記事一覧

いまこそ知性が必要です

4月7日(金)いまこそ知性が必要です

 今朝、アメリカがシリアの空軍基地を攻撃しました。トマホークを59発撃ち込んだそうです。シリア政府がサリンと思われる化学兵器で自国民を殺したことに対する報復であることをトランプ大統領が認めました。

 ちょうど中国の習近平主席が訪問中のことで、これで米中会談は吹っ飛んだ格好になってしまいました。

 誰がやったか定かではありませんが、一般人に対して化学兵器による攻撃が成されたことは確かです。先日VXガスで金正男氏が殺害され、その効果の凄まじさが残っている時の攻撃だけに、衝撃も大きかったことは確かです。

 たくさんの子供や女性が犠牲になりました。攻撃をした側を許すことはできません。私は報道以上の情報を持っているわけではありませんから、断定はできませんが、これまでのアサド大統領の行動から見て、シリア政府が攻撃をした可能性はかなりあります。

 それでも断定できるわけではありません。きちっとレーダーの爆撃機の航跡を辿り、シリア軍基地から出た爆撃機が、攻撃をしたことを証明しなければ、今度は報復をした米国が避難されることになります。

 化学兵器による攻撃はもちろん、国際法上認められていません。したがって、もしシリアが攻撃したのであれば、きちっと国連で措置をしなければならない問題です。しかし、北朝鮮のミサイル実験をとっても国連決議に違反しているに、きちっとした制裁を科すことができません。

 国連が機能しないのであれば、米国が独自に攻撃をするという意思を、トランプ政権が示したとも受け取れます。

 これを北朝鮮に当てはめると、米国がいつ北朝鮮を攻撃してもおかしくないということにもなります。北朝鮮が攻撃されれば、直ちに日本に報復がくる恐れがあります。米国本土を攻撃する能力を北朝鮮が持つ前に叩いてしまおうと、米国は考えるでしょうが、その間で、一番の被害を受けるのは日本です。

 敵基地攻撃能力を持つべきだと、自民党の一部は考え始めています。専守防衛という憲法から逸脱します。攻撃をされたら反撃をするといっていますが、それなら攻撃をされる前に叩いておけ、ということに転換するまで、時間はかかりません。

 こうしてこれまでの戦争は起こってきました。シリアを巡ってはロシアが、北朝鮮を巡っては中国が後ろに控えています。

 世界中でこらえ性がなくなってくれば、本当に第三次世界大戦が起こってもおかしくないと思えるような昨今です。第一次世界大戦が終わった時、もうこんなひどい世界大戦は起こらないだろうと、みんな思ったのに、現実にはほんの21年で第二次大戦が起こってしまいました。

 世界に知性が必要です。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで