記事一覧

連休の合間に米艦警護、その狙いは

5月2日(火)

 連休の合間ですが、いかがお過ごしでしょうか。

 こんな時でも政府は、“きちっと”、集団的自衛権行使に向けて行動をしています。昨日、横須賀から、米軍の補給艦を四国沖まで警護するために海自最大のヘリ空母「いずも」を出航させました。

 自衛隊は米軍から要請がなければ派遣できませんし、派遣するには国会できちんと主旨を説明しなければなりませんが、連休中ということもあって一切政府からは説明がありません。

 いつ、米国から要請があったのか、どんな脅威があって、自衛隊に警護を要請したのか、なぜ、ヘリ空母を派遣したのか、疑問だらけです。

 狙いは集団的自衛権行使という違憲行為を、実績を積み上げることによって、合憲行為にしようということです。

 米軍の補給艦が太平洋を航行中に攻撃されるはずは現状ありません。また、本当に警護することが目的であれば、自艦を守る力しかないヘリ空母を派遣するのは筋違いです。

 政府にとっては日本もすぐに空母に転化できるヘリ空母を持っているということを世界に誇示するとともに、警護活動を実施したということが大事だったわけです。

 米艦警護が常態化すれば、ますます日米の軍事一体化が進みます。自動的に自衛隊は米軍の戦争に巻き込まれます。自衛隊は盾、米軍が鉾という役割分担が無くなり、自衛隊は米軍の指揮下に入ってしまいます。

 こんな重大なことが、連休中に行われる。安倍政権の姑息さがよく表れています。きちっと反対の声を上げていかなければいけません。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー