記事一覧

森友、加計学園問題で責任を問われている総理が、憲法改正を急げといいだすとは・・・

5月22日(月)

 安倍総理と森友学園や加計学園とのつながりがますます濃厚になっています。

 すでに森友学園と昭恵さんとの関係が明らかになっていますが、今日の朝日新聞によれば、ごみの処理費に加えて、土壌改良費として5億円を考慮してほしいと不動産鑑定士に財務省が依頼したそうです。

 受け入れられていたら、国は森友学園に土地をタダであげ、さらに数億円を支払うつもりだったのでしょうか。

 財務省が安倍夫妻が関与している案件なので特別扱いしたことは明らかです。

 また、加計学園の獣医学部新設問題は内閣府が文科省に対して、やはり安倍総理の関係者が絡んだ特別の案件だから、配慮しろとほとんど命令口調で命じている文書が明らかになりました。

 この二つ、どう考えても安倍総理、並びに昭恵夫人が関与していたから、発生した事案です。それでも安倍総理は、私は関与していない、と言い張るのでしょうか。

 そういいながら、一切、政府は調査に応じません。疑惑があるのに、調査をしない、これでは政府に対する信頼は地に落ちてしまいます。

 早く、潔く(そんな言葉は安倍総理には全く似合いませんが)総理並びに議員を辞めて欲しいものです。

 そんな追い詰められた立場にもかかわらず(むしろ追い詰められているからかもしれませんが)憲法改正を急ぐように自民党に指示し、公明党にも協力を要請したようです。

 窮鼠猫を噛む、で憲法を改悪されたのでは堪ったものではありません。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.nejp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー