記事一覧

安倍政権の終わりの始まり

7月3日(月)

 都議選で自民党が大敗しました。原因は安倍政権に対するノーの声です。あれだけ国会で無茶苦茶をしていて支持率が下がりませんでしたが、それは「他に適当な人がいない」という理由だったことが証明されました。

 安倍さんは自分の支持は盤石だと思い込んでいたようですが、やっと、内実が分かったでしょう。まさに安倍政権の終わりの始まりが始まったと思います。

 これで臨時国会あるいは集中審議を開かざるをえないところに安倍政権は追い込まれました。ここで新たな事実が出てくれば、完全にアウトになります。また、もし集中審議にも臨時国会の開催にも応じなければ、さらに支持率の低下を招きます。どちらに転んでも安倍政権にとっていいことはありません。

 安倍政権5年間で確実に日本は悪い方向に向かってしまいました。安倍政権が続けば、憲法が改悪される恐れが非常に大きかったと思います。ともかく安倍政権が終われば、とりあえず、悪い方向に向かうことには一定の歯止めがかかります。

 その時に民進党がどれだけ存在感を示せるかです。今回の選挙で都民ファーストが勝ちました。早くも国政に進出するのかということが取り沙汰されていますが、国をどういう方向にもっていこうとしているのか、都民ファーストとしての考え方は、全く示されていません。

 小池さん個人に関して言えば、これまで自民党にいたし、考え方は安倍さんに近いと感じていますが、いまどう考えているのか明らかにしてもらわなければいけません。

 民進党は5議席を得ました。この状況の中で当選した5人の方には拍手を送りたいと思います。議席を減らしました。国政での第二党がこれでは困ります。しっかりと執行部は反省し、敗因をきちんと分析し示す必要があります。

 これからどうなるのか。安倍さんは最後の足掻きで、解散に打って出るのか、前回のように政権を投げ出すのか、私はこの二つしか道はないように思います。私としては解散を選択してほしいと願っています。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー