記事一覧

安倍さんは、説明できないのなら辞任するべきだ

5月31日(水)

 本当にこんなことが罷り通っていいのだろうか?

 「あったことをなかったことにはできない」と、それこそ命がけで“内部告発”した行政トップの言葉を「前川さんが勝手に言っていること」(菅官房長官)とか「やめた方の話を聞く必要はない」(山口公明党代表)と、与党は全く無視を決め込んでいます。

 事は総理が関係している人間が優遇されて、行政が歪められたという重大な案件です。それを、それこそなかったことにしようとする内閣の責任は極めて重大です。

 自民党の国対委員長は、「政治の本質に何の関係もない」と証人喚問を拒否しました。これは政治の信頼性にかかわる、まさに政治の本質そのものの問題です。

 森友学園問題、加計学園問題の真相を解明することなく、これ以上政治を進めることは本来できないはずです。

 証人喚問が必要がない理由に「必要ないというのが理由です」などということが、普通の社会で通じるはずがありません。それを国会内だけで通用させてしまったら、国会の信頼は地に落ちてしまいます。

 歯ぎしりをしている国民がたくさんいると思います。何とかしなければ、と思っている国民もたくさんいるはずです。

 安倍内閣は「国民は忘れやすいから」、しばらくじっとしていれば、なかったことにできると考えているのかもしれません。

 そんなことにしてはなりません。追及を続けて、しらを切り続けることが出来ないところまで内閣を追い詰めなければなりません。
 
 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー