記事一覧

活字のない世の中は想像できない

8月24日(木)

 雨模様の夏が続いていましたが、ここにきて急に暑さがぶり返しています。いままで涼しかった分、よけいに暑さがこたえます。

 今日の朝日新聞に、全国の自治体のうち約2割に書店がないというショッキングな記事が出ていました。
sanndaru激安
ヴェトモン コピー
シュプリーム スーパーコピー
ジバンシー 財布コピー
時計 レプリカ
 新聞休刊日というだけで朝から調子が悪いという活字中毒の私には、書店がなくなってしまった街はとても想像したくありません。

 毎日、寝る時に必ず1時間ぐらいは本を読みます。毎月一度か二度書店に行き、面白そうな本を買ってきて、読むのが楽しみです。中には“外れ”もありますが、殆どの本が何がしかを考えさせてくれます。本のない世界は考えられません。 

 ネット販売が普及しているのが書店が減る原因の一つでしょうが、何といっても読書をする人が減ったのが最大の原因でしょう。

 電車に乗ってもほとんどの人がスマホを見ていて読書をする人を見かけることは滅多になくなってしまいました。新聞を見ている人もほとんどいません。

 活字を読んだり、活字を書いたりすることで、人間は考えます。それをする人が少なくなったということは、それだけ考える人が減ったということにもつながるのではないかと心配します。

 つい、安倍の支持率が劇的に下がらない原因がここにあるのではと思ってしまいそうです。

 ついでですから最近読んだ本でお薦めの本を書いておきます。
 
 最近読んだ順に

・韓国人作家パク・ミンギュ作「ピンポン」(白水社)
・米国人作家ポール・オースター「内面からの報告」(新潮社)
・ベトナム人作家ラン・カオ「蓮と嵐」(彩流社)
・シリア人作家ラフィク-シャミ「愛の裏側は闇」(東京創元社)

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー