記事一覧

情けない国会

1月31日(木)
 昨日の国会のドタバタぶりには呆れました。自民党は一旦強行採決した「つなぎ法案」をあっさり撤回し、一方民主党のほうも、暫定税率について3月中に結論をだすことを与党に約束し、結局、何もないことで終わってしまいました。
 暫定税率に反対しても最終的には三分の二の多数で衆議院で再議決をすることを認めたようなもので、これでは福田内閣の問責決議案も出しようがありません。せっかく自民党がドジを踏んでくれたのにそこをうまくつけなかったツケは大きいと思います。
 このままでは4月からのガソリン代の引き下げもかないません。ガソリン値下げを待っていた流通業者や国民はがっかりしたはずです。せめて、今後の議論で暫定税率を半額にするとか、あるいは暫定税率分を道路特定財源にするのではなく一般財源にするぐらいの譲歩を与党から引き出さなければ民主党に対する期待は一気に萎んでしまいます。
 むやみに国会を混乱させればいいというものではありませんが、かといって与党が無茶苦茶をやってきた時には毅然とした態度で臨まないと、何のために野党が存在しているのかすらわからなくなってしまいます。ガソリン値下げ隊を作って頑張っていた川内議員には本当に気の毒な気がします。 

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー