記事一覧

もう総理のしたり顔を見るのはたくさんだ

5月10日(水)

 昨日、一昨日と国会で集中審議が行われました。

 時間があったので、じっくりと聞きましたが、議論は一向に深まりませんでした。その理由は、総理にあります。

 何を聞いても、総理は質問にまともに答えません。まず関係のない話を延々とする、そして肝心の質問に対しては、ほんの少し、どうでもいいことだけを話す、これではいくら質問時間があっても議論は深まりません。

 もちろん、質問する側にも問題がありますが、やはり第一義的には総理にその責任があります。自信満々に、答えをはぐらかす。まったくたちが悪い。

 それもこれも、総理の支持率が高いことに原因があります。総理が憲法改正を言ってみたり、それに対しての答えが、読売新聞を見ろとか、自民党総裁としての発言で総理としての発言ではないと、はぐらかしたり、およそ、誠実な人間の態度ではありません。

 こんな人間が5年も総理をやっているのですから、日本が良くなるわけはありません。

 お隣韓国では新しい大統領が誕生しました。報道をみると、若い人が選挙に積極的に参加していました。うらやましい限りです。

 日本でも、安保法制反対の時や再稼動反対で、沢山の若い人たちがデモに参加しましたが、こと選挙ということになると、全く白けてしまうというのが現状です。

 ここを突き破っていかないと、いつまでも安倍総理の“したり顔”を見続けなければなりません。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー