記事一覧

憲法の敵、安倍総理を退陣に追い込もう

5月4日(木)

 昨日、松戸市民会館で開かれた憲法集会に行ってきました。なんと、あの市民会館が満員で、座りきれない人が壇上や、階段に座って講演を聞くという盛会でした。1300人以上が参加しました。

 市民団体共同主催の憲法集会は毎年、憲法記念日に開かれています。私が参加したのは初めてでしたが、これほど多くの市民が憲法に関心を持ち、憲法が改悪されるのではないかという危機感を持っていることに、本当に勇気をもらいました。

 松戸駅で駅立ちなどをしていると、どうして、市民はこんなに政治に関心がないのだろうかと、がっかりしてしまうことが、多々ありましたが、通勤途中では、そんな話に耳を傾けている時間がないというのが、本音だったというのが分かりました。

 講師はサンデーモーニングでお馴染みの岸井さんでした。病気をしたということでしたが、力強い言葉で、安倍政権の危険性について語ってくれました。

 おりしも、憲法記念日にあたって、安倍首相は、2020年までに憲法を改正したいというメッセージを憲法改正を目論む集会でビデオメッセージという形で表明しました。

 首相は憲法を守る義務があります。また、首相は行政府のトップであって、憲法改正の発議権はありません。

 今回の首相の行為は明らかに立法府に対して越権行為であり、憲法改正の中身やその時期についてまで言及することは、明確に立憲主義に違反しています。

 しかも、憲法9条そのものを改正しようとしていることが明らかになりました。自分で憲法に違反した集団的自衛権の行使を法律で決め、今度は、憲法そのものを法律に合わせて改悪しようとする、なんという法治主義を無視した行為でしょうか。

 こんなことを許してはなりません。来週には、森友問題が再び国会で取り上げられます。首相夫人の、学校建設に密接に係わっていたことが、追及されるはずです。今回の憲法改正のメッセージは、これをはぐらかす目的もあったのではないかと推測します。

 森友問題にかかわっていたら、総理も議員も辞めると公言していましたから、この問題を徹底的に追及することで総理を退陣に追い込まなければいけません。
 
 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー