記事一覧

だんだん安倍政権の本質が露呈してきた

4月5日(水)

 松戸でもようやく桜が満開になりました。

 桜が満開になれば、春が来たとみんな、いい気分になるはずですが、今年の春は何かもやもやした雰囲気に満ちています。

 森友学園事件も真相の解明は進まず、負の遺産だった教育勅語が変な方向に向かっています。教育勅語は、天皇が支配する社会を肯定したものです。戦前の明治憲法の下で、主権は天皇が握っていた時代、国民の守るべき道徳を説いたものです。

 主権が国民に移った戦後すぐに衆参両院で教育勅語を否定する決議が出されました。それがここにきて、全てを否定するべきではない、とか教育の現場で教育勅語を教えても問題はない、などの発言が閣僚から相次ぎました。

 教育勅語の一部を取り上げて「いいことを言っている」と言っていた閣僚がいましたが、結論は天皇の為に国民は命を投げ出さなければならない、ということです。事実、この教育方針の下、多くの若者が赤紙一枚で戦地に送られ、犠牲になりました。

 戦後の教育は、「若者を戦地に送るな」というところから始まったはずです。戦後70年たって、若者を戦地に送った側は全てを忘れてしまったようです。

 おかしなことはまだあります。道徳の教科書で、パン屋さんを和菓子屋さんに変えたり、消防団員を若い人からお年寄りに変えたり、公園の遊具を和楽器屋さんに変えたりと、訳の分からない変更が成されたそうです。

 テレビでは「日本すごーい」風の番組が流行っていますが、なんでも日本がいいという風潮を政府とマスコミがこぞって流しているようです。

 当たり前のことですが、すごい面もあるが、ダメな面もたくさんあるのが日本です。それを素直に教えることが、教育です。

 体育の授業で銃剣道を教えることも決まったようです。銃剣道と聞いて、一番に思うのは、戦前に米軍が上陸したら竹やりで防備する、そのための教育の一環として行われたということです。なぜ、いま、そんなものを教育の現場に強いなければならないのでしょうか。

 安倍政権の戦前回帰の動きを、それこそ文科官僚が“忖度”してこんなことになっているとしたら、恐ろしいことです。

 政権もあまり長く続くと、どんどんボロがでてくるものです。そろそろ、安倍政権を変えないと、もう後戻りができないことになってしまいます。
 
 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで