記事一覧

“安倍高支持率神話”に終止符を

4月21日(金)

 これを末期症状と言わずして何というのでしょうか。

 自民党議員の不祥事が相次いで起こっています。稲田防衛大臣、金田法務大臣、今村復興大臣、山本地方創生大臣など、そもそも大臣になる資質の無い人間が大臣になり、相次いで暴言をしています。この他に古屋選対委員長も沖縄の人を侮辱した発言をしました。

 ふつうの状態であれば、とっくに辞任していなければいけないにもかかわらず、安倍内閣は高い支持率に胡坐をかき、開き直っています。

 安倍総理その人の妻が、ウソをついたかもしれない件に関しても、何の調査もしないまま放置されています。総理は総理本人に対する疑惑と言ってもいい事案にもかかわらず、平気でわれ関せずの発言をくりかえしています。

 上がそれならということでもないでしょうが、副大臣や政務官にもひどい人間がたくさんついていることが次々に明るみにでています。中川政務官の件に関しては、政務官どころか議員、ひいては人間としても失格です。

 末期症状になっているものを放置したら死に至ります。日本の状態はそれに近づいています。

 この状態が放置されているのは、ただただ支持率が下がらないということから起こっています。

 安倍政権も5年目を迎えて、長期政権の弊害が顕著になっています。驕り、たるみ、ゆるみ、全ての悪い面がいま、噴き出しています。こうした不祥事が重なれば、いずれボディブローのように効いてくるはずです。

 あっという間に支持率が下がる日を心待ちにしています。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで