記事一覧

いまこそ冷静にならなければいけません

4月17日(月)

 世界がきな臭くなってきています。米国はシリア爆撃に続き、アフガンで原爆以外で最も威力がある爆弾をアフガンに落としました。そして、次はオーストラリアに向かっていた空母艦隊を朝鮮半島に向かわせました。

 折から北朝鮮では金日成誕生105年記念祝典が開かれており、北朝鮮は式典終了後直ちに対抗手段としてミサイル発射実験を行いました。

 このままエスカレートすれば、米国が北朝鮮に攻撃をしかけることもあるのではないかと懸念されます。

 米国大統領府は軍事以外の平和的手段で、北朝鮮に無謀な試みを止めさせるために努力すると、一応、軍事行動は自粛する声明を出していますが、だからと言って、安心という訳にはいきません。

 米軍が軍事行動をすれば、北朝鮮が反撃をすることは、100%間違いありません。韓国と日本がその対象です。日本がやるべきことは、トランプのこうした直情的な行動を無批判に支持することではないはずです。

 軍事手段に訴えれば、被害は日本、韓国の国民ばかりではなく北朝鮮の国民にも及びます。万が一核が使われるようなことがあれば、被害はけた違いになります。そうなる前に、何としても北朝鮮を交渉の場に出さなければいけません。

 北朝鮮の行動に腹が立ちますが、ここは冷静に対処しなければいけません。まず、話し合いのテーブルに出すことが重要です。

 今は疎遠になりつつありますが、中国と日本の間にはかつて太いパイプがありました。それを活かすべきです。金正日の行動には腹がたちますが、もうすでに核もミサイルも持っているのですから、それを前提として考えなければなりません。

 話は変わりますが、松戸市の小学生が殺害されるという悲劇が起きました。犯人は保護者会の会長ということで衝撃が走りました。

 実際には会長が犯罪を犯したというより、自分の欲望を満たすために会長になったという面が強いようです。とんでもない話です。黙秘しているというのも許せません。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで


     ★生方幸夫「特別市民フォーラム」のご案内

日 時   4月23日(日)午後6時30分

場 所   松戸市民劇場 大ホール

演 題   「政令市移行は地域活性化の起爆剤」

講 師    浜松市長 鈴木康友氏

会 費   無料