記事一覧

何とも軽い、日本ファーストの会の立ち上げ

8月8日(火)

 内閣改造が行われ、先週末に、マスコミ各社が世論調査を行いました。

 今回は傾向が大きく分かれました。支持率が回復して、支持と不支持が再び逆転したと報じたマスコミもあれば、支持率の回復は軽微で、依然として安倍政権に厳しい目が向けられていると報じたところもありました。

 普通に考えれば、内閣の顔ぶれを変えただけで、支持率が上がるはずはありません。何か仕事をして変わるというのならともかく、トップに安倍総理がいる限り、どうあがいても安倍さんの考え方の中で仕事をするしかないので、期待しようがないはずですが、そこは質問の仕方によって、結果は変わってくるのでしょう。

 言葉ばかりが躍る安倍政権ですが、今度は「仕事師内閣」だそうです。

自分は大臣になりたくないと公言していた人が、派閥順送りで大臣なってしまいました。その人が、早速、失言をしました。いわく「役所が書いたものをしっかり読む」「自分は沖縄・北方領土について素人だ」。こんな人が大臣になってまともな仕事ができるはずはありません。

まだまだ、隠れた江崎さんがいるはずです。したがって、これからも、どんどん大臣不適格者がでるはずです。第一安倍内閣の末期がまた再現されるのかと思うとうんざりします。

また、「問題ない」発言を繰り返す菅官房長官が再任されたのにも呆れます。どんな問題が発生しても、問題ない、問題ないを連発する。今度も国家戦略会議に加計学園関係者が出席していたことを隠していたことについて、問題ない発言をしました。問題ないしかいえないのなら、官房長官などいりません。

 ところで、昨日「日本ファーストの会」というものができたそうです。トランプのアメリカファーストがこれだけ評判の悪い中で、随分、勇気のあるネーミングだと思います。

 主たる公約が自民党の受け皿ということのようです。憲法はどうするのか、集団的自衛権についてはどんな意見を持っているのか、共謀罪をどうするのか、財政再建はどう考えているのか、社会保障をどう継続可能なものにかえていくのか、せめて、これくらいの点については、発足時にはっきりさせてもらわないと困ります。


 ともかく、ファーストの会とさえ名乗れば、一定の支持がえられると思っているとすれば、これほど国民をバカにした話もありません。

 それでも、政治家でそこに行かざるを得ない人もいるかもしれません。騙されてはいけません。しっかりと政策と人物を見分ける目を持たなければいけません。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで