記事一覧

景気回復のためには賃上げが一番

1月25日(金)
 今日は常盤平駅で駅立ちをしました。今年やった中で今日が一番寒かったと思います。上半身はホカロンの助けもあり大丈夫ですが、下半身と顔が時間とともに冷えてきて、1時間たつとしゃべるのがしんどくなってきます。さすがに1時間15分で止めました。寒い時期にはきちんと寒いほうがいいに決まっていますが、駅立ちには今の季節は向いていません。
 さて、予算委員会が始まりました。ずっと予算委員会に所属していただけに、自分があそこで質問できないことが残念でなりません。民主党の人数が減ってしまい、テレビ中継をみていても寂しい気がします。早く解散して、今度は答弁席に座りたいものです。
 それにしても福田総理を始めとして、福田内閣の閣僚の答弁はお粗末極まりないものです。きちんとした自分の政策がないことが見え見えで、これでは説得力もなにもありません。この変化の時代に、何もない内閣では、日本は本当に破産してしまいます。
 株価が反発して大きく値上がりしています。原因は米国の株価が持ち直しているという一点です。投資家というのは米国しか見ていないのでしょうか。情けない気がします。
 戦後最長の好景気が続いているといいながら、勤労者世帯の収入はここ10年ずっと下がりっぱなしでした。企業が好業績を上げている時に、きちんと従業員の給料を上げておけば、内需中心の本物の景気回復になったはずです。それをしないで金利を下げたまま、円安に導き、輸出主導の経済運営をしてきた付けが一気に今出ています。
 また、景気が悪くなる懸念があるということで賃上げが見送られるようなことがあれば、さらに深刻な不況が待っていることを政府は自覚しなければなりません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー