記事一覧

しっかりとした野党が必要だ

7月28日(金)

 昨日は二人の政治家が辞任しました。

 稲田防衛大臣の場合は辞任ではなく、とっくに「罷免」していなければならず、蓮舫さんの場合は「どうして今日」という思いです。

 稲田さんはもともと大臣の資質もないし、国会での答弁を聞いていても、見識もないことが明らかになり、もうとっくに罷免していなければいけない人で、驚きもなにもありません。

 むしろ、こんな人を登用し、しかも、これだけ不祥事が続いているのに続投させてきた安倍総理の無責任さと、人を見る目のなさに驚きます。
 
 任命した安倍総理自身の資質のなさが、さらに明確になりました。内閣改造で、危機を乗り切ろうとしているようですが、もう、安倍内閣に明日はありません。

 一方、蓮舫さんです。辞めるなら都議選の敗北を受けてすぐに辞めるべきでした。野田さんを切って、続投を模索している最中に、突然、投げ出したという印象が残念ながら残りました。

 今回の都議選では、最初の出だしが決定的に失敗でした。

 小池さんと連携できると判断したのが間違いでした。都民ファーストの会の勉強会に民進党員が出てもいいと言ったことが、全ての過ちの出発です。

 これで、多くの民進党の風だよりの都議が都民ファーストに走るのを後押しし、結果として、民進党に残った芯のある都議は大敗しました。

 なぜ、小池さんの都民ファーストと連携しようとしたのか、それが失敗に終わった今、どう総括しているのか、それが最大の焦点だったはずですが、どうも党内の議論では、そこは問題にならなかったようです。

 問題は“ファースト的”なものの考え方です。トランプを持ち出すまでもなく、ファーストがあればセカンド、サードが存在します。差別化、区別化で国民や国を分断する手法に組みするのか、そうでないのかを明確にしなければなりません。

 政治は全ての人のためにあります。特定の人の為にしようとすれば、必ず、軋轢が生じ、格差や差別が拡大します。

 トランプはそれで求心力を高めようとしていますが、トランプの今を見れば、そんな手法は通じないことは明らかです。

 そこをしっかりと総括し、民進党は、全ての人のためにあるということをしっかりと示せれば、展望も開けたのではと、思うと残念です。

 問題は、これからです。しっかりとした野党、あるいは自民党に代わる政権を担える党が必要であることに異論をさしはさむ人はいません。

 そのためには、しっかりとした政策の軸を打ちだすことが必要です。予てから私が言っているように「憲法9条をしっかりと守る」「原発は直ちにゼロに」「沖縄の辺野古を含む基地の全面的な見直し」、この三つでまとまれることができれば、自民党と明確に違った方針となると思います。そして、この三つは、国民から支持されると確信しています。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで