記事一覧

総理も酷ければ、官房長官もお先棒を担ぐエセジャーナリストも酷い

5月26日(金)

 昨日の、前川前文科事務次官の記者会見で、安倍総理が特区を利用して友人の獣医学部新設に影響力を発揮したことははっきりしました。

 もし、反論があるなら、きちっと関係者なり文書を出して反論しなければならないのに、今日の記者会見で菅官房長官は、またまた前川前次官の個人攻撃を繰り返しました。

 官房長官は個人攻撃をする前に、正式な文書を怪文書扱いしたことを誤らなければいけません。文科省で確認できなかったのだから、ない、などというバカな発言を繰り返している官房長官は失格です。

 籠池森友学園前理事長の時と同じです。こんな人間だから言っていることもいい加減だという、まさに安倍総理の好きな“印象操作”です。卑劣そのものです。

 テレビのワイドショーなどでもこの問題が取り上げられていますが、そこに出ている、田崎某は酷い。まるで政府のスポークスマンのように、加計学園の獣医学部新設なのに、これは特区一般について言ったのかもしれない、などと政府の言い分の擁護に全力を上げています。

 こんな人間をジャーナリストと呼んではいけません。テレビ局はバランスをとって呼んでいると言いたいのでしょうが、余りに情けありません。

 政府は前川氏の証人喚問要求を突っぱねようとしています。政府が行政を歪めたことは明らかです。

 立法、行政、司法の三権が分立しているのは、三権が互いにチェックをするためです。行政が不当に歪められている恐れがあるなら、立法府がチェックするのは当たり前です。
 
 それをしないとするなら、日本には三権分立が機能していないことになります。世論の力で証人喚問を実施し、真相を明らかにして、総理を退陣に追い込まなければなりません。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー