったも同然です。
 大連立騒動といい大阪府知事選挙に本会議を欠席して出かけたり、暫定税率廃止を簡単に諦めてしまったりと、ちょっと小沢代表の動きが今ひとつ理解できません。本当に政権をとる気があるなら、この春に攻勢を駆けなければいけなかったはずです。この時期を逃せば、参議院の熱気も失われてしまい、絶好の政権交代のチャンスをみすみす見逃すことになってしまいます。何か秘策があるのならいいのですが、なければ、「逆転の春が、無策の春」で終わってしまいます。
 昨年から今年にかけて地元の政権交代に対する期待は大変大きいものがありました。かつてないほど、民主党頑張れという声も頂きました。それが実現できなければ、残念ながら民主党離れが進んでしまうような気がします。本当に残念です。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー