記事一覧

もっと気迫を前面に

1月17日(木)
 昨日、横浜で民主党大会が開かれ出席してきました。小沢代表の決意表明は力強かったですが、選挙に追い込むまでの戦略は描くことはできませんでした。もう少し踏み込んで、問責決議案を可決した後、福田総理を参議院に一切立ち入りできないようにして、全ての審議をストップさせ解散に追い込むといった具体的な発言がほしかったと思います。
 それにしても参議院議員の新人の態度の悪さが目立ちました。来賓の挨拶のときに、平気でおしゃべりをしている、かつて自民党の議員が増えたときに同じような現象がおきました。自分たちは勝ったのだから何をしてもいいと思ったら大間違いです。大勝すると、本来では決して勝てないような候補も議員になってしまう、その弊害が早くも出ているようで心配です。また、衆議院議員のほうは、どうも存在感が薄く、やはり、早く我々が戻らないと民主党に対する信頼を取り戻すのは難しいと感じました。
 ともかく、3月末に大きな山場が来ることは確かです。ここで解散に追い込めなければ次の選挙で勝てることはないということをしっかりと自覚して取り組んでほしいものです。
 ただ、ガソリンを安くするということだけを強調すると、既にマスコミの批判に現れているように大衆迎合だという批判を受けます。もっと、道路特定財源をなくして一般財源化するということを強調するべきです。さらに我々が政権をとったら予算編成そのものを抜本的に見直す、その中で道路建設を今後どうするのかを明らかにする必要があります。
 さらに地方政府に不安が広がらないように、地方に迷惑をかけないという細かな説明が必要だと感じました。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー