記事一覧

疑惑解明にはほど遠い閉会中審査

7月25日(火)疑惑解明にはほど遠い閉会中審査

 今日も参議院で閉会中審議が行われました。

 焦点は私が昨日指摘したように、安倍総理が今年の1月20日に加計学園が大学設置申請したのを初めて知ったという発言についてでした。

 今日も安倍さんは頑なに、1月20日以前には知らなかったと言い張りました。 

 昼のテレビではコメンテーターが申請を知ったのは申請日以降でしかないから、安倍さんの発言は不自然ではない、などというバカな発言をしていました。

 過去の総理の国会答弁では、加計学園が獣医学部の設置する意向を持っていることを知っていたと発言していました。また、民進党議員の質問主意書に対しても、閣議決定で加計学園から大学設置に関する要望が出ていたことを知っていたと回答しています。

 だから、どう考えても昨日の発言には無理があるのに、今日も無理を押し通しまいた。

 やはり、申請以前に知っていたことを認めたら、自分が加計ありきだったことを認めるに等しいから、1月20日に固執している以外に考えられません。

 それにしても自民党は無理矢理時間を取ってしまい、質問に事欠いて酷い質問を重ねていました。またまた、前川さんに対して、面接時間が少し違っていたからと言って、発言が信用できないと決めつけていました。何という恥知らず。

 前川さんは必要以上の弁明や発言はしません。逆に、それが、前川さんの発言の信用力を高めています。

 さて、これからどうするのか。恐らく今週中にこの審議を受けて、世論調査が行われると思います。そこでさらに、支持率が下がれば、総理としても、何かしらの行動を取らなければならないと思います。

 もちろん、内閣改造などで済まされる行動ではありません。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで